ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト2

ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト2

《日立独自の「真空チルド」で食品の酸化と乾燥を抑える2017年モデル》

「日立 R-S3200HV 真空チルド」はジャパネットたかたが販売する冷蔵庫です。

食品の酸化を抑えて保存する「真空チルド」を搭載。野菜室を真ん中に配置した「まんなか野菜タイプ」、強化処理ガラスを採用した「クリスタルドア」が特長です。

カラーは「クリスタルシャンパン」です。付属品は「保証書、取扱説明書」の2点です。

「日立 R-S3200HV 真空チルド」のジャパネット通常価格は税別129,800円です。

現在は「夏の冷蔵庫セール」なので「標準取付工事費込み」のうえ、古い冷蔵庫の下取りサービスを利用すると「30,000円下取り」の税別99,800円で購入できます(2018年8月28日まで)

スポンサーリンク

日立 R-S3200HV 真空チルドの商品概要

「日立 R-S3200HV 真空チルド」は2017年5月に発売された「Sシリーズ」の315Lモデルです。容量の内訳は冷蔵室(186L)、野菜室(63L)、冷凍室(66L)です。

ドアタイプは「右開き・左開き」の2種類から選べます。容量は315Lです。

酸化と乾燥を抑えて鮮度を保つ「真空チルド」

「日立 R-S3200HV 真空チルド」は酸化と乾燥を抑えて鮮度を保つ「真空チルド」が特長です。真空ポンプで約0.8気圧の真空環境を実現。低酸素で酸化を抑えます。また耐圧・密閉構造なので水分を逃さず食品の乾燥も抑えます。

炭酸ガスで酵素の働きを抑える「新鮮スリープ保存」

「日立 R-S3200HV 真空チルド」は炭酸ガスで酵素の働きを抑える「新鮮スリープ保存」を採用しています。

肉や魚から出る「ニオイ成分」をプラチナ触媒で分解。これにより発生した「炭酸ガス」が食品の水分に溶け込んで表面が弱酸性化します。食品の酸化を進行させる酵素の働きを「眠らせる」ので鮮度の低下を抑えられます。

立ったまま取り出せる「まんなか野菜室」

「日立 R-S3200HV 真空チルド」は立ったまま取り出せる「まんなか野菜室」を採用しています。頻繁に開閉する野菜室を真ん中に配置。腰を屈める必要がないので体への負担も抑えられます。野菜室は63Lの大容量タイプです。

美しく傷つきにくい「クリスタルドア」

「日立 R-S3200HV 真空チルド」は美しく傷つきにくい「クリスタルドア」を採用しています。強化処理ガラスをドア面に採用。見た目も美しく汚れも簡単に拭き取れます。

大容量なのに幅54cmのスリムモデル

「日立 R-S3200HV 真空チルド」は大容量なのに幅54cmのスリムモデルです。中央に野菜室と冷凍室が配置されていて使いやすい。棚の高さや位置を自由に変えられる「高さかわるん棚」も好評です。

日立 R-S3200HV 真空チルドのジャパネット価格は安い?高い?


日立 冷蔵庫 315L 3ドア クリスタルシャンパン R-S3200HV XN

「日立 R-S3200HV 真空チルド」のジャパネット価格は安いのでしょうか?高いのでしょうか? 気になる人もいると思うので調べてみました。

まず「R-S3200HV」のジャパネット価格をおさらいしてみましょう。ジャパネット通常価格は税別129,800円です(2018年7月16日現在)

現在は「夏の冷蔵庫セール」なので「標準取付工事費込み」のうえ、古い冷蔵庫の下取りサービスを利用すると「30,000円下取り」の税別99,800円で購入できます(2018年8月28日まで)

「送料」と「消費税」を含むジャパネットの支払総額は税込112,644円です。

次は「R-S3200HV」の市場価格を「価格.com(カカクコム)」で調べてみました。価格コムの平均価格は税込98,242円、最安値は税込88,888円 でした(2018年7月16日現在)

ただし価格コムの値段には「送料」と「設置工事費」が含まれていないのでご注意ください。

さてジャパネット価格と市場価格のどちらが安いのか結論を出してみましょう。

たとえ送料と設置工事費を上乗せしたとしても、平均価格のほうがジャパネットより5,000~6,000円も安い結果となりました。

残念ながら「R-S3200HV」を少しでも安く買いたい人はジャパネット以外のお店を選んだほうがよいと思います。

日立 R-S3200HV 真空チルドと最新モデル(R-S32JV)の違いを比較


日立 315L 3ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)【右開き】HITACHI R-S32JV-XW

こちらで紹介している「日立 R-S3200HV 真空チルド」は2017年5月に発売された型落ち品です。

最新モデル「日立 真空チルド R-S32JV」との違いを比較してみましょう。「R-S32JV」は2018年4月に発売された「Sシリーズ」の315Lモデルです。

まず仕様の違いですが、2018年モデルは重量が約1kg軽くなりました。しかし「年間消費電力」と「省エネ基準達成率」が向上しているため、1年間の電気代も約135円安くなっています。

カラーは「クリスタルシャンパン、クリスタルホワイト」の2種類が選べるようになりました。

次は機能の違いを比較してみましょう。2018年モデルは「うるおい野菜室」を搭載しています。

これは野菜のうるおいを守る機能で、野菜室に設置された「間接冷却カバー」で水分を閉じ込めて乾燥を抑える効果を発揮します。

他の機能・性能については共通仕様となっています。

商品名日立 冷蔵庫 315L R-S3200HV日立 真空チルド R-S32JV
カラー・型番右開き:クリスタルシャンパン R-S3200HV XN
左開き:クリスタルシャンパン R-S3200HVL XN
右開き:
クリスタルシャンパン R-S32JV(XN)
クリスタルホワイト R-S32JV(XW)

左開き:
クリスタルシャンパン R-S32JVL(XN)
クリスタルホワイト R-S32JVL(XW)
発売日2017年5月11日2018年5月10日
本体重量67kg66kg
省エネ基準達成率100% 目標年度2021年102% 目標年度2021年
年間消費電力(60Hz)335kWh/年330kWh/年
電気代の目安(60Hz)約9,045円/年
※1kWhあたり27円で算出しています。
約8,910円/年
※1kWhあたり27円で算出しています。
うるおい野菜室なしあり

日立 R-S3200HV 真空チルドの製品仕様

「日立 R-S3200HV 真空チルド」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社の冷蔵庫と比較して検討してみてくださいね。

商品名日立 冷蔵庫 315L R-S3200HV
メーカー日立アプライアンス株式会社
カラー・型番右開き:クリスタルシャンパン R-S3200HV XN
左開き:クリスタルシャンパン R-S3200HVL XN
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2017年5月11日
生産国タイ
本体外形寸法幅540x奥655x高1,735mm
本体重量67kg
設置時寸法幅560×奥660mm
冷蔵室・ドア開閉タイプ右開き・左開き
定格内容積(総容積)315L
冷蔵室容量186L
冷凍室容量66L
野菜室容量63L
自動製氷機能あり(製氷皿は取外し出来ません)
省エネ基準達成率100% 目標年度2021年
電気代の目安約9,045円/年
※1kWhあたり27円で算出しています。
ガラスドアあり
付属品保証書、取扱説明書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。100万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットの最新商品レビューはこちらです

error: Content is protected !!