ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン アイロン イラスト1

ジャパネットファン アイロン イラスト1

ジャパネットオリジナルの衣類スチーマー「アイロン スチームQ X JSE-4874X」の長所と短所です。2年ぶりのフルモデルチェンジ。オートスチーム機能のスチーム量が約3倍になりました。ただし前モデルより重くなり、消費電力も増えています。

おすすめ度:星3個

※その他の商品は「ジャパネットのアイロン」の記事一覧をご覧ください。

  • ジャパネットオリジナルモデル
  • 2年ぶりのフルモデルチェンジ
  • スチーム量が約3倍になった
  • 前モデルより重くなった(約50g増加)
  • 前モデルより消費電力が増えた(約200W増加)
  • 思ったほどシワが取れない(ハンガーの場合)
スポンサーリンク

アイロン スチームQ X JSE-4874Xの長所・メリット

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」の長所・メリットです。

ジャパネットオリジナルモデル

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」はジャパネットオリジナルモデルです。

メーカーとジャパネットが共同企画した限定商品のため、他店では購入できません。

2021年モデルの「スチームQ エックス(SteamQ X)」は、フルモデルチェンジによりデザインが一新されています。

2年ぶりのフルモデルチェンジ

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」は2年ぶりにフルモデルチェンジされた商品です。

前モデル(JSE-4874)までは、2017年からずっと同じ見た目で変化はありませんでした。

しかし今回の「JSE-4874X」は、細身のスタイリッシュなデザインになり使いやすくなっています。

スチーム量が約3倍になった

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」はスチーム量が大幅に増えています。

開発メーカーの株式会社スマイルによると、従来機種のオートスチーム機能と比較して約3倍になったそうです。

これは業界トップクラスのスチーム量なのだとか。うれしい進化ですよね!

アイロン スチームQ X JSE-4874Xの短所・デメリット

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」の短所・デメリットです。

前モデルより重くなった

残念ながら「アイロン スチームQ X JSE-4874X」は前モデルより重くなっています。

  • 前モデル(約600g)
  • 新モデル(約650g)

たった50gかもしれませんが毎日使うことを考えると、少しでも軽いほうがうれしいですよね。

前モデルより消費電力が増えた

残念ながら「アイロン スチームQ X JSE-4874X」は消費電力が増えています。

  • 前モデル(800W)
  • 新モデル(1000W)

おそらくスチーム量が約3倍に増えたことの代償だと思われます…。

ただし商品の性格上、長時間の使用は無いと思うので、電気代を気にしすぎる必要はないかもしれません。

思ったほどシワが取れない

衣類スチーマーは、衣類をハンガーに掛けたままシワ取りができる便利家電です。

しかし、本格的にきれいにシワを伸ばしたい時はアイロン台を使いましょう。

これはジャパネット以外のメーカーの衣類スチーマーでも同じです。

ジャパネットのMCさんの実演が上手なので勘違いしがちですが、ハンガーだとシワを完璧に取るのは難しいです。

あくまで「短時間でシワを目立たなくする」ための商品ですから、期待し過ぎは禁物ですよ!

2021年モデル(JSE-4874X)と2019年モデル(JSE-4874)の違いを比較しました

2021年モデル(JSE-4874X)と2019年モデル(JSE-4874)の違いを比較しました。

前モデルの「アイロン スチームQ プラス JSE-4874」は2019年9月に発売された商品です。

新型のスチームQエックスがどのように進化したのか気になりますよね!

  • 発売日(JSE-4874Xは2021年9月。JSE-4874は2019年9月)
  • カラー(JSE-4874Xはシャイニーレッド、シャイニーホワイト。JSE-4874はルビーレッド、セラミックホワイト、シャイニーブラック)
  • 生産国(いずれも中国)
  • 本体外形寸法(JSE-4874Xは幅285×奥90×高90mm。JSE-4874は幅350×奥80×高75mm)
  • 本体重量(JSE-4874Xは約650g。JSE-4874は約600g)
  • 本体保証期間(いずれも1年間)
  • 電源方式(いずれもAC100V 50/60Hz)
  • 消費電力(JSE-4874Xは1000W。JSE-4874は800W)
  • 電源コードの長さ(いずれも約2.5m)
  • タンク容量(いずれも約100mL)
  • 付属品(JSE-4874Xは計量カップ、お手入れブラシ、クイックマニュアル、取扱説明DVDが付属。JSE-4874は給水カップが付属。その他は共通)

主な違いは「カラー、サイズ、重量、消費電力」です。

フルモデルチェンジでデザインが新しくなったので、サイズ・重量も変化しています。

約50g重くなったのが気になりますね…。

スチーム量が約3倍になった代わりに消費電力も増えています。

付属品は、クイックマニュアルや取扱説明DVDなどが廃止されました。

製品仕様を比較した限りでは、見た目の変化ほど性能の違いは無さそうですね。

ジャパネット(JSE-4874X)とパナソニック(NI-FS770)の衣類スチーマーの違いを比較しました

ジャパネット(JSE-4874X)とパナソニック(NI-FS770)の衣類スチーマーの違いを比較しました。

パナソニックの「衣類スチーマー NI-FS770」は2021年5月に発売された商品です。

「価格.com」のアイロン人気売れ筋ランキングの上位にいる人気商品と、ジャパネットモデルがどのように違うのか気になりますよね!

