ジャパネットファン ロゴ画像
Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉 アイキャッチ画像1

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉 アイキャッチ画像1

ジャパネットでダイソンの掃除機を買いました!!

商品名は「Dyson コードレスクリーナー 1.5Kg HEPA SV21HEPABU」です。

2022年1月発売。ジャパネットオリジナルモデル。驚くほど軽い1.5kg。高性能HEPAフィルター搭載。電源がボタン式になり使いやすくなりました。

価格は税込39,800円でした(購入した当時の値段です)

私はジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」で決済したので送料無料で買えましたよ♪

スポンサーリンク

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体と付属品を写真で解説します

ジャパネットたかたで購入した「Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉」の本体と付属品を写真で解説します。

実際に商品を購入して手に取った上での口コミと感想です。ぜひ参考にしてくださいね!

なお写真が非常に多いので時間に余裕があるときにお読みください笑

ジャパネットから「Dyson 1.5kg HEPA」が届いた時の状態です。

化粧箱にカバー(?)がかかっており、そこに宅配便の伝票が貼ってありました。

前にダイソン製品を買ったときは化粧箱のまま届いたので、ご近所さんにダイソンを買ったことを知られてしまい、ちょっと恥ずかしかったんです笑

今回は無地のダンボール箱なので何を買ったのか分からないですね。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の製造番号

化粧箱の下には製造番号のシールが貼ってありました。

製造番号は製品登録のときに必要になります。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の化粧箱を取り出す

化粧箱を保護するカバーを取り外します。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の化粧箱1

「Dyson 1.5kg HEPA」の化粧箱です。

ダイソンのロゴと商品の線画だけ。シンプルですね。

前にダイソン製品を買ったときは、フルカラーの化粧箱でジェームズ・ダイソンさん(ダイソン創業者)の写真まで載っていました笑

ジャパネットオリジナルだから簡素なのか、最近のダイソン製品はこんな感じなのか、どちらなのでしょうね。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の化粧箱2

「UN3481」とはリチウムイオン電池を含む機器を示す番号なのだそうです。

何らかの原因で輸送中に落下して引火したら怖いですもんね。

「Dyson 1.5kg HEPA」は4セルのリチウムイオンバッテリー(14.4VDC 2500mAh 36Wh)を使用します。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の化粧箱を開封

化粧箱を開けてみました。まるでパズルのように複雑な構造の緩衝材です。

きっと専門のデザイナーがいるのでしょうね。

「ぜったいに無駄なコストはかけないぞっ!!」という強い意志を感じます笑

一度、部品を取り出したら戻せなくなるので気をつけてください(私は一つずつ写真を撮っておきました)

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の「法令の遵守と安全上の注意」と「クイックスタートガイド」

「法令の遵守と安全上の注意」と「クイックスタートガイド」です。

クイックスタートガイドには簡単な使い方の説明だけが載っていました。

残念ながら紙の説明書は入っていません。

スマートフォン、タブレット、パソコンでダイソン公式ウェブサイトにアクセスして、PDF形式の取扱説明書をダウンロードする方式です。

「環境に配慮し…」と書かれていますがコストダウンもあるでしょうね。

もしもスマホやタブレットを持っていない人がダイソンを買ったらどうするのでしょう?

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクイックスタートガイドの内容1

基本的な使い方はクイックスタートガイドを読めばわかります。

しかしフィルターの取り外し方やお手入れの方法などは載っていません。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクイックスタートガイドの内容2

「ちょっとどうかな?」と思ったのはツールに関する説明です。

4種類のツールが紹介されているのですが、卓上ツールとLED隙間ノズルは「Dyson 1.5kg HEPA」には付属しません。

よく見ると「同梱されるツールは機種により異なります」と書かれていました。

クイックスタートガイドは他の「Dyson Micro 1.5kg (SV21シリーズ)」と共用というわけです。

中には「あれっ…入ってない?」とカン違いする人もいそうですね。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のセット内容を全て取り出した状態

「Dyson 1.5kg HEPA」のセット内容を並べてみました。

  • 本体(充電池を含む)
  • パイプ
  • マイクロフラフィークリーナーヘッド
  • ミニモーターヘッド
  • コンビネーション隙間ノズル
  • 収納用ブラケット
  • 充電器
  • クイックスタートガイド

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体(左側面)

「Dyson 1.5kg HEPA」の本体(左側面)です。

全長は30cm前後です。なんだか子ども向けのオモチャみたいですね笑

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体とパイプの接続部分

本体のパイプ接続部です。

ここにカチャッとパイプをセットします。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のハンドル

本体のハンドルです。

トリガースイッチがなくなったのですっきりしていますね。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のバッテリー

