ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 掃除機 イラスト3

ジャパネットファン 掃除機 イラスト3

《日立サイクロン掃除機の2018年型ジャパネット限定モデル》

「日立 パワーブーストサイクロン CV-TS800」はジャパネットたかたが販売するサイクロン掃除機です。

「CV-TS800」の本体カラーは「ルビーレッド、メタリックブルー、シャンパンゴールド」の3種類です。

付属品は「曲がるロング吸口、ワイドブラシ、すき間用吸口、お手入れブラシ、アタッチメント、取扱説明書兼保証書」の6点です。

「日立 パワーブーストサイクロン CV-TS800」のジャパネット通常価格は税別59,800円です。

現在はスチームアイロンの「スチームQ SE4874」とセットで販売されています。セットのジャパネット通常価格は税別49,800円です。

「期間限定特価」のため「10,000円値引き」に加えて古い掃除機の下取りサービスを利用すると税別29,800円で購入できます(2018年5月15日まで)

スポンサーリンク

CV-TS800の長所・メリット

  • 押しても引いても吸引できるパワフルスマートヘッド
  • 豪華な付属品(曲がるロング吸口・ワイドブラシ)
  • 今なら「スチームQ」とセット(2018年5月15日まで)

CV-TS800の短所・デメリット

  • 集じん方式が古い(フィルター併用方式)
  • ヘッドが大きく重い
  • グリップが旧タイプ

CV-TS800の商品概要

「日立 パワーブーストサイクロン CV-TS800」は紙パック不要のサイクロンクリーナーです。

吸込仕事率400Wの強力パワー。日立独自の「小型・軽量ハイパワーファンモーター」と「パワーブーストサイクロン」を搭載。ゴミと空気をしっかり遠心分離して強い吸引力を99以上持続します。

掃除用のノズルは日立の2017年モデルから採用された電動式の「パワフル スマートヘッド」です。

このヘッドは前後の動きに合わせて羽根が開閉する「シンクロフラップ」、壁際のゴミをしっかり吸引する「きわぴた構造」、フローリングの菌までふき取る「かるふきブラシ」を搭載しています。

またパワフルスマートヘッドの特長としてヘッドの前面に暗がりを照らしてゴミを浮き立たせる「LEDライト」を内蔵しています。

CV-TS800はジャパネットオリジナルモデル

「日立 パワーブーストサイクロン CV-TS800」は日立アプライアンスとジャパネットが共同開発したジャパネットオリジナルの限定モデルです。

ジャパネット限定商品なので他の家電量販店、ネット通販などでは購入できません。たとえばビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオンなどの有名店では取扱がありません。

またAmazon、楽天、ヤフーショッピングなどのネット通販サイトでも販売されていないようです。さらに販売ルート限定品のため「価格.com(カカクコム)」のような価格比較サイトにも商品情報はなく口コミや評判も読むことはできません。

