ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 5Gスマートフォン イラスト1

ジャパネットファン 5Gスマートフォン イラスト1

ジャパネットの5Gスマホ「AQUOS sense5G SHWHY」の長所と短所をあれこれ考えてみました。高速大容量の5G通信に対応。3眼カメラで写真がきれい。バッテリーも長持ちします。ただし5Gは対象エリアが限られます(今後拡大予定です)

おすすめ度:星4個

※その他の商品は「ジャパネットのスマートフォン・タブレット」の記事一覧をご覧ください。

  • ジャパネットオリジナルモデル
  • 高性能な5Gスマホ
  • 機種変更まで料金が変化しない
  • 電話かけ放題(シンプルMの場合)
  • データ容量15GB(シンプルMの場合)
  • 自宅で契約できる(スタッフが訪問)
  • ジャパネットコールセンターで対応
  • 5Gエリアは一部のみ(今後拡大予定)
  • ジャパネットオリジナル機能なし
  • テレビの視聴はできない(ワンセグなし)
  • ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは高い
  • 3年以内に解約すると分割支払金が発生
  • 電話かけ放題はシンプルMのみ(シンプルSとLは別料金)
  • 訪問サービスは必ず必要(店舗契約は不可)
スポンサーリンク

ジャパネットの5Gスマホ「AQUOS sense5G SHWHY」の長所・メリット

ジャパネットの5Gスマホ「AQUOS sense5G SHWHY」の長所・メリットです。

ジャパネットオリジナルモデル

「AQUOS sense5G SHWHY」のジャパネットオリジナルモデルです。

メーカーと共同企画した限定商品のため、他店では購入できない商品です。

今のところ、ワイモバイルでは「AQUOS sense5G」を販売していません(2021年9月3日現在)

ワイモバイルの通信サービスで「AQUOS sense5G」を使いたい場合は、ジャパネットで契約するのが良いでしょう。

高性能な5Gスマホ

「AQUOS sense5G SHWHY」は高性能な5Gスマホです。

主な特徴は以下となっています。

  • 高速大容量の5Gネットワークに対応
  • 3眼カメラで写真がきれい
  • 指紋/顔認証を搭載
  • おサイフケータイ対応
  • 防水・防じん・耐衝撃構造
  • バッテリーが長持ち

詳しい解説はこの後の項目をお読みください!

機種変更まで料金が変化しない

ジャパネットのスマホは次の機種変更まで料金が変化しません。

ずっと月々3,980円(税込)で使えます!(ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは除く)

他社のスマホは長期間使うと割引が無くなって料金が変わることが多いので、定額なのはわかりやすいですよね。

電話かけ放題(シンプルMの場合)

ジャパネットのスマホは電話かけ放題です(シンプルMの場合)

携帯電話でも固定電話でも「時間・回数無制限」で電話できますよ!

ふだんから電話をよくかける人におすすめします。

データ容量15GB(シンプルMの場合)

ジャパネットのスマホのデータ容量は15GBです(シンプルMの場合)

長時間、動画を見たりゲームをしなければ十分な容量だと思いますよ。

もしも15GBを超えたとしても、月末まで通信速度が低下するだけで、ネットは使えるのでご安心ください。

自宅で契約できる

携帯電話ショップだと、長時間待たなければならないので大変ですよね。

ジャパネットのスマホなら自宅で契約できます(専門スタッフの訪問による手続き)

また同時に操作方法のレッスンもしてもらえるので初心者でも大丈夫です。

ジャパネットコールセンターで対応

ジャパネットのスマホはジャパネットコールセンターで対応してもらえます。

使い方が分からないときは、すぐ問い合わせできるので安心ですね。

また料金や契約についてはワイモバイルの窓口でも聞けるそうですよ。

ジャパネットの5Gスマホ「AQUOS sense5G SHWHY」の短所・デメリット

ジャパネットの5Gスマホ「AQUOS sense5G SHWHY」の短所・デメリットです。

5Gエリアは一部のみ

残念ながらワイモバイルの5Gは限定エリアでの提供となっています。

まだまだ発展途上というわけですね…。

せっかくの5Gスマホも電波が飛んでいなければ意味がありません。

契約する前に自宅の周辺が5Gエリアに入っているか確認しておきましょう(ワイモバイルの5Gエリアマップ

ちなみにエリア外は4Gで通信できるのでご安心ください(今までのスマホと速度が同じになるだけです)

