ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン スマホ イラスト3

ジャパネットファン スマホ イラスト3

《2018年6月発売の最新スマホで話し放題の定額プランが月額:税別3,780円》

「HUAWEI P20 lite」はジャパネットたかたが販売するスマートフォンです。

2018年6月に発売された最新のSIMフリースマートフォン。ダブルレンズカメラと独自の美肌撮影で「自撮り」もキレイです。

本体カラーは「クラインブルー、ミッドナイトブラック、サクラピンク」の3種類です。付属品は「イヤホンマイク、クリアケース、ACアダプタ、USBケーブル、SIM取り出しツール、取扱説明書、保証書」の7点です。

料金プランはジャパネット独自の「あんしん定額プラン」となります(ワイモバイルとの2年契約です。更新月以外の解約は契約解除料:税込10,260円がかかります)

新規契約で「プランM(6GB)」を選んだ場合の代金は、訪問サービスの支払額が税込10,584円です。月々の支払額は契約月が税込7,324円、以降は毎月税込4,084円となっています。

読者さま

毎月3,780円で最新スマホが持てるって本当なんですか??

JAPAO

本当ですよ!次の機種変更までずっと3,780円です。それ以上の料金はかからないので安心してくださいね。

スポンサーリンク

ジャパネットのスマホ(HUAWEI P20 lite)の長所・メリット

  • きれいに撮れるダブルレンズカメラ
  • 3,000mAhの大容量バッテリー
  • 約5.8インチの大画面ディスプレイ

ジャパネットのスマホ(HUAWEI P20 lite)の短所・デメリット

  • ワンセグ機能がない
  • 防水機能がない
  • おサイフケータイは非対応

ジャパネットのスマホ(HUAWEI P20 lite)の商品概要


Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー【日本正規代理店品】

「ファーウェイ テクノロジーズ スマートフォン HUAWEI P20 lite 32GB」は2018年6月15日に発売された「2018年夏モデル」のSIMフリースマートフォン。大ヒットした「HUAWEI P10 lite」の後継モデルです。

一眼レフのように撮れるダブルレンズカメラ

「HUAWEI P20 lite」は「約1,600万画素+約200万画素」のダブルレンズカメラを搭載しています。被写体の背景をぼかしたり、明るく鮮明な写真を撮影できるので、まるで一眼レフのような本格的な画像を楽しめます。またサブカメラも「約1,600万画素」なので「自撮り(セルフィー)」も高画質で楽しめます。

大容量バッテリーと急速充電に対応

「HUAWEI P20 lite」は大容量バッテリーと急速充電に対応しています。3,000mAhのバッテリーなので電池切れの心配がなく使えます。また10分間の充電で約24時間の連続待ち受けが可能な急速充電に対応しています。

見やすい約5.8インチの大画面ディスプレイ

「HUAWEI P20 lite」は5.8型フルHD+(2280×1080ドット)液晶を搭載しています。横幅71.2mmのスリムボディなので片手で操作可能です。また背面には高級感のある2.5Dガラスを使用しています。

ハイスペックなので操作も快適

「HUAWEI P20 lite」はハイスペックなので操作も快適です。CPUはオクタコアの「Kirin659 2.36GHz + 1.7GHz」です。メモリーは4GB、内部ストレージは32GBです。無線LANは「a/b/g/n/ac」、Bluetoothは4.2に対応。OSは「Android 8.0」を搭載しています。