ハンドルの下に装着されているバッテリーです。

バッテリーは消耗品ですから寿命がきたら交換が必要です。

純正品の交換用バッテリーは税込8,800円です。自分で交換できますよ。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体(右側面)

「Dyson 1.5kg HEPA」の本体(右側面)です。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクリアビンに貼ってあったゴミ捨ての手順

クリアビン(ゴミが溜まる部品)にシールが貼ってあり、ゴミ捨ての手順が説明されていました。

クリアビンの「MAX」の一番下のラインに到達したらゴミを捨てましょう。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクリアビンを開閉するレバー

クリアビンの下に大きな赤いレバーがあります。これをグッと前に押し出します。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクリアビンのフタが開いた状態

するとクリアビンのフタが開いてゴミが前に落ちますよ。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクリアビンを取り外した状態1

さらに小さな赤いレバーを白い矢印の方向に押しながらクリアビンを引き抜くと、クリアビン自体を取り外せます。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクリアビンを取り外した状態2

クリアビンの汚れは水拭きでお手入れします。

丸洗い不可ですので気をつけてくださいね。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のクリアビンを取り外した状態の本体側

クリアビンを外したときの本体側はこんな感じです。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体(上面)

「Dyson 1.5kg HEPA」本体の上面です。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の操作部(運転モードボタンと電源ボタン)

「Dyson 1.5kg HEPA」本体の操作ボタンです。

上が運転モードボタン、下が電源ボタンです。

使用時間はエコモード(通常モード)が約18分、強モードが約5分です。

競合商品より短いですね…。小型軽量化の影響でしょうか。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のHEPAフィルター1

最大の注目ポイントはフィルターです。

「Dyson 1.5kg HEPA」はHEPAフィルターを搭載しています。

HEPAとは「High Efficiency Particulate Air」の略で空気清浄機などでも使用されています。

このフィルターを通すと部屋の空気よりキレイになって出てくるそうですよ。すごいですね!

現在はダイソン直販限定の「Dyson V15 Detect Absolute Extra」だけが採用しています(2022年4月8日現在)

税込119,900円の最上位モデルと同じフィルターですからプレミアム感がありますね♪


ダイソン Dyson V15 Detect Absolute Extra サイクロン式 コードレス掃除機 dyson SV22ABLEXT 2021年モデル

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のHEPAフィルター2

フィルターの後部にはオンラインサポートのQRコードと電話番号が書かれていました。

一度ダイソンのサポートに電話したことがありますが、とても感じが良くて対応も早かったですよ。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のHEPAフィルターを取り外す1

フィルターを取り外す方法を解説しますね。

通常はマークがこのような表示になっています。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のHEPAフィルターを取り外す2

マークがこのようになるまでフィルターを反時計回りに回します。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のHEPAフィルターを取り外す3

そのままフィルターを手前に引き出すと外せますよ。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のHEPAフィルターを取り外した状態の本体側

フィルターを外したときの本体はこんな感じです。

この奥に毎分最大105,000回転の「Dyson Hyperdymium(ハイパーディミアム)モーター」が入っています。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のHEPAフィルター3

取り外したHEPAフィルターです。

フィルターは水道水で洗えます。最低でも1ヶ月を目安にお手入れしたほうが良いそうです。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のMicro Fluffy クリーナーヘッド(上面)

「Micro Fluffy(マイクロフラフィ)クリーナーヘッド」です。

ヘッド幅は約21cmです。ダイソンのコードレスクリーナーで最小サイズなのだそうですよ。

残念ながら自走機能やLEDライトは搭載していません。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のMicro Fluffy クリーナーヘッド(回転ブラシ)

回転ブラシはこんな感じです。

前が大きく開いているので猫砂のような大きなものもかきとってくれます。

ローラーの接地面積が大きいので掃除も短時間で終わります。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のパイプ

「Dyson 1.5kg HEPA」のパイプです。長さは約68cmです。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体とパイプとクリーナーヘッドを接続1

ヘッドとパイプと本体を接続してみましょう。

部品同士がカチッとしっかりはまるので、手を挟まないよう注意してください。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体とパイプとクリーナーヘッドを接続2

スティッククリーナーの状態です。長さは約109cmです。

持った感じはとても軽いですね!