ジャパネットオリジナル機能なし

「AQUOS sense5G SHWHY」はジャパネットオリジナル機能がありません。

最初から「ジャパネットアプリ」がインストールされているだけみたいです…。

過去のジャパネットスマホは、独自のカスタマイズが使いやすかったので、それに比べると物足りませんね。

テレビの視聴はできない

残念ながら「AQUOS sense5G」はテレビの視聴はできません。

元々ワンセグ機能(チューナー機能)がないので仕方ないですね…。

最近のスマホはワンセグ搭載の機種が少ないようです(一部のらくらくスマホのみ)

ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えは高い

ソフトバンク・ワイモバイルから乗り換えると、加入翌月から36ヶ月間は税込4,380円になります(37ヶ月目からは3,980円です)

なぜかというと、他社(ドコモ・au)から乗り換えてほしいので、割引で優遇しているわけですね。

ずっと3,980円なのは「新規契約」または「ドコモ・auからの乗り換え」だけなのでご注意ください。

3年以内に解約すると分割支払金が発生

ジャパネットのスマホは機種代を36回の分割で支払う形式となっています。

ですから3年以内に解約すると残りの機種代を支払う必要があります(スマホは手元に残ります)

スマホを解約しても機種代の分割払いは続くのでご注意ください。

電話かけ放題はシンプルMのみ

通信プラン「シンプルM」の料金には、電話かけ放題の「スーパーだれとでも定額(S)」が含まれます。

しかしシンプルS(3GB)、シンプルL(25GB)は、電話かけ放題がオプションでの追加となり基本料金には含まれません。

シンプルS、シンプルLで話し放題にする場合は、別料金として税込1,870円がかかります。

そう考えると特別な理由がない限り「シンプルM」を選んだほうがお得ですね。

訪問サービスは必ず必要

ジャパネットのスマホは訪問サービスによる契約のみとなります。

店舗(ワイモバイルショップ)での契約はできません。

自宅に誰か来るのが嫌な人は他の携帯電話会社を選ぶしかないですね。

2021年モデル(AQUOS sense5G)と2020年モデル(AQUOS sense3)の違いを比較しました

2021年モデル(AQUOS sense5G)と2020年モデル(AQUOS sense3)の違いを比較しました。

シャープ スマートフォン AQUOS sense3 SHWHM」は2020年9月に発売されたジャパネット限定スマホです。

5Gスマホの「AQUOS sense5G」と4Gスマホの「AQUOS sense3」がどのように違うのか気になりますよね!

高速通信「5G」に対応

最大の違いは対応する無線通信システムです。

「AQUOS sense5G」は5Gと4G、「AQUOS sense3」は4Gと3Gに対応しています。

5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」の略称です。数字が大きいほど高速で大容量の通信が行えます。

つまり「AQUOS sense5G」の方が、大容量の動画もストレスなくダウンロードできて、ゲームなどもスムーズに楽しめるわけですね!

3眼カメラを搭載

「AQUOS sense5G」は3眼カメラを搭載しています(AQUOS sense3は2眼カメラ)

  • 広角カメラ(約1200万画素)
  • 標準カメラ(約1200万画素)
  • 望遠カメラ(約800万画素)

三つ目のトリプルカメラで明るく奥行きがある静止画・動画を撮影できますよ!

また手ブレ補正機能や夜間もきれいに撮れるナイトモードにも対応しています。

高性能CPUを採用

「AQUOS sense5G」のCPUは「Qualcomm Snapdragon 690 5G」です。

「AQUOS sense3」と比べてCPUの処理性能は約1.7倍、データ読み込み速度も約2.4倍とされています。

「AQUOS sense5G」のほうがサクサクとした軽い操作で使えますよ。しかも通信は5Gですから体感速度は相当違うと思います!

バッテリーが長持ち

「AQUOS sense5G」は4570mAhのバッテリーを搭載しています。

さらにシャープ独自の省エネIGZOディスプレイを採用。

動画再生なら13時間、ビデオ通話は6時間も可能になっています(5G接続時)

その他の性能もパワーアップ

「AQUOS sense5G」は、その他の性能もパワーアップしています。

  • 画面サイズ:5.5インチ→5.8インチ
  • OS:Android 9→Android 11
  • 充電時間:約175分→約150分
  • SDカード:最大512GB→最大1TB

ちょっとだけ重くなっていますが(約11g増加)、大きさもほとんど同じですから使いやすさは変わりません。

商品名シャープ 携帯電話 AQUOS sense5G SHWHYシャープ スマートフォン AQUOS sense3 SHWHM
メーカー
シャープ株式会社
カラー・型番ライトカッパー:SHWHY1
ブラック:SHWHY2
オリーブシルバー:SHWHY3
ライトカッパー:SHWHM1
シルバーホワイト:SHWHM2
ブラック:SHWHM3
発売日2021年9月1日2020年9月2日
生産国
中国
本体外形寸法幅71×奥148×高8.9mm幅70×奥147×高8.9mm
本体重量約178g約167g
画面サイズ5.8インチ約5.5インチ
画面ドット数(幅×高)フルHD+(2280×1080)フルHD+(2160×1080)
OSAndroid 11Android 9
CPUSnapdragon 690(SM6350)、2.0GHz+1.7GHz オクタコアSnapdragon 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)+1.8GHz(クアッド)
メモリ
RAM:4GB
内部ストレージ
ROM:64GB
Bluetooth
〇(搭載)
インターフェイス
USB Type-C端子
イヤホンジャック
microSDスロット
SIMカードスロット
最大保存容量
ROM:64GB
充電時間約150分(同梱の試供品使用時)約175分(ACアダプタ:同梱の試供品使用時)
連続通話時間5G:約2,810
4GLTE:約2,810分
3G:約2,330分
GSM:約1,110分
FDD-LTE:約2,680分
連続待受時間5G:約880時間
4GLTE:約880時間
4G:約880時間
3G:約960時間
GSM:約850時間
AXGP:約850時間
FDD-LTE:約850時間
アドレス帳登録可能件数
最大登録件数の制限なし(空きメモリによって異なります)
ワンセグ/テレビ
-(非搭載)
カメラ有効画素数アウトカメラ(広角):約1,200万画素
アウトカメラ(標準):約1,200万画素
アウトカメラ(望遠):約800万画素
インカメラ:約800万画素
アウトカメラ(標準カメラ):約1200万画素
アウトカメラ(広角カメラ):約1200万画素
サブカメラ:約800万画素
世界対応携帯
○(搭載)
赤外線通信(IrDA)
-(非搭載)
対応外部メモリmicroSDXCカード(最大1TB)microSDXCカード(最大512GB)
防水機能
防水:IPX5/8
防塵:IP6X
対衝撃
MIL-STD-810H
備考
※ジャパネットオリジナル
付属品クイックスタート
お願いとご注意
クイックスイッチアダプター(試供品)
急速充電器(試供品)
クイックスタートガイド
急速充電器(ACアダプター)※試供品

ジャパネットファン 5Gスマートフォン イラスト2

ジャパネットモデル(SHWHY)とSIMフリーモデル(SH-M17C)の違いを比較しました

ジャパネットモデル(SHWHY)とSIMフリーモデル(SH-M17C)の違いを比較しました。

AQUOS sense5G SH-M17」は2021年03月12日に発売された関連商品です。

ジャパネット限定モデルとSIMフリーモデルがどのように違うのか気になりますよね!

最大の違いはSIMロックの有無

ジャパネットのスマホは「ワイモバイル」の通信サービスを利用しています。

したがってワイモバイルのSIMロックを解除しないと、他の携帯電話会社のSIMカードを使用できません。

一方、SIMフリーモデルは最初からSIMロックがされていないので、好きな携帯電話会社のSIMカードを挿入して使用できます。

SIMフリーモデルは格安スマホ・格安SIMを選んで使いたい人におすすめですよ。

対応するネットワークと通信速度が異なる

前の項目でも書いたように、ジャパネットモデルの「SHWHY」もSIMロックを解除すると、他の携帯電話会社のSIMカードが使えるようになります。

しかしワイモバイルで最高速度が出るように設計されているため、他社のSIMカードだと遅くなったり通信できない場合があるようです。

一方、SIMフリーモデルの「SH-M17C」は、対応バンド(対応周波数)が多いので、大半の携帯電話会社のネットワークで使えるようになっています。

いろんな携帯電話会社を使い分けるなら、ジャパネットモデルよりSIMフリーモデルのほうが便利ですね。

ちなみに最高通信速度は携帯電話会社によって変化しますのでご注意ください。

SH-M17CはDSDV対応

シムフリーモデルの「SH-M17C」はDSDVに対応しています。

DSDVとは「Dual SIM Dual VoLTE」の略で、2枚のSIMカードを組み合わせて使える機能です。

たとえば1台のスマートフォンで、仕事用の電話番号とプライベート用の電話番号を使い分けられますよ。

海外に行ったときに、待受用は日本のSIMカード、データ通信用は現地のSIMカードにして使うこともできます。

複数の携帯電話会社のSIMカードを利用できるのは便利ですよね。

その他のスペックは大半が共通

SHWHYとSH-M17Cのスペックは大半が共通しています。

「カラー、サイズ、重量、OS、CPU、内蔵メモリ、バッテリー容量、充電時間、ディスプレイ、カメラ、防水・防塵・耐衝撃、便利機能」は全く同じです。

スマホ操作などの使い勝手はほとんど違いが感じられないと思いますよ。

機能・サービス一覧 AQUOS sense5G ジャパネット取扱い端末(SHWHY)AQUOS sense5G SH-M17(SIMフリーモデル)
デザイン
ライトカッパー、ブラック、オリーブシルバー
サイズと重量
約148mm×約71mm×約8.9mm(突起部を除く)
約178g
OS
Android 11
CPU
Qualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platform 2.0GHz+1.7GHz オクタコア
内蔵メモリ
ROM 64GB UFS 2.1/RAM 4GB LPDDR4X
外部メモリ
microSDXCカード(最大1TB)
バッテリー容量
4,570mAh(内蔵電池)
外部接続
USB Type-C
充電時間約150分(同梱の試供品使用時)約150分(SH-AC05使用時)
対応急速充電規格
USB Power delivery Revision3.0
連続通話時間(静止時)5G:約2,810分
4GLTE:約2,810分
VoLTE:約3,120分
3G:約2,420分
GSM:約1,360分
連続待受時間(静止時)5G:約880時間
4GLTE:約880時間
4G:約880時間
LTE:約930時間
3G:約970時間
GSM:約920時間
ディスプレイ約5.8インチ
IGZOディスプレイ
フルHD+ (1,080 × 2,280)
リッチカラーテクノロジーモバイル
のぞき見ブロック(ベールビュー)
リラックスビュー
約5.8インチ
IGZOディスプレイ
フルHD+ (1,080 × 2,280)
リッチカラーテクノロジーモバイル
アウトドアビュー
のぞき見ブロック(ベールビュー)
リラックスビュー
HDR対応フォーマットHDR10・HLG・VP9・YouTube HDRHDR10・HLG・VP9
画質モード
おススメ、標準、ダイナミック、ナチュラル
通信速度【最大通信速度(下り)】
5G:1.8Gbps / 4G:695Mbps

【最大通信速度(上り)】
5G:110Mbps / 4G:46Mbps
5G:受信時最大 2,100Mbps/送信時最大 218Mbps

4G:受信時最大 988Mbps/送信時最大 75Mbps
通信・通話機能【VoLTE/VoLTE(HD+)】
〇/〇

【Wi-Fi】
IEEE802.11a/b/g/n(Wi-Fi 4)/ac(Wi-Fi 5)

【テザリング】
15台(Wi-Fi 10台、USB 1台、Bluetooth(PAN):4台を併用)

【Bluetooth】
Ver.5.1(対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP、HID、OPP、SPP、PBAP、PAN、HOGP)

【赤外線通信対応】
【VoLTE】


【対応バンド】
5G : n3 / n28 /n77 / n78 / n79
LTE : B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B28 / B38 / B39 / B41 / B42
3G : B1 / B2 / B5 / B6 / B8 / B19
GSM : 850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz

【Wi-Fi】
IEEE802.11a/b/g/n(Wi-Fi 4)/ac(Wi-Fi 5)

【テザリング】
15台(Wi-Fi 10台、USB 1台、Bluetooth(PAN):4台を併用)

【Bluetooth】
Ver.5.1(対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP、HID、OPP、SPP、PBAP、PAN、HOGP)

【赤外線通信対応】


【sXGP】
SIMカード
nanoSIM×2 DSDV対応(1基はmicroSDXCカードスロットと排他利用)
対応サービス【ワンセグ/フルセグ】
-/-

【生体認証】
顔認証/指紋センサー

【おサイフケータイ】


【緊急速報メール】


【世界対応ケータイ】


【GPS】
〇(GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)対応)

【オートGPS】


【ハイレゾワイヤレス】


【ハイレゾ】


【OSバージョンアップ】
【ワンセグ/フルセグ】
-/-

【生体認証】
顔認証/指紋センサー

【おサイフケータイ/NFC】
〇/〇

【国民保護情報(Jアラート)にも
対応した緊急警報】

 
【簡易留守録】


【国際ローミング】


【GPS】
〇(GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)対応)

【ハイレゾワイヤレス】


【ハイレゾ】


【OSバージョンアップ】
カメラ
【アウトカメラ(広角)】
有効画素数 約1,200万画素 CMOS
F値 2.4[広角121°焦点距離18mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正

【アウトカメラ(標準)】
有効画素数 約1,200万画素 CMOS
F値 2.0[広角83°焦点距離24mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正

【アウトカメラ(望遠)】
有効画素数約800万画素 CMOS
F値 2.4[広角45°焦点距離53mm相当(35mmフィルム換算値)]
光学2倍
電子式手ブレ補正

【新画質エンジン】
ProPix2

【カメラ機能】
AIオート
AIライブストーリーPro
AIライブシャッター
背景ぼかし
フォーカス再生

【インカメラ】
有効画素数約800万画素 CMOS
F値 2.0[広角78°焦点距離26mm相当(35mmフィルム換算値)]
エモパー
Ver 12.0(出荷時)
ロボクル(別売)に対応
防水/防塵/MIL規格
IPX5/IPX8/IP6X/MIL-STD-810H準拠・ 耐衝撃(落下)など全19項目
便利機能
【UI】
指紋センサー(ジェスチャー操作/Payトリガー)
ロックフォトシャッフル(ロック画面を表示するたびに画像が自動的に切り替わる)
自動画面点灯
Bright Keep(持っている間は画面OFFにならない)
スクロールオート(ニュースやSNSを自動スクロール)

【ツール】
Clip Now(画面の隅から中心に向かってなぞり、スクリーンショットを撮る)
からだメイト(歩数計)
SHSHOW
FMラジオ
Adobe Photoshop Express

