ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 電子レンジ・オーブン イラスト1

ジャパネットファン 電子レンジ・オーブン イラスト1

「東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-JD900」はジャパネットオリジナルの限定モデルです。角皿に汚れにくい「とれちゃうコート」を採用。容量が26Lになり旧モデルより4Lも小さくなりました。

おすすめ度:星3個

スポンサーリンク

東芝 石窯ドーム ER-JD900の商品説明

「東芝 石窯ドーム ER-JD900」は2020年2月発売の過熱水蒸気オーブンレンジです。

庫内26Lのコンパクトモデル。外形寸法は横幅48x奥行39x高さ35cmのため設置スペース選びません。

充実したレンジ機能とオーブン機能

  • 庫内をダブルで検知する「赤外線センサー&温度センサー」
  • 「はじけやすい料理」を出力を調整しながら加熱する「おかずあたため」機能
  • 最高1000Wの高出力ですばやく加熱する「ごはんあたため」機能
  • 市販のパンをヒーターとレンジであたためる「ふっくらパン」機能
  • 霧吹きで水をかけて揚げ物をカラッとさせる「カラッとあたため」機能
  • ラップなしでしっとりあたためる「スチームあたため」機能
  • -10度~90度の設定した温度であたためる「お好み温度あたため」機能
  • 食材や用途によって使い分けられる「お急ぎ解凍/スチーム全解凍/さしみ・半解凍」機能
  • 焼き目を付けながら焼き上げる「トースト・スチームトースト(裏返し)」機能

健康によいヘルシー料理を作れる機能

  • 100度を超える水蒸気で油や塩分をカットする「過熱水蒸気調理」
  • 油を使わず揚げ物を作れる「ノンフライ調理」
  • 蒸し器やせいろ不要で蒸し料理を作れる「スチーム調理」

毎日便利な時短・お手軽メニュー

  • 鍋やフライパン不要で作れる「スピードメニュー(3分・5分・7分)」
  • 食材と調味料をボウルに入れるだけの「おつまみ1分メニュー」
  • パン生地を「こねる」手間いらずの「お手軽パン」
  • めんどうな下ごしらえ不要の「下ごしらえの手間を省いたメニュー」
  • 深皿と角皿を両方使って作れる「同時調理」メニュー

お手入れ簡単な便利機能

  • 焦げや汚れがつきにくい東芝独自の「とれちゃうコート」
  • 10分間のスチームで汚れを落としやすくする「手間なしお手入れコース」
  • 結露した水滴やパン粉などが落ちても外して洗える「ワイド水受け」
  • 高温で庫内に残ったニオイのもとを焼き切る「脱臭モード」

東芝 石窯ドーム ER-JD900の長所・メリット

「東芝 石窯ドーム ER-JD900」の長所・メリットです。

ジャパネット限定モデル

「東芝 石窯ドーム ER-JD900」はジャパネットオリジナルの限定モデルです。

東芝ライフスタイルとジャパネットが共同企画した限定商品のため他店では買えません。

旧型よりコンパクトになった

ER-JD900の外形寸法は「幅48x奥行39x高さ35cm」です。

旧モデル(ER-JZ5000)は「幅50x奥行41.6x高さ38.8cm」だったのでコンパクトになりました。

本体質量も17kgから14kgになり3kgも軽量化されています。

旧型より省エネになった

ER-JD900の年間消費電力量は「73.4kWh」です。

旧モデル(ER-JZ5000)は「76.3kWh」だったので省エネ化されました。

自動メニューが増えた

ER-JD900の自動メニューは「92種類」です。

旧モデル(ER-JZ5000)は「90種類」だったので2種類も追加されました。

「とれちゃうコート」を採用

ER-JD900は角皿に「とれちゃうコート」を採用しています。

表面に微細なセラミック粒子のコーティングが施されており、食材がこびりつきにくく汚れも拭き取れます。

東芝 石窯ドーム ER-JD900の短所・デメリット

「東芝 石窯ドーム ER-JD900」の短所・デメリットです。

旧型より容量が小さくなった

ER-JD900の総庫内容量は「26L」です。

旧モデル(ER-JZ5000)は「30L」だったので4Lも小さくなってしまいました。

色の種類が少なくなった

ER-JD900は「グランレッド/グランホワイト」の2色から選べます。

旧モデル(ER-JZ5000)は「グランレッド/グランホワイト/グランブラウン」の3色だったので1色減ってしまいました。

東芝 石窯ドーム ER-JD900に仕様が似ているのはER-TD80

ジャパネットモデルのER-JD900と仕様が似ているのは市販モデルの「東芝 石窯ドーム ER-TD80」です(2019年8月発売)

以下の項目が共通点となっています。

  • 本体外形寸法(幅480x奥行390x高さ350mm)
  • 本体質量(約14kg)
  • 庫内有効寸法(幅376x奥行320x高さ198mm)
  • 総庫内容量(26L)
  • 年間消費電力量(73.4kWh/年)
  • レンジ消費電力/出力(1430W/1000W)
  • オーブン消費電力/出力(1220W/オーブン1150W・グリル800W)
  • 自動メニュー数(92種類)
  • 解凍機能(お急ぎ解凍/スチーム全解凍/さしみ・半解凍)
  • 庫内コーティング(遠赤・脱臭ブラックコート)

ジャパネットモデルとの違いは以下の2点です。

  • 角皿(とれちゃうコートはジャパネットモデルのみ)
  • 本体カラー(ジャパネットモデルは2色から選べる)

まとめ:2020年モデルは容量が小さくなり軽量コンパクト化

ジャパネットオリジナルの「東芝 石窯ドーム ER-JD900」について感想をまとめます。

2020年モデルは容量が4Lも小さくなったので旧型(ER-JZ5000)より少人数向けになりました。

ほぼ同じ仕様の市販モデル「東芝 石窯ドーム ER-TD80」は38,000円~40,000円で売られているようです(2020年2月13日現在)

それより安いのであればジャパネットモデルのER-JD900はお買い得だと言えるでしょう。

東芝 石窯ドーム ER-JD900の製品仕様

「東芝 石窯ドーム ER-JD900」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社のオーブンレンジと比較して検討してみてくださいね。

商品名東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-JD900
メーカー東芝ライフスタイル株式会社
カラー・型番グランレッド ER-JD900(R)
グランホワイト ER-JD900(W)
発売日2020年2月中旬
生産国タイ
本体外形寸法幅480x奥390x高350mm
本体質量約14kg
庫内有効寸法幅376x奥320x高198mm
庫内容積26L
皿サイズ(cm)フラット庫内
対応周波数ヘルツフリー(50Hz/64Hz)
年間消費電力量約73.4kWh/年(電子レンジ機能58.0kWh/年・オーブン機能15.4kWh/年・待機時0.0kWh/年)
消費電力年間消費電力量 73.4kwh/年
レンジ最大消費電力/出力(W)1,430/1000
オーブン最大消費電力/出力(W)約1,220/1,150
グリル最大消費電力/出力(W)約1,220/800
自動メニュー92
解凍機能お急ぎ解凍/スチーム全解凍/さしみ半解凍
清掃性遠赤・脱臭ブラックコート
角皿(とれちゃうコート)
付属品角皿x1、取扱説明書兼料理集x1

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。500万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットファンは何者??

error: Content is protected !!