これなら日本メーカーのコードレス掃除機とくらべても引けを取らないと思います。

もう少しパイプが長くても良いような気もしますが、使いにくいわけではありません。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のミニモーターヘッド(上面)

付属品の「ミニモーターヘッド」です。

今回「Dyson 1.5kg HEPA」を買ったのはこれが付属するという理由もあります。

別の記事でも書いたのですが、私はダイソンのミニモーターヘッドが大好きなんです笑

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のミニモーターヘッド(回転ブラシ)

このように電動式の回転ブラシを搭載しています。

ソファーやクッションやカーテンなどの布製品にくっついた髪の毛や糸くずをガリガリと取ってくれる優れものです。

もちろん布団掃除にも大変便利ですよ。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体にミニモーターヘッドを接続した状態1

本体にミニモーターヘッドを接続した状態です。

他のダイソンより軽いので使いやすいと思います。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体にミニモーターヘッドを接続した状態2

日本のメーカーも同じような電動式の小型ヘッドを作ればよいと思うのですが、なぜかほとんど見かけませんね。

特許の問題とかがあるのでしょうか。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉のコンビネーション隙間ノズル

付属品の「コンビネーション隙間ノズル」です。

日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブーストサイクロン PV-BHL3000J」に付属する2WAYすき間ブラシに似ていますね。

どのメーカーも同じようなデザインになるのは仕方がないのでしょう。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体にコンビネーション隙間ノズルを接続した状態1

本体にコンビネーション隙間ノズルを接続しました。

長さは約32cmです。家具のすき間などの掃除に使用します。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の本体にコンビネーション隙間ノズルを接続した状態2

先端をブラシに切り替えた状態です。

ぶつけて傷つけたくない場所の掃除に使用します。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の充電器

付属の充電器です。

充電不足になるとハンドルのLEDライトが点滅します。

ハンドルの接続部に充電器のプラグをつなぐと充電できます。

充電時間は約3時間半です。充電が完了するとLEDライトが消灯します。

ちなみにバッテリーがなくなったらすぐ充電するのではなく、少し時間を置いて冷ましてから充電するとバッテリー寿命が長持ちするそうですよ。

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉の収納用ブラケット

付属品の収納用ブラケットです。

壁にネジ止めが必要なことで悪名が高い(?)付属品です笑

使う人は多くないと思うのですが、なぜかダイソンの掃除機に必ず同梱されてますね。

壁にネジ止めしたくない人は本体とスタンドがセットになっている「クリーナースタンドセット」を選ぶと良いでしょう。

またスタンド(シービージャパン クリーナースタンド ブラック DCS-01BK)は単品でも買えますよ。

ジャパネット価格は税込9,980円です(送料990円)

Dyson 1.5kg HEPA〈SV21 HEPA BU〉 アイキャッチ画像2

最後に「Dyson 1.5kg HEPA」を買って使ってみた感想を書きますね。

「ダイソンの掃除機=重い」という常識を覆す掃除機です。

今までは約2.47kgの「Dyson V7 Fluffy SV11 FF2」で掃除をしていたのであまりの軽さに驚きました。

約1kgも軽量化されたのに使用時間はほとんど変わらないのですね。技術の進化を感じます。

HEPAフィルターの採用も嬉しいポイントです。

部屋の空気よりキレイな排気が出るので掃除中のホコリが気になる人におすすめします。

ちなみに電源をオフにすると「ポイーン」という不思議な音がします笑

これもHEPAフィルター搭載の影響なのでしょうか?

付属のツールが「ミニモーターヘッド」と「コンビネーション隙間ノズル」だけなのは物足りないと思いました。

テーブルなどの表面を簡単に掃除できる「卓上ツール」が別売りされているので買ってみようと思います。

約4万円もするのに樹脂部分がウェルドライン(射出成形の不良)だらけなのは相変わらずです。

「高性能だから小さなことは気にするな!」という大雑把な感じは海外メーカーっぽいかも笑

少し気になるところもあるけれど、ダイソンは吸引力が長持ちするので使いやすいですね。

掃除機のフィルターをお手入れするのが面倒な人におすすめしたい商品です♪

ダイソン収納スタンドの案内ハガキ1

「ダイソン コードレスクリーナー Dyson 1.5kg HEPA<SV21HEPABU>」を購入して約3か月。

ジャパネットから特別なお知らせのハガキが届きました。

ダイソン収納スタンドの案内ハガキ2

なんとダイソン用の収納スタンドを「特別値引き」「送料無料」で購入できるそうです!!

残念ながら私はスタンドを使わない方針なので注文はしませんでした。

でも、このようなきめ細かいフォローがジャパネットの売上を支えているのでしょうね。

届いたハガキを眺めながら改めて感心してしまいましたよ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。800万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!