  • 発売日(JSE-4874Xは2021年9月。NI-FS770は2021年5月)
  • カラー(JSE-4874Xはシャイニーレッド、シャイニーホワイト。NI-FS770はダークグレー、ベージュ)
  • 生産国(いずれも中国)
  • 本体外形寸法(JSE-4874Xは幅28.5×奥9×高9cm。NI-FS770は幅8×高さ13×長さ16.5cm)
  • 本体重量(JSE-4874Xは約650g。NI-FS770は約705g)
  • 本体保証期間(いずれも1年間)
  • 電源方式(JSE-4874XはAC100V。NI-FS770はAC100V-240V。いずれも50/60Hz共用)
  • 消費電力(JSE-4874Xは1000W。NI-FS770は950W)
  • 電源コードの長さ(いずれも約2.5m)
  • タンク容量(JSE-4874Xは約100mL。NI-FS770は約115mL)
  • 付属品(JSE-4874Xはデリケート衣類用アタッチメント、毛玉ブラシアタッチメント、毛ブラシアタッチメント、専用スタンド、給水カップ、保管袋、取扱説明書。NI-FS770はスタンド、専用カップ)

パナソニックの「NI-FS770」は低重心設計で腕への負担が少なそうですね。

ただしジャパネットの「スチームQ X」より約55g重いので、持つとずっしりと感じられそうです。

パナソニック「NI-FS770」の主な特長は以下となっています。

  1. 瞬間4倍パワフルスチーム
  2. スピード立ち上がり(約19秒)
  3. 360°パワフルスチーム
  4. 大容量タンクで連続スチーム(約10分)
  5. プレスもできる2WAY
  6. 衣類の清潔ケア(脱臭・除菌)

瞬間的に、通常の約4倍の量を噴射できる「瞬間4倍パワフルスチーム」を搭載。

水の流路や温度検知部の工夫により、電源オンから約19秒で立ち上がります。

さらに3段階の温度調節(高・中・低)が可能です。

生地の種類に合わせて使い分けできるので、デリケートな衣類も安心ですね。

パナソニック「NI-FS770」の市場価格は税込14,000円前後です(2021年8月11日現在)

ジャパネットの「JSE-4874X」より約3,000円高いけれど、高機能ですから魅力的な製品ですね。

スチームQエックスについて管理人JAPAOの口コミと感想です

最後にアイロン「スチームQエックス」について管理人JAPAOの口コミと感想を書きますね。

ジャパネットオリジナルの衣類スチーマー「スチームQ」がついにフルモデルチェンジ!!

ちょっと安っぽかったデザインが、メタリックな質感になり高級感アップですね。

私は「なんとなく特急ひのとりっぽいな」と思ってしまいました笑

スチーム量が従来品の約3倍になったそうですが、その他の機能はどうなのでしょうね。

衣類スチーマーはライバル商品が多いので特長が気になります。

まだジャパネットの商品情報が少ないので、詳細が分かったら追加しますね!

アイロン スチームQ X JSE-4874Xのセールスポイント

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」のセールスポイントです。

  • ジャパネットオリジナルの衣類スチーマー(2021年9月発売)
  • スチーマーとアイロンの1台2役で使える便利な商品です
  • ワンタッチで自動噴射される強力スチームでシワのばし
  • スチーム量が約3倍 (従来機種とオートスチーム機能での比較)
  • 業界トップクラスのスチーム量(株式会社スマイル調べ。2021年7月時点)
  • 強力なスチームとアイロン面の熱で99%の除菌効果
  • ウイルス除去、アレルギー物質の低減も可能です
  • 食臭・タバコ臭・汗臭・加齢臭・防虫剤臭を脱臭
  • ダイヤルを回すだけで幅広い衣類に対応可能です
  • 低温素材に使用する専用のアタッチメントも付属

アイロン スチームQ X JSE-4874Xのジャパネット価格(2021年8月11日現在)

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」のジャパネット価格です。

  • 販売価格:税込10,980円(送料770円)

アイロン スチームQ X JSE-4874Xの製品仕様

「アイロン スチームQ X JSE-4874X」の製品仕様です。

商品名アイロン スチームQ X JSE-4874X
メーカー株式会社スマイル
カラー・型番シャイニーレッド:JSE-4874X(SR)
シャイニーホワイト:JSE-4874X(SW)
発売日2021年9月1日
生産国中国
本体外形寸法約幅285×奥90×高90mm
本体重量約650g
本体保証期間1年間
電源方式AC100V(50/60Hz)
消費電力1000W
電源コードの長さ約2.5m
備考タンク容量:約100mL
付属品デリケート衣類用アタッチメント、毛玉ブラシアタッチメント、毛ブラシアタッチメント、専用スタンド、給水カップ、保管袋、取扱説明書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。700万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!