従来品・型落ち品・旧モデルとの違いを比較

日立 パワーブーストサイクロン CV-TS500

従来品の「日立 パワーブーストサイクロン CV-TS500」と「CV-TS800」の違いを比較してみましょう。

「CV-TS500」は2016年12月に発売されたジャパネット限定モデルです。主な違いは「本体カラー」「ヘッド」「吸込仕事率」「付属品」です。

「CV-TS500」のカラーは「ルビーレッド、シャンパンゴールド、フレッシュピンク、メタリックブルー」の4種類で「CV-TS800」より1色多くなっています。

またパイプとハンドルのカラーも異なっており「CV-TS500」は上面のみシルバーで塗装されていましたが「CV-TS800」はブラックで統一されています。

吸込仕事率は「CV-TS500」のほうが最大値が10W高くなっています。付属品はほぼ同じですが「カンタンお手入れガイド」の有無が異なります。

最大の違いは標準パワーヘッドの種類です。

「CV-TS500」のヘッドは「ジェット吸引スマートヘッド」というもので日立製サイクロンクリーナーの2015年モデルから採用されていました。

ジェット吸引スマートヘッドは前後左右から吸い込める「4方向吸引機構」、ヘッドの気密性と操作性を両立させる「ジェット吸引機構」を搭載しています。

一方で「CV-TS800」が装備する「パワフル スマートヘッド」は日立製サイクロン掃除機の2017年型から採用された新型ヘッドとなっています。

パワフルスマートヘッドの特長は「シンクロフラップ」です。これはヘッドを前後に動かす操作に同期して開閉する羽根(フラップ)のことです。

押すときはフラップが開いてヘッド内の圧力が下がります。これにより大きなゴミまでしっかり吸引できます。引くときはフラップが閉じて圧力を高め、ロングローラーが後方のゴミを巻き込みながら吸引します。

また壁にヘッド前側を付けたときに上から底面に空気が流れてゴミを吸い取りやすくする「きわぴた構造」、暗いところを照らす「LEDライト」を採用しています。

なお「本体質量」と「排気性能」のデータはジャパネットの表記が間違っているようなので修正されましたら再度評価したいと思います。

品名日立 サイクロン式クリーナー パワーブーストサイクロン CV-TS800日立 サイクロン式クリーナー パワーブーストサイクロン CV-TS500
メーカー日立アプライアンス株式会社日立アプライアンス株式会社
型番・カラーCV-TS800(R) ルビーレッド
CV-TS800(A) メタリックブルー
CV-TS800(N) シャンパンゴールド
CV-TS500(R) ルビーレッド
CV-TS500(N) シャンパンゴールド
CV-TS500(P) フレッシュピンク
CV-TS500(A) メタリックブルー
メーカー希望小売価格オープンプライスオープンプライス
発売日2018年1月1日2016年12月13日
生産国日本日本
本体外形寸法幅240x奥336x高290mm幅240x奥336x高290mm
本体質量3.5kg本体質量:3.5kg
標準質量:5.1kg(本体・ホース・パイプ・ヘッドの合計質量)
タイプサイクロンサイクロン
ヘッド種類パワフル スマートヘッドパワーヘッド(ジェット吸引スマートヘッド)
消費電力960~約190W960~約190W
吸込仕事率400~約60W410~約60W
運転音57~約52dB57~約52dB
コード有無
コードの長さ5m5m
集塵容量0.4L0.4L
補塵性能捕集率(0.3から10μmのごみ):99.9%
*試験ごみ:ACダスト(ファイン)
*試験機関:SLG(ドイツ)
*試験方法:大きさが0.3から10μmの排出じんあい測定。
捕集率(0.3~10μmのごみ):99.9%
※試験ごみ:ACダスト(ファイン)・試験期間:SLG(ドイツ)・試験方法:大きさが0.3~10μmの排出塵あい量測定
排気性能抗菌フィルター(不繊布)使用。(一財)ボーケン品質評価機構にて試験。①クリーンフィルター
②抗菌フィルター
③一般フィルター
備考※ジャパネットオリジナル※ジャパネットオリジナル
付属品曲がるロング吸口、ワイドブラシ、すき間用吸口、お手入れブラシ、アタッチメント、取扱説明書兼保証書曲がるロング吸口、ワイドブラシ、すき間用吸口、別売り部品接続用アタッチメント、お手入れブラシ(ダストケース側面に装着済み)、カンタンお手入れガイド、取扱説明書、保証書
LEDライトありなし

