ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン スマホ イラスト5

ジャパネットファン スマホ イラスト5

ジャパネットたかたのテレビショッピングで紹介されている「本気スマホ(スマートフォン)」が合う人と合わない人について考えてみました。

「こんなに安いならガラケーから乗り換えてみようと思うけど、本当に注文しちゃっても大丈夫なのかな…??」

不安に思っている人も契約する前にこの記事を読むと疑問が解消されますよ!!

ジャパネットのスマートフォン「本気スマホ」の特長

ジャパネットのスマートフォン「本気スマホ」の特長は以下となっています。

  • 自宅で契約(携帯電話ショップに行かなくて良い)
  • 次の機種変更まで月々3,980円(料金が変化しない)
  • 電話かけ放題(携帯電話・固定電話への通話が無料)
  • ジャパネットのコールセンターに問い合わせ可能
  • 月額550円のワイドサポート(スマホの操作を遠隔サポート)

※過去に販売された商品は「ジャパネットのスマートフォン・タブレット」の記事一覧をご覧ください。

スポンサーリンク

ジャパネットの本気スマホが合う人(買ったほうがいい人)

ジャパネットの本気スマホが合う人(買ったほうがいい人)を考えてみました。

携帯電話ショップに行きたくない人

このご時世に携帯電話ショップで長時間待たされるのは苦痛ですよね…。

ジャパネットたかたのスマホは、専門スタッフが自宅に来て契約する形式となっています。

家にいながら、ジャパネットとの契約だけでなく、前の携帯電話会社の解約手続きもしてもらえますよ。

昨今の状況により、なるべく携帯電話ショップに行きたくない人に最適ですね。

シンプルな料金プランがいい人

携帯電話やスマートフォンの料金プランってわかりにくいですよね…。

最初は月々の料金が安くても、途中から値上がりしたりして困りませんか?

ジャパネットたかたのスマホは、契約した月に「最大7,280円(初月料金+契約事務手数料)」を払ってしまえば、後は月々の料金は「税込3,980円」です。

次のスマホに機種変更するまで、ずっと税込3,980円で料金は変わりません!

毎月の携帯代がわかりやすいシンプルな料金プランですよね。

しかもスマートフォンの機種代込みですから、スマホを別に購入する必要がありません。

いつも電話を多くかける人

ふだんから電話を多くかける人はジャパネットのスマホがおすすめです。

他社も含めたすべてのスマートフォン、ケータイ、固定電話への国内通話が無料です。

通話時間・回数は無制限です。「誰とでも・何時間でも・何回でも」タダで電話できますよ!

ただし国際電話、番号案内(104)やナビダイヤル(0570)などの一部の通話は無料対象外ですから注意してくださいね。

わからないことを聞きたい人

初めてケータイからスマホに機種変更する人は、操作が難しくて困ると思います。

そんなとき誰かに聞けたらうれしいですよね?

ジャパネットたかたのスマホなら、使い方が分からないときはジャパネットのコールセンターで問い合わせを受け付けてくれます!

これなら初めてスマートフォンを使う人も安心ですね。

また、料金や契約についての質問はワイモバイルでも窓口を設けているので利用してくださいね。

さらに月額550円の「ワイドサポート」を契約すると、困ったときは専門のアドバイザーが電話でアプリの使いかたや操作方法を教えてくれますよ。

ユーザーに代わって遠隔操作でのサポートも対応してもらえるので安心です(対象機種のみ)

しかもワイドサポートはスマホの操作だけでなく、パソコンやプリンター、LINEやFacebookやYouTubeに関する質問にも答えてくれます。すごいですね!

シニア向けスマホがほしい人

ジャパネットたかたのスマホはシニア世代が使いやすいように改良されています。

たとえば「富士通 arrows J」は、ユニバーサルデザイン書体で文字が読みやすく、よく使う電話や電話帳などが分かりやすい「かんたんセット」機能がついています。

シニア向けスマホは操作が簡単なので、初めてケータイからスマホに変更する人におすすめですよ。

ジャパネットの本気スマホが合わない人(買わないほうがいい人)

ジャパネットの本気スマホが合わない人(買わないほうがいい人)を考えてみました。

自宅に他人が来るのが嫌な人

ジャパネットたかたのスマホは、全て訪問サービスによる契約となっています。

携帯電話ショップでの契約はできません(ワイモバイルショップでの契約は不可)