【その他】
かんたんモード(快適のための機能を集約)
インテリジェントチャージ(電池に負担の少ない充電)
多言語対応(英語、中国語[簡体字]、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、ポルトガル語などAndroid標準でサポートしている全言語にも対応。)
ARCore
文字入力
S-Shoin3
ホームアプリ
AQUOS Home
AQUOS かんたんホーム
本体付属品クイックスタート
お願いとご注意
クイックスイッチアダプター(試供品)
急速充電器(試供品)
保証書
クイックスタートガイド
急速充電器(ACアダプター USB-PD対応)
クイックスイッチアダプター(試供品)
注意事項


シャープ SHARP 【防水・防塵・おサイフケータイ】AQUOS sense5G ライトカッパー「SH-M17C」Snapdragon 690 5.8型 メモリ/ストレージ:4GB/64GB nanoSIM×2 DSDV対応 ドコモ / au / ソフトバンクSIM対応 SIMフリースマートフォン【rbsp2107】

AQUOS sense5G SHWHYについて管理人JAPAOの口コミと感想です

最後に「AQUOS sense5G SHWHY」について管理人JAPAOの口コミと感想を書きますね。

正直ジャパネットが5Gスマホを販売するのは驚きました!!

今まではちょっと前のスマホが多かったので…(おそらくサポートしやすいからでしょうね)

でも今回の「AQUOS sense5G」はバリバリの最新モデルです。

必要な機能は全て揃っていますから、大半の人は満足できると思いますよ。

単純に料金だけを比べるともっと安い会社もあるけれど、大手キャリアと同じ安定した回線でサポートも安心なのはメリットだと思います。

まだ5G対応エリアは都市部に限定されるので、4Gで使いながらエリアが拡大されるのを待つと良いでしょう。

スマホ初心者だけど5Gも試したいよくばりな人におすすめのスマホです!

AQUOS sense5G SHWHYのセールスポイント

「AQUOS sense5G SHWHY」のセールスポイントです。

  • ジャパネットオリジナルの5Gスマートフォンです
  • 高速大容量5G(新周波数)で大容量の動画もストレスなくダウンロード
  • 5Gなら人混みの中でもスムーズにつながります
  • 3つのカメラで一眼レフのような写真が撮れます
  • 望遠カメラ(約800万画素)、広角カメラ(約1,200万画素)、標準カメラ(約1,200万画素)を搭載
  • 高い透過率で消費電力を低減するシャープ独自のIGZOディスプレイ
  • 最長1週間の長持ちバッテリー(4,570mAh)
  • 幅広いシーンで安心して使える防水・防じん・耐衝撃構造
  • 大きな文字とアイコンで見やすい「AQUOSかんたんホーム」
  • スマホ初心者でも迷わず使いやすい設計のホーム画面です
  • 次の機種変更までずっと定額の月々3,980円(税込)
  • 話し放題オプションの「スーパーだれとでも定額(S)」
  • 時間・回数の制限無しで電話が話し放題です
  • 月々15GBのデータ通信容量(シンプルM加入の場合)
  • 専門スタッフがご自宅に訪問して手続きを行うから安心
  • 契約手続きと同時に操作方法のレッスンもするから安心
  • わからないときはジャパネットコールセンターで対応

AQUOS sense5G SHWHYのジャパネット価格(2021年9月3日現在)

「AQUOS sense5G SHWHY」のジャパネット価格です。

  • 新規契約:月々3,980円(税込)
  • ドコモ/auから乗り換え:月々3,980円(税込)
  • ソフトバンク/ワイモバイルから乗り換え:月々4,380円(税込)

※シンプルM、スーパーだれとでも定額(S)、特別割引適用時、本体代含む。
※新規またはドコモ/auから乗り換えは、3年目以降も同じスマホを利用した場合の価格です。
※ソフトバンク/ワイモバイルから乗り換えは、加入翌月から36ヶ月間までの価格です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。700万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!