同等品・相当品・ベースモデルとの違いを比較

日立 パワーブーストサイクロン CV-SE300


日立 パワーブーストサイクロン サイクロン式クリーナー シャンパン CV-SE300 N

ジャパネットの「CV-TS800」はオリジナル限定品なのでベースモデルは不明です。

しかしスペックを調べたところ2017年型の「日立 パワーブーストサイクロン CV-SE300」が非常に近いので同等品として比較してみたいと思います。

主な違いは「本体カラー」「ハンドル」「付属品」です。他の機能・性能は共通だと思われます。

まず本体カラーですが「CV-SE300」はシャンパンゴールドだけなのに対してジャパネットの「CV-TS800」は3種類用意されています。

ただし「CV-SE300」はパイプとハンドルの一部もシャンパンゴールドにカラーリングされていますが「CV-TS800」は全面が簡素なブラックです。

ハンドルについて「CV-SE300」は「かるワザグリップ」と呼ばれるリング型を採用しています。これは握りやすい形状なので段差や階段でヘッドを持ち上げたり方向転換もしやすいとされています。しかしジャパネットの「CV-TS800」は従来型のハンドルとなっています。

付属品はジャパネットモデルのほうが豪華です。高い場所や狭い隙間に届く「曲がるロング吸口」とブラシの先端を回すとワイドから隙間用に変化する「ワイドブラシ」がセットになっています。

一方で「CV-SE300」にはグリップや延長パイプに取り付ける「パッとブラシ」と持ち運びに使用する「 サッとハンドル」が付属します。

品名日立 サイクロン式クリーナー パワーブーストサイクロン CV-TS800日立 サイクロン式クリーナー パワーブーストサイクロン CV-SE300
メーカー日立アプライアンス株式会社日立アプライアンス株式会社
型番・カラーCV-TS800(R) ルビーレッド
CV-TS800(A) メタリックブルー
CV-TS800(N) シャンパンゴールド
CV-SE300(N) シャンパンゴールド
メーカー希望小売価格オープンプライスオープンプライス
発売日2018年1月1日2017年8月5日
生産国日本日本
本体外形寸法幅240x奥336x高290mm幅240x奥336x高290mm
本体質量3.5kg本体質量:3.5kg
標準質量:5.1kg(本体・ホース・パイプ・ヘッドの合計質量)
タイプサイクロンサイクロン
ヘッド種類パワフル スマートヘッドパワフル スマートヘッド
消費電力960~約190W960~約190W
吸込仕事率400~約60W410~約60W
運転音57~約52dB57~約52dB
コード有無
コードの長さ5m5m
集塵容量0.4L0.4L
補塵性能捕集率(0.3から10μmのごみ):99.9%
*試験ごみ:ACダスト(ファイン)
*試験機関:SLG(ドイツ)
*試験方法:大きさが0.3から10μmの排出じんあい測定。
捕集率(0.3~10μmのごみ):99.9%
※試験ごみ:ACダスト(ファイン)・試験期間:SLG(ドイツ)・試験方法:大きさが0.3~10μmの排出塵あい量測定
排気性能抗菌フィルター(不繊布)使用。(一財)ボーケン品質評価機構にて試験。①クリーンフィルター
②抗菌フィルター
③一般フィルター
備考※ジャパネットオリジナル
付属品曲がるロング吸口、ワイドブラシ、すき間用吸口、お手入れブラシ、アタッチメント、取扱説明書兼保証書パッとブラシ、サッとハンドル、すき間用吸口、お手入れブラシ、アタッチメント
ハンドル通常型グリップかるワザグリップ

東芝 トルネオV コンパクト VC-JS6000との違いを比較

同じジャパネットで販売されているサイクロンクリーナー「東芝 トルネオV コンパクト VC-JS6000」と「CV-TS800」の違いを比較してみましょう。

本体の大きさは「VC-JS6000」のほうがコンパクトです。また重量も「VC-JS6000」のほうが2.9kgと軽くなっています。

その代りダストボックスの容量は「CV-TS800」のほうが0.4リットルと大容量です。また運転音も「CV-TS800」のほうが静かです。

吸込仕事率は「CV-TS800」のほうが圧倒的に高く2倍以上の差があります。しかしこれは集じん方式の違いが原因であり単純に「CV-TS800」の吸引力が強いとは言えません。