したがって自宅に他人が来るのが嫌な人には全く向きません笑

とにかく安い料金プランがいい人

ジャパネットたかたのスマホは徹底的に『わかりやすさ』を追求しています。

月々の料金は定額(税込3,980円)で次の機種変更まで変わりません。その代わり料金はさほど安くはありません。

とにかく携帯代を安くしたい人は、携帯電話ショップで自分の使用状況に合った料金プランを選んだほうが良いでしょう。

電話かけ放題が不要な人

電話をほとんどかけない人にジャパネットたかたのスマホは向いていません。

国内通話無料のメリットが全くありませんからね…。

LINEやSMSやメールでの連絡が多い人は、電話かけ放題サービスよりも、毎月のデータ量が多い料金プランを選びましょう。

データ通信量が多い人

毎月のデータ通信量が多い人にはジャパネットのスマホは合いません。

ジャパネットのデータ通信量は月々15GBですから、インターネットやメールをする程度なら何の問題もありません。

ただし高画質な動画を見たり、長時間ゲームで遊ぶのは厳しいですね…。

データ通信量が多い人は、携帯大手各社の大容量プラン(ギガホ、データMAX、メリハリプランなど)がおすすめです。

高性能なスマホがほしい人

ジャパネットたかたのスマホは「ジャパネットオリジナルモデル」です。

高性能より使いやすさを追求して作られているため、各社の最新機種とくらべると性能は劣ります。

最新の高性能スマホが欲しい人は、ドコモ・au・ソフトバンクでの契約をおすすめします。

またアップルのiPhone(アイフォーン)もジャパネットでは取り扱いがありません。

ガラケーからスマホに乗り換える人はちょっと待った!!

今までずっとガラケーを使っていて初めてスマホに乗り換える人は、ジャパネットより今の携帯電話会社のほうがお得かもしれません。

大手の携帯電話会社は、ガラケーからスマホへの乗り換えキャンペーンを行っています。

毎月の通信料金と機種代金の合計が税込3,980円以下なら、ジャパネットのスマホよりお得です。

なるべく安い料金で使いたい人は、ジャパネットで契約する前に携帯電話ショップに行って料金プランを相談してみましょう。

ジャパネットでスマホを注文するより月々の料金が安くなるかもしれませんよ!

各社が実施しているスマホ乗り換えキャンペーンは以下となっています(2020年11月16日現在)

ドコモのスマホ乗り換えキャンペーン

  • ずっとはじめてスマホ割(ガラケーからスマホに替えると毎月1,000円割引)
  • はじめてスマホ割(ガラケーからスマホに替えると最大12か月間、毎月1,000円割引)
  • おしゃべり割(ガラケーからスマホに替えると5分通話無料オプションが最大12か月間、毎月700円割引)
  • はじめてスマホ購入サポート(ガラケーからスマホに替えると対象機種代金を割引)

auのスマホ乗り換えキャンペーン

  • スマホスタートプラン60(60歳以上の方がガラケーからスマホに替えると1年間月々980円で国内通話無料)
  • 3Gとりかえ割(スマホ)/3Gとりかえ割プラス(3Gケータイからスマホに替えると対象機種代金を割引)
  • 4G LTEケータイとりかえ割(4Gケータイから対象のスマホ・ケータイに替えると機種代金から最大22,000円割引)
  • スマホスタートサポート(専用窓口によるサポートが最大3ヶ月無料)

ソフトバンクのスマホ乗り換えキャンペーン

  • スマホデビュープラン(ガラケーからスマホに替えると1年間月々900円で1回5分以内の国内通話無料)
  • 3G買い替えキャンペーン(3Gケータイから対象機種に機種変更すると機種代金が割引)

現在ジャパネットで買えるスマホ(2021年3月13日現在)

現在ジャパネットで買えるスマホ(スマートフォン)はこちらです。

  • シャープ スマートフォン AQUOS sense3 SHWHM(2020年9月2日発売)

シャープの「AQUOS sense3(アクオスセンス3)」は会員カタログで先行販売されていたスマホです。

2020年11月15日から一般発売されました。性能は他の携帯電話会社で契約できるAQUOS sense3とほぼ同じです。

詳しい製品レビューは以下のリンク先でお読みください。

ジャパネットの本気スマホとahamo、povo、LINEMO、Rakuten UN-LIMIT VIの違いを比較してみました(2021年3月13日現在)

ジャパネットの本気スマホとドコモの「ahamo」、エーユーの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」の違いを比較してみました。

ジャパネットの本気スマホが優れているのは、国内通話とメールアドレスと申込方法とサポート窓口です。

とくに国内通話が完全無料なのはジャパネットだけです。

サポートも電話・Web・店舗で対応してもらえるので安心ですね。

一方で月額料金とデータ容量は他社より劣っていますね…。

自分でオンライン契約できる人は、ahamo、povo、LINEMOのほうが安いですよ。

楽天モバイルなら店舗での契約も可能ですがショップ数が少ないです(約600店舗)

 本気スマホ(ジャパネット)ahamo(ドコモ)povo(エーユー)LINEMO(ソフトバンク)Rakuten UN-LIMIT VI(楽天モバイル)
月額料金税込3,980円(機種代込み)税込2,970円税込2,728円税込2,728円0円~税込3,278円
※データ利用量に合わせて変動
データ容量15GB20GB20GB20GB楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB
国内通話かけ放題(回数・時間制限なし)5分以内なら無料税込22円/30秒LINE同士の通話はかけ放題Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題
メールアドレス提供あり(@ymobile.ne.jp)なしなしなしなし
申込方法電話・WebWebWebWebWeb・店舗
サポート窓口電話・Web・店舗WebWebWeb電話・Web・店舗

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。700万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!