紛失しても安心なセキュリティー機能

「HUAWEI P20 lite」は指紋認証センサーを搭載しています。また画面を見つめるだけですばやくロック解除できる顔認証にも対応しています。

ワイモバイル純正のフレームカバー液晶保護ガラス

「HUAWEI P20 lite」の関連商品として、ワイモバイル純正の「フレームカバー液晶保護ガラス」が販売されています。

商品名は「ソフトバンクC&S フレームカバー液晶保護ガラス for HUAWEI P20 lite ZSYEH3」です。

高硬度強化ガラスと防キズ加工フレームでディスプレー全体を保護する「HUAWEI P20 lite」専用のフィルム。

透過性90%以上の高硬度ガラス「Dragontrail X」を採用。透明度が高いので画像をキレイに映し出します。ガラス面の硬度は「9H」です。

製造元はソフトバンク コマース&サービス株式会社。付属品は「クリーニングクロス、ホコリ取りシール、取り外し専用シール、保証書」の4点です。

ジャパネット通常価格は送料無料・税別2,980円です。

あんしん定額プランの長所・メリット

  • 時間無制限で話し放題(他社のスマホ・携帯・固定電話も対象)
  • 自宅で契約手続き・操作方法を教えてもらえる
  • 次の機種変更までデータ増量オプション料無料(スマホプランMのみ)

あんしん定額プランの短所・デメリット

  • 契約手続きは訪問サービスのみ(お店ではできない)
  • 2年以内に解約すると契約解除料が発生
  • プランS・Lはデータ増量オプションが2年目以降有料

ジャパネット限定の「あんしん定額プラン」について

「HUAWEI P20 lite」をジャパネットで購入するとジャパネット限定の「あんしん定額プラン」で契約することになります。

「あんしん定額プラン」はジャパネットたかたとワイモバイルが共同企画した料金プランです。2年間の契約が必要ですが毎月4,084円(税込)で通話し放題という大きなメリットがあります。

専門スタッフが訪問して契約手続きと操作を説明

「あんしん定額プラン」はジャパネットの専門スタッフが自宅を訪問して契約手続き・設定や操作方法などを教えてもらえる訪問サービスが付いてきます(料金は税込10,584円です)

契約手続き・レッスンの時間は新規契約が90分、他の携帯電話会社からの乗り換えは120分となっています。

また現在使っている携帯電話やスマートフォンの電話帳を「HUAWEI P20 lite」に移す手続きも無料で行ってもらえます。

通話定額プランなので何時間でも話し放題

「あんしん定額プラン」は通話定額プランなので何時間でも話し放題です。頻繁に電話をする人や長電話が多い人におすすめします。

次の機種変更まで毎月4,084円(税込)でずっと使える(プランM)

「あんしん定額プラン」はスマートフォンを変えるまでずっと同じ料金です。月額4,084円にはスマートフォン本体の代金も含まれるので安心ですね。

データ容量9GBなのでインターネットもたっぷり使える

「あんしん定額プラン」はデータ容量9GBなのでインターネットもたっぷり使えます(スマホプランMでデータ増量オプション適用時)。たとえばYoutubeの動画なら約40時間も見られます。仮に9GBを超えてしまっても、月末まで通信速度は低下しますが、インターネットは使えるので心配ありません。

ソフトバンクと同じ通信網なので高速・高品質

ワイモバイルは大手携帯電話会社の「ソフトバンク」が運営する格安スマホブランドです。ソフトバンクと同じ通信網なので電話もつながりやすくインターネットも高速です。

ワイモバイルのキャリアメールを使える

ジャパネットの「HUAWEI P20 lite」は「Y!mobile公式メールアプリ」が最初から入っているのでキャリアメールを容量無制限で利用できます。

ワイモバイルショップで対応してもらえる

ジャパネットの「HUAWEI P20 lite」は全国のワイモバイルショップでサポートが受けられるので安心です(もちろんジャパネットに電話で聞いても大丈夫です)

家族割引で2台目以降が月々3,280円(税別)

ジャパネットの「あんしん定額プラン」は家族で乗り換えると、もっとお得になります。

通常は月々3,780円(税別)なのですが、「家族割」を適用すると2台目以降は次の機種変更まで「500円値引き」の月々3,280円(税別)になります。

さらにスマホプランの家族割で複数台同時加入すると「5,000円キャッシュバック」の特典までもらえます。

ちなみに家族割引が適用される回線数は「最大9回線まで」となっています。

料金プランは「プランM(6GB)」を選んだほうがいい!

ジャパネットで「HUAWEI P20 lite」を購入する人は「プランM(6GB)」を選んだほうがいいと思います。

なぜなら月々の支払い金額が最初から最後まで変わらないのは「プランM(6GB)」だけだからです。

新規契約時の料金プランを表にしたのでご覧ください(2018年8月25日現在)

料金プラン/月額料金0ヶ月目(契約月)1~12ヶ月目13~24ヶ月目25ヶ月目~
S(2GB)7,540円4,300円5,380円4,840円
M(6GB)7,324円4,084円4,084円4,084円
L(14GB)10,780円7,000円8,080円8,080円

1ヶ月目から25ヶ月目以降まで料金が同じなのは「プランM(6GB)」だけです。「プランS(2GB)」とプランL(14GB)は13ヶ月目から「ワンキュッパ割」が適用されないので毎月1,080円も値上がりしてしまします。

ちなみに「プランS(2GB)」は「0ヶ月目(契約月)」から「25ヶ月目~」まで「プランM(6GB)」よりも値段が高くなっています(!)

毎月のデータ容量が4GBも少ないのに料金は高いという謎のプランなので、「プランS(2GB)」は絶対に選ばないようにしましょう。

また次の項目でも書きますが、「スマホプランM」は「データ増量オプション」が次の機種変更まで無料です。

ジャパネットとワイモバイル公式のサービス内容と料金プランを比較

「HUAWEI P20 lite」をジャパネットで購入するのとワイモバイル公式で購入するのはどちらがお得なのでしょうか? 気になる人もいると思うので料金プランとサービス内容を比較してみましょう。

サービス内容(新規契約・スマホプランM)

ジャパネットの「あんしん定額プラン」の特長は「訪問サービス」と「電話かけ放題サービス」と「データ増量オプションの期間」です。

まず「訪問サービス」ですが、専門のスタッフが自宅に来てくれて回線契約手続きもその場で行います。

わざわざワイモバイルショップに行ったりインターネットで手続きする必要がないので待ち時間もなく便利です。

またスマートフォンの操作方法のレッスンや電話帳の移行もしてもらえるので、スマホ初心者にうれしいサービスだと言えるでしょう。

次に「電話かけ放題サービス」ですが、ジャパネットの「あんしん定額プラン」には通話料が含まれているので毎月4,084円で電話し放題となっています(時間・回数は無制限です)

最後は「データ増量オプションの期間」です。

ジャパネットで「プランM」を選ぶと「データ増量オプション(容量6GB→9GB)」が「次の機種変更までオプション料無料」になります。

ただし「プランS・L」は「契約から最大25ヶ月間オプション料無料」となっているのでご注意ください(プランMが最もお得です)

一方でワイモバイル公式で契約すると「訪問サービス」と「電話かけ放題サービス」はありません(ただし1回10分以内の電話は無料です)

さらにワイモバイルは「データ増量オプションの期間」も全プランで「最大25ヶ月間無料」になっています。

 ジャパネットたかたワイモバイル公式
訪問サービス(契約手続き・操作レッスン・電話帳移行)あり(有料)なし
電話かけ放題サービスあり(時間・回数は無制限)なし(1回あたり10分以内の通話は無料。10分を超えると30秒ごとに20円)
データ増量オプション次の機種変更まで無料(プランMのみ)最大25ヶ月間無料

料金プラン(新規契約・スマホプランM)

「訪問サービス」と「電話かけ放題サービス」と「データ増量オプション」が不要なのであれば、ワイモバイル公式で契約したほうが安くなります。

ジャパネットで「HUAWEI P20 lite」を購入すると、必ず自宅で回線契約手続きをする必要があります。さらに訪問サービスの料金も発生します。

自宅で手続きするのが面倒な人や少しでも安くしたい人は、お近くのワイモバイルショップかワイモバイル公式サイトで購入したほうがよいでしょう。

また毎月の支払額もワイモバイル公式のほうが約300円安くなります。

 ジャパネットたかたワイモバイル公式
購入時の支払額頭金:税込108円
訪問サービス料:税込10,476円
頭金:税込540円
契約月の支払額月額料金:税込4,084円
契約事務手数料:税込3,240円
月額料金:税込3,758円
契約事務手数料:税込3,240円
毎月の支払額月額料金:税込4,084円月額料金:税込3,758円

読者さま

あれっ!? ワイモバイルも10分以内の電話なら無料なんですね??

JAPAO

そうなんです。なので10分以内の電話しかしない人は、ジャパネットよりワイモバイルで直接契約したほうが安くなりますよ。

ワイモバイル(Y!mobile)の評判は?メリットとデメリットを解説

「ワイモバイル(Y!mobile)」は、大手携帯電話会社の「ソフトバンク(SoftBank)」が運営するサブブランドです。

元々はソフトバンクグループの「イー・モバイル」と「ウィルコム」という別々の会社だったのですが、2014年8月1日にブランドが統合され「ワイモバイル(Y!mobile)」が誕生しました。

ちなみにワイモバイルの「ワイ」とは、同じソフトバンクグループの大手検索サイト「ヤフー(Yahoo!)」の頭文字であり、「ヤフーのモバイル」として知名度を生かした展開を行っているようですよ。

ところで皆さんもご存知だと思うのですが、ワイモバイルを運営するソフトバンクも全国の「ソフトバンクショップ」で携帯電話を販売していますよね。

現在は、同じグループ内にソフトバンクとワイモバイルが共存する形になっています。ではなぜ2つの同じような携帯電話ブランドを運営しているのでしょうか?

その理由は「格安スマホ=MVNO」の存在です。

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略称で、自分の会社で通信網を持たずに、大手通信キャリア(ドコモ、au、SoftBank)から回線を借りて、サービスを提供する携帯電話会社のことです。

たとえば、楽天モバイル、LINEモバイル、mineo(マイネオ)、IIJmio(アイアイジェイミオ)、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、イオンモバイル、DMMモバイルなどが有名なMVNOですね。

最近はテレビでも各社のCMが放送されているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

これらのMVNOは、大半が実店舗を持たずインターネットでの契約・販売となっています。また通信インフラの維持費用もかからないので人件費が抑えられます。結果として月額料金を安くできるというわけです。

大手携帯電話会社と比べて、月額料金が2分の1から3分の1になることもあり、MVNOに乗り換えるユーザーも増えてきました。

そこで少しでもMVNOへの流出を抑えるために生まれたのが、ワイモバイルのようなサブブランドです(ちなみに「UQモバイル」もauが運営するサブブランドです)

ソフトバンクからMVNOに乗り換えようとするユーザーに「(ソフトバンクより安い)ワイモバイルもありますよ~」とすすめることで、他の携帯電話会社への乗り換えを抑えられるというわけですね。

ワイモバイルの長所・メリット

  • 全国に1,000店舗のワイモバイルショップがある
  • 自社回線なのでMVNOより通信速度が速く快適
  • 10分間のかけ放題がもれなく付いてくる
  • ヤフーショッピングでポイントが多くもらえる

ワイモバイルの短所・デメリット

  • MVNOほど月額料金は安くない
  • 超高性能な最新スマホは選べない
  • 大容量のデータ定額プランがない
  • 郊外や山間部は少し繋がりにくい

ワイモバイルは「ドコモ、au、SoftBank」のような3大キャリアと比べると、高性能な最新スマホの取扱が少なく、50GB以上の大容量データ定額プランも選べません。

しかしソフトバンクのネットワークを使用しているので、MVNOよりエリアが広く通信も高速です。回線が混雑する時間帯の速度低下もMVNOより抑えられています。

さらに「ワイモバイルショップ」を全国に約1,000店舗展開しており、毎月の料金も大手キャリアより安く抑えられているので、大手キャリアとMVNOの中間くらいの存在であると言えるでしょう。

「インターネットで契約するのは苦手だけど、毎月の料金はなるべく抑えたい」と考えているユーザーにぴったりなのではないでしょうか。

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「HUAWEI P20 lite」とジャパネット限定の「あんしん定額プラン」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

今までジャパネットのスマートフォンは初心者向けのスペックが低い機種が多かったのですが、こちらの「HUAWEI P20 lite」は2018年6月発売の最新機種で性能も水準以上です。

カメラも高性能でバッテリー持ちもよいので、毎日何時間もゲームをしたり「YouTube」を見たりするヘビーユーザー以外は満足できるでしょう。

次にジャパネット限定の「あんしん定額プラン」ですが、契約手続きがショップではなく自宅になること、電話料金が定額制になっていることが特長です。

「訪問サービス」は、近所にワイモバイルショップがなかったり、何らかの事情があって外出できない人に便利なサービスだと思います。

また「電話かけ放題サービス」も回数や時間制限がないので、長電話をよくする人はとてもお得になるでしょう。

ただし「ほとんど電話をしない(または10分以内の電話が多い)」「ネットもたまにしか見ない」という人にはおすすめできません。

またワイモバイルとの2年契約になるので、加入から2年以内に解約すると「契約解除料10,260円+分割支払金の残り」を支払う必要があります。

2年以上使う予定がない人は、最低利用期間が短い携帯電話会社を選んだほうがよいでしょう(mineoやイオンモバイルは最低利用期間がないそうです)

おすすめ度:星4個

ジャパネットのスマホ(HUAWEI P20 lite)の製品仕様

「HUAWEI P20 lite」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社のスマートフォンと比較して検討してみてくださいね。

商品名ファーウェイ テクノロジーズ スマートフォン HUAWEI P20 lite 32GB
メーカーファーウェイ・ジャパン(華為技術日本株式会社)
カラー・型番クラインブルー HWWDA1
ミッドナイトブラック HWWDA2
サクラピンク HWWDA3
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2018年6月15日
生産国中国
本体外形寸法幅71x奥7.4x高149mm
本体重量約145g
画面サイズ5.8インチ(FHD+)
画面ドット数幅2,280x高1,080(FHD+)
OSAndroid 8.0
CPUKirin659(オクタコア)2.36GHz+1.7GHz
メモリ4GB
内部ストレージ32GB
Bluetoothあり(Ver.4.2)
インターフェイスUSB Type-C端子、イヤホンジャック
microSDスロット※、SIMカードスロット※
※本体カバー内部
最大保存容量ROM/32GB
充電時間約100分(同梱ACアダプタ)
連続通話時間/連続待受時間連続通話時間:[3G] 約1,020分/[LTE] 約960分
連続待受時間:[3G] 約454時間/[LTE] 約433時間
※電波状況や使用環境によって変動します。
アドレス帳登録可能件数最大登録件数の制限はありませんが、本体の空き容量によって異なります。
ワンセグ/テレビなし
カメラ有効画素数[メイン]約1,600万画素/200万画素(デュアルカメラ)
[サブ]約1,600万画素
最大撮影サイズ(ドット)静止画:4,608x3,456
動画:1,920x1,080
世界対応携帯あり
赤外線通信(IrDA)なし
対応外部メモリmicroSDXC 最大256GB
防水機能なし
対衝撃なし
備考最大通信速度(※1):下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbps
通信方式:LTE/AXGP/3G、プラチナバンド対応(900MHz) 
※ご利用にはワイモバイル通信サービスのご契約が必要となります。 
※Google 、Android、Nexus、Google Play その他のマークは、Google Inc. の商標または商標登録です。 
※1 記載の各通信速度は、ベストエフォート方式に基づく技術規格上の最大値であり、実効速度として保証するものではありません。通信環境や混雑状況により、通信速度が変化する可能性があります。また、ご利用地域によって最大通信速度が異なります。
付属品イヤホンマイク、クリアケース、ACアダプタ、USBケーブル、SIM取り出しツール、取扱説明書、保証書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。100万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットの最新商品レビューはこちらです

error: Content is protected !!