「CV-TS800」の「パワーブーストサイクロン」はサイクロンによる遠心分離とフィルターを併用するハイブリッドタイプです。一方「VC-JS6000」は大型と小型のサイクロンを組み合わせて大半のゴミを分離するフィルターレスタイプとなります。

ハイブリッドタイプは細かいホコリの除去をフィルターで行うので目詰まりすると吸引力が落ちてしまいます。そこで吸引力が長持ちするように最初からモーターの出力を上げて吸込仕事率を高めに設定しています。

一方でフィルターレスタイプはゴミと空気の分離をサイクロンによる遠心分離で行います。一応、モーターを保護するフィルターもあるのですが汚れがほとんどつかないので目詰まりも少なく吸込仕事率が低めでも吸引力は長持ちします。

したがってフィルターレスタイプの「VC-JS6000」のほうがお手入れが簡単で吸引力も落ちにくくなっています。

しかし前述したように「CV-TS800」は大型タイプなので運転音が静かでダストボックスの容量も大きいメリットがあります。

ヘッドも「CV-TS800」の「パワフルスマートヘッド」のほうが押すときも引くときもゴミをしっかり吸引できるので高性能です。

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「日立 パワーブーストサイクロン CV-TS800」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

こちらの「CV-TS800」は2017年型の「日立 パワーブーストサイクロン CV-SE300」をベースに開発されたものと思われます。

公表されているスペックはほぼ同じであり2機種の違いはカラーバリエーションと付属品です。

「曲がるロング吸口」と「ワイドブラシ」はエアコンの上やカーテンレールなど手が届きにくい場所の掃除に便利なので重宝するでしょう。また「すき間用吸口」も窓のサッシにたまったホコリや砂などに便利です。

ちなみに現在はスチームアイロンの「スチームQ SE4874」と「CV-TS800」がセットで販売されています。

古い掃除機の下取りサービスを利用する必要がありますが、サイクロン掃除機とスチームアイロンが2台セットで税別29,800円はお買い得だと思います(2018年5月15日まで)

ちなみに相当品の「CV-SE300」は実売価格が40,000円前後のようです(2017年12月14日時点)。おそらくジャパネットモデルの「CV-TS800」も下取り値引きも含めて同じくらいの値段になるのではないでしょうか。

現在は掃除機の主力商品として「東芝 トルネオV コンパクト VC-JS5000」が販売されていますが発売から1年以上経過したので2018年は「CV-TS800」が一押しアイテムになるのかもしれませんね。

おすすめ度:星3個

製品仕様

「日立 パワーブーストサイクロン CV-TS800」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社のサイクロン掃除機と比較して検討してみてくださいね。

品名日立 サイクロン式クリーナー パワーブーストサイクロン CV-TS800
メーカー日立アプライアンス株式会社
型番・カラーCV-TS800(R) ルビーレッド
CV-TS800(A) メタリックブルー
CV-TS800(N) シャンパンゴールド
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2018年1月1日
生産国日本
本体外形寸法幅240x奥336x高290mm
本体質量3.5kg
タイプサイクロン
ヘッド種類パワフル スマートヘッド
消費電力960~約190W
吸込仕事率400~約60W
運転音57~約52dB
コード有無
コードの長さ500cm
集塵容量0.4L
補塵性能捕集率(0.3から10μmのごみ):99.9%
*試験ごみ:ACダスト(ファイン)
*試験機関:SLG(ドイツ)
*試験方法:大きさが0.3から10μmの排出じんあい測定。
排気性能抗菌フィルター(不繊布)使用。(一財)ボーケン品質評価機構にて試験。
備考※ジャパネットオリジナル
付属品曲がるロング吸口、ワイドブラシ、すき間用吸口、お手入れブラシ、アタッチメント、取扱説明書兼保証書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。100万PV達成ありがとうございます!

error: Content is protected !!