ジャパネットファン ロゴ画像
ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットオリジナルの「ダイキン エアコン Nシリーズ AJT22ZNS」と市販品(Eシリーズ AN22ZES)の違いを比較しました。AJT22ZNSはオリジナル機能「カビないスティック」を搭載。AN22ZESには12畳用がラインナップされています。

※その他の商品は「ジャパネットのエアコン」の記事一覧をご覧ください。

スポンサーリンク

ジャパネットモデル(AJT22ZNS)と市販モデル(AN22ZES)の違いを比較しました

ジャパネット限定の「ダイキン エアコン Nシリーズ AJT22ZNS」は2022年5月に発売された商品です。

一方、市販品の「ダイキン エアコン Eシリーズ AN22ZES」は2022年3月に発売された量販店向けモデルとなっています。

どちらもフィルター自動掃除機能なしのスタンダードモデルとされています。

とてもスペックが似ている商品です。どこがどのように違うのか気になりますよね!

外見の違い

AJT22ZNSとAN22ZESの外見の違いを比較しました。

室内ユニットの部品に関しては以下が一致しています。

  • 吸込口(上面)
  • 前面パネル
  • エアーフィルター(黒色、左右2ヵ所)
  • 抗ウイルスフィルター(表面:白色)
  • ストリーマユニット(灰色)
  • 吹出口
  • ルーバー(左右風向調節羽根、吹出口内部・左右2ヵ所)
  • フラップ(上下風向調節羽根)
  • 機種名
  • 本体表示部
  • 電源コード
  • 電源プラグ

本体表示部についても以下が一致していました。

  • 受信部
  • 運転ランプ(緑色)
  • ライマーランプ(橙色)
  • 内部クリーンランプ(緑色)
  • 運転/停止ボタン
  • 室内温度センサー部

付属のリモコンは以下のボタンが共通していました。

  • 自動ボタン
  • 停止ボタン
  • 冷房ボタン
  • ドライボタン
  • 暖房ボタン
  • 送風ボタン
  • 温度ボタン
  • 風量ボタン
  • ストリーマ空気清浄ボタン
  • 風ないスボタン
  • 風向上下ボタン
  • 風向左右ボタン
  • 水内部クリーンボタン
  • おやすみボタン
  • サインリセットボタン
  • 高温防止ボタン
  • タイマー入ボタン
  • タイマー切ボタン
  • タイマー取消ボタン

AJT22ZNSとAN22ZESの外見は共通しており違いはありませんね。

仕様の違い

AJT22ZNSとAN22ZESの仕様の違いを比較しました。

結論を書くと仕様は全く同じで違いは見られませんでした。

冷暖房能力、消費電力、運転音、対応する面積、室内機・室外機の外形寸法と質量、付属品も共通です。

機種室内機:AJT22ZNS-W
室外機:AJR22ZNS
室内機:AN22ZES-W
室外機:AR22ZES
種類冷房・暖房兼用セパレート形(インバーター)冷房・暖房兼用セパレート形(インバーター)
電源単相/100V
室内電源
単相/100V
室内電源
冷房能力2.2kW2.2kW
冷房の消費電力580W580W
冷房の運転電流6.7A(最大14.0A)6.7A(最大14.0A)
冷房の運転音室内機:62dB
室外機:60dB
室内機:62dB
室外機:60dB
冷房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
暖房能力2.2kW2.2kW
暖房低温能力2.8kW2.8kW
暖房の消費電力470W470W
暖房の低温消費電力1130W1130W
暖房の運転電流5.4A(最大14.5A)5.4A(最大14.5A)
暖房の運転音室内機:62dB
室外機:60dB
室内機:62dB
室外機:60dB
暖房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
木造南向き和室:8㎡
鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
木造南向き和室:8㎡
通年エネルギー消費効率(JIS C 9612:2005)5.85.8
通年エネルギー消費効率(区分名)AA
通年エネルギー消費効率(JIS C 9612:2013)5.85.8
外形寸法(高さ×幅×奥行)室内機:285×770×233mm
室外機:550×675×284mm
室内機:285×770×233mm
室外機:550×675×284mm
質量室内機:8kg
室外機:20kg
室内機:8kg
室外機:20kg
付属品取扱説明書、保証書、リモコン、単4形アルカリ乾電池×2本、抗ウイルスフィルター取扱説明書、保証書、リモコン、単4形アルカリ乾電池×2本、抗ウイルスフィルター

機能の違い

AJT22ZNSとAN22ZESの機能の違いを比較しました。

以下の機能は完全に一致しており違いは見られませんでした。

  • 水内部クリーン(結露水洗浄)
  • オートスイング(立体/上下/左右)
  • ストリーマ空気清浄
  • ストリーマ内部クリーン
  • クリアコート熱交換器
  • 低外気タフネス暖房(-15℃対応)
  • コンパクトな室内機(幅770mm)
  • ヒートブースト制御
  • 風ないス運転
  • PIT(ピット)制御(0.5℃単位の温度調節)
  • ワンタッチ入・切タイマー
  • 自動運転(冷房・ドライ・暖房を自動選択)
  • 9段階セレクトドライ(0.5℃単位で9段階の湿度調節)
  • おやすみ運転
  • 抗ウイルスフィルター
  • 「高温防止」モード
  • 高外気タフネス冷房(50℃対応)

さらにAJT22ZNSