ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト1

ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト1

《おしゃれなガラスドアを採用した2018年型のジャパネットオリジナル限定モデル》

「東芝 GR-469FD ベジータ」はジャパネットたかたが販売する冷蔵庫です。

容量462Lのフレンチドアタイプ。幅65cmのスリム設計。上品なガラスドアを採用しています。野菜室が中段にある「真ん中野菜室」が特長です。

カラーは「サテンゴールド、グランホワイト」の2種類です。付属品は「取扱説明書、前面グリル、調整脚用工具、保証書」の点です。

「東芝 GR-469FD ベジータ」のジャパネット通常価格は税別189,800円です。

本日(2018年7月14日)は「ジャパネットチャレンジデー」なので、「送料無料+25,000円値引き+標準取付工事費込み」のうえ、古い冷蔵庫の下取りサービスを利用すると「30,000円下取り」の税別134,800円で購入できます(2018年7月14日24時まで)

また容量509Lの「東芝 GR-519FD ベジータ」も販売されており、ジャパネット通常価格は税別199,800円です。

本日(2018年7月14日)は「ジャパネットチャレンジデー」なので、「送料無料+25,000円値引き+標準取付工事費込み」のうえ、古い冷蔵庫の下取りサービスを利用すると「30,000円下取り」の税別144,800円で購入できます(2018年7月14日24時まで)

さらにジャパネット公式サイトから注文すると、次回の購入から使える「ジャパネットWEBクーポン1,000円分」がもらえます(2018年7月14日24時まで)

スポンサーリンク

東芝 GR-469FD ベジータの商品概要

こちらの商品は「東芝 VEGETA(ベジータ)」シリーズの462Lモデルです。

容量の内訳は「冷蔵室237L、チルドルーム16L、冷凍室104L、野菜室103L、製氷室18L」となっています。

両開きのフレンチドアタイプ。シンプルでスタイリッシュなガラスドアを採用しています。

スリムなのに大容量

「東芝 GR-469FD ベジータ」は東芝独自の「マジック大容量」でスリムな幅65cmなのに462Lの大容量を実現しています。マジック大容量とは冷蔵室と野菜室背面の外壁をウレタンレスの断熱構造にすることで薄型化。外壁の厚みを約60%カットして庫内のスペースを拡大しました。

細部にこだわった使いやすさ

「東芝 GR-469FD ベジータ」は野菜室を中段に配置した「まんなか野菜室」を採用しています。最も使用頻度が高い野菜室を真ん中に置くことで、出し入れが簡単になり膝や腰への負担も抑えられます。

独自の技術で鮮度を守る

「東芝 GR-469FD ベジータ」は東芝独自の技術で食材の鮮度と美味しさを守ります。「新鮮ツイン冷却システム」を採用。独立した2つの冷却器で2種類の冷気を生み出します。

冷蔵室・野菜室用の冷却器は、鮮度や風味を保つために水分を含んだ「うるおい冷気」、製氷室・冷凍室用の冷却器はおいしさ・栄養素を守るために、大風量で一気に凍らせる「パワフル冷気」を放出します。

さらに新開発の「ミストチャージユニット(透湿ユニット)」が冷気中の水分だけを抽出して野菜室内に入れ、野菜に適した低温・高湿度環境にコントロールします。これにより乾燥も結露もなく鮮度とおいしさが長持ちします。

東芝 GR-469FD ベジータはジャパネットオリジナルモデル

「東芝 GR-469FD ベジータ」はジャパネットたかたと東芝ライフスタイルが共同開発したジャパネットオリジナルの限定モデルです。

ジャパネットだけで購入できる限定商品なので一般の家電量販店では購入できません。

たとえばビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオンなどのお店では販売されていないのでご注意ください(店員さんに聞いても分からないと思います)

またAmazon、楽天、ヤフーショッピングなどのネット通販サイトでも取扱はないようです。

さらに価格比較サイトの「価格.com(カカクコム)」に商品情報が登録されていないため、ユーザーの口コミや評判を読むこともできませんでした。

462Lモデル(GR-469FD)と509Lモデル(GR-519)の違いを比較

容量462Lの「GR-469FD」と容量509Lの「GR-519」の違いを比較してみましょう。

主な違いは「サイズ、重量、容量、省エネ基準達成率、消費電力、電気代の目安」となっています。他の機能・性能に違いはありませんでした。

サイズの違いは「奥行き」だけとなっています。「GR-519」のほうが5cm大きいので設置する前に確認されたほうがよいでしょう。

「GR-519」のほうが容量が47L増えている分、重量も4kg重くなっています。

また省エネ基準達成率と消費電力も異なっています。1年間の電気代は「GR-469FD」が約6,966円、「GR-519」が約7,317円なので約351円の差があります。

