ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト1

ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト1

《食品の乾燥を抑えて鮮度を守る販売ルート限定の2018年モデル》

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」はジャパネットたかたが販売する冷蔵庫です。

容量505Lのフレンチドアタイプ。「うるおいチルドルーム」と「うるおい野菜室」で食品の乾燥を抑えて鮮度を守ります。

本体カラーは「ソフトブラウン」です。付属品は「取扱説明書、保証書」の2点です。

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」のジャパネット通常価格は税別159,800円です。

現在は「夏の冷蔵庫セール」なので「標準取付工事費込み」のうえ、古い冷蔵庫の下取りサービスを利用すると「10,000円下取り」の税別149,800円で購入できます(2018年8月28日まで)

スポンサーリンク

日立 R-F51HG 冷蔵庫の商品概要

「日立 R-F51HG」は乾燥を抑えて鮮度を守る機能が充実した冷蔵庫です。容量は505L。4~5人家族におすすめです。

観音開きのフレンチドアを採用。6枚ドアタイプで大きさは幅68.5cm、奥行70.4cm、高さ181.8cmとなっています。

食品の鮮度を守る「うるおいチルド」

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」は食品の鮮度を守る「うるおいチルド」を搭載しています。ルーム内に冷気を直接入れない間接冷却で食品の乾燥を抑えて鮮度を守ります。また食材に合わせて肉・魚が凍らない「氷温(約-1℃)」、水分の多い食品が凍らない「チルド(約+1℃)」を選べます。

野菜の乾燥を抑える「うるおい野菜室」

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」は野菜の乾燥を抑える「うるおい野菜室」を採用しています。野菜から出る水分を野菜室内に閉じ込めて乾燥を抑えます。

すっきり収納できる「冷凍3段ケース」

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」はすっきり収納できる「冷凍3段ケース」を搭載しています。1段目は深さ約4cmなので使いかけの食品を小分け保存するのに便利です。2段目は深さ約8cmなので毎日よく出し入れする食品に適しています。3段目は深さ約14cmなので冷凍食品や大きな食材のストックに重宝します。

日立 R-F51HG 冷蔵庫は販売ルート限定モデル?

こちらで紹介している「日立 R-F51HG 冷蔵庫」は2018年3月上旬に発売された製品なのですが、日立の公式サイトには掲載されていないようです。

詳細は不明ですが、おそらく「特定販路向け商品」なのかもしれません。

現在はジャパネットとホームセンター「コメリ」の通販サイト(コメリドットコム)のみで販売されているようです。

また過去には「イオンおトク!e予約」というイオングループのサイトでも取り扱いがあったようです(現在は販売されていません)

日立 R-F51HG 冷蔵庫のベースモデルはR-F510G?


日立 冷蔵庫 大容量505L フレンチ6ドア ステンレスシャンパン R-F510G SN

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」は販売ルート限定モデルだと思うのでベースモデルは公表されていません。

しかし2016年11月に発売された「日立 冷凍冷蔵庫 Fシリーズ R-F510G」のスペックが非常に近いので比較してみましょう。

主な違いは「型番、カラー、発売日、重量、年間消費電力量、省エネ基準達成率、消費電力、電気代の目安」となっています。

「R-F51HG」は「R-F510G」より7kgも軽くなっています。

ただし軽くなった代償なのか消費電力量が劣っており、「R-F51HG」は「R-F510G」より年間3,618円も電気代がかかります。

これはかなりのウィークポイントだと言えるでしょう…。

サイズ、重量、容量などは全て同じです。また機能も「うるおいチルド、うるおい野菜室、3段ケース(冷凍室下段)、自動製氷機能」は共通です。

商品名日立 冷蔵庫 505L R-F51HG日立 冷蔵庫 505L R-F510G
カラー・型番ソフトブラウン R-F51HG (T)ステンレスシャンパン R-F510G(SN)
発売日2018年3月上旬2016年11月
本体重量91kg98kg
年間消費電力量435kWh/年301kWh/年
省エネ基準達成率64%:目標年度 2021年94%:目標年度 2021年
消費電力電動機:99W/電熱装置:191W電動機:97W/電熱装置:189W
電気代の目安11,745円/年8,127円/年

日立 R-F51HG 冷蔵庫のジャパネット価格は安い?高い?

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」のジャパネット価格は安いのでしょうか? 高いのでしょうか? 気になる人もいると思うので調べてみました。

まず最初に「R-F51HG」のジャパネット価格をおさらいしてみましょう。

ジャパネット通常価格は税別159,800円です。古い冷蔵庫の下取りサービスを利用すると「10,000円下取り」の税別149,800円で購入できます(2018年6月5日現在)

「送料(税込4,860円)」と消費税を含む支払総額は166,644円となります(2018年6月5日現在)

「R-F51HG」は販売ルート限定モデルなのでジャパネット以外で取扱があるのはホームセンター「コメリ」の通販サイトだけでした。

コメリドットコムの「R-F51HG」は税込158,000円で販売されていました。ただし現在は「期間限定特価」なので税込138,000円で購入できます(2018年6月30日まで)

ジャパネットより約29,000円も安いので「R-F51HG」はコメリドットコムで買ったほうが良いでしょう。

しかしコメリドットコムは「店頭渡しのみ」となっているので配達してもらえません(お店で受け取るしかありません)

設置工事等も対応してもらえるか分からなかったのでコメリドットコムでの購入を検討される方はご自身で確認をお願いします。

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

私はジャパネットたかたファンなので、あまりネガティブなことは書きたくないのですが、こちらの「R-F51HG」はおすすめできない商品です。

なぜなら2018年モデルなのに2016年発売の「R-F510G」より消費電力量が増えて電気代が高くなっているからです。

今後「期間限定特価」などで大幅値引きされたら購入を検討してもよいでしょう。しかし現時点では旧型の「R-F510G」を探して安く買ったほうが満足できると思いますよ。

おすすめ度:星1個

日立 R-F51HG 冷蔵庫の製品仕様

「日立 R-F51HG 冷蔵庫」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社の冷蔵庫と比較して検討してみてくださいね。

商品名日立 冷蔵庫 505L R-F51HG
メーカー日立アプライアンス株式会社
カラー・型番ソフトブラウン R-F51HG (T)
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2018年3月上旬
生産国日本
本体外形寸法幅685x奥704x高1,818mm
本体重量91kg
設置時寸法幅695x奥716mm
冷蔵室・ドア開閉タイプフレンチドア
定格内容積(総容積)505L
冷蔵室容量269L<食品収納スペースの目安:207L>
チルドルーム容量食品収納スペースの目安:13L
冷凍室容量123L<食品収納スペースの目安:82L>
野菜室容量94L<食品収納スペースの目安:66L>
製氷室容量19L<食品収納スペースの目安:5L>
自動製氷機能あり
省エネ基準達成率64%:目標年度 2021年
消費電力電動機:99W/電熱装置:191W
電気代の目安11,745円/年
ガラスドアなし
付属品取扱説明書、保証書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。100万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットの最新商品レビューはこちらです

error: Content is protected !!