商品名東芝 冷凍冷蔵庫 462L GR-469FD東芝 冷凍冷蔵庫 509L GR-519FD
カラー・型番サテンゴールド GR-469FD(EC)
グランホワイト GR-469FD(EW)
サテンゴールド GR-519FD(EC)
グランホワイト GR-519FD(EW)
本体外形寸法幅650x奥649x高1,833mm(ハンドル・調整脚を除く)幅650x奥699x高1,833mm(ハンドル・調整脚を除く)
本体重量108kg112kg
定格内容積(総容積)462L509L
冷蔵室容量237L<179L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
260L<199L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
チルドルーム容量16L(冷蔵室容量に含まれます)19L(冷蔵室容量に含まれます)
冷凍室容量104L<65L>製氷室除く
※< >内は食品収納スペースの目安です。
117L<74L>製氷室除く
※< >内は食品収納スペースの目安です。
野菜室容量103L<68L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
112L<76L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
製氷室容量18L<6L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
20L<7L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
省エネ基準達成率102%:目標年度2021年103%:目標年度2021年
消費電力(W)258kWh/年271kWh/年
電気代の目安約6,966円
(1kWhあたり27円で算出)
約7,317円
(1kWhあたり27円で算出)

東芝 GR-469FD ベジータと市販モデル(GR-M460FD)の違いを比較


東芝 462L 6ドアノンフロン冷蔵庫 VEGETA サテンゴールド GRM460FDEC

「東芝 GR-469FD ベジータ」はジャパネットオリジナルの限定モデルなので、ベースとなった製品は公表されていません。

しかし2017年9月に発売された市販モデルのFDシリーズ「東芝 VEGETA GR-M460FD」のスペックが近いので違いを比較してみましょう。

機能に関しては、以下のように共通しており違いは見られませんでした。ただし細部が異なる可能性もあるので調査を続けます。

  • 新鮮 摘みたて野菜室
  • チルドルーム(速鮮チルド)
  • 切替冷凍室・冷凍室・製氷室
  • マジック大容量・ラクラク収納
  • 省エネ設計(ecoモード)

仕様については、市販モデルのほうが重量が約1kg軽く、野菜室の収納スペースの容量も市販モデルのほうが多くなっています。

商品名東芝 冷凍冷蔵庫 462L GR-469FD東芝 VEGETA GR-M460FD
カラー・型番サテンゴールド GR-469FD(EC)
グランホワイト GR-469FD(EW)
サテンゴールド GR-M460FD(EC)
グランホワイト GR-M460FD(EW)
発売日2018年6月中旬2017年9月下旬
本体重量108kg107kg
野菜室容量103L<68L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
103L<71L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「東芝 GR-469FD ベジータ」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

こちらの「東芝 GR-469FD ベジータ」はジャパネット限定モデルです。しかし市販モデルとあまり変わらない仕様のようです。

たとえば野菜の鮮度を守る「ミストチャージユニット」や肉や魚の鮮度を保つ「速鮮チルド」、野菜を生のまま冷凍できる「野菜そのまま冷凍」など、市販モデルと同じ機能を備えています。

したがって市販モデルの「東芝 VEGETA GR-M460FD」と価格を比較して購入を検討されたほうがよいでしょう。

2018年7月14日の「ジャパネットチャレンジデー」では、「東芝 GR-469FD ベジータ」を税込145,584円で購入できます。

値引きの適用には「古い冷蔵庫の下取りサービス」を利用する必要がありますが、送料無料のうえ「標準設置費無料」なのでお買い得なのではないでしょうか。

おすすめ度:星3個

東芝 GR-469FD ベジータの製品仕様

「東芝 GR-469FD ベジータ」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社の冷蔵庫と比較して検討してみてくださいね。

商品名東芝 冷凍冷蔵庫 462L GR-469FD
メーカー東芝ライフスタイル株式会社
カラー・型番サテンゴールド GR-469FD(EC)
グランホワイト GR-469FD(EW)
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2018年6月中旬
生産国中国
本体外形寸法幅650x奥649x高1,833mm(ハンドル・調整脚を除く)
本体重量108kg
冷蔵室・ドア開閉タイプ両開き
定格内容積(総容積)462L
冷蔵室容量237L<179L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
チルドルーム容量16L(冷蔵室容量に含まれます)
冷凍室容量104L<65L>製氷室除く
※< >内は食品収納スペースの目安です。
野菜室容量103L<68L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
製氷室容量18L<6L>
※< >内は食品収納スペースの目安です。
自動製氷機能あり
省エネ基準達成率102%:目標年度2021年
消費電力(W)258kWh/年
電気代の目安約6,966円
(1kWhあたり27円で算出)
ガラスドアあり
備考※ジャパネットオリジナル
使用時の消費電力量は、設置の仕方、各庫内の温度設定、周囲温度や湿度、ドア開閉頻度、新しく入れる食品の量や温度、使い方等により変動する場合があります。
付属品取扱説明書、前面グリル、調整脚用工具、保証書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。100万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットの最新商品レビューはこちらです

error: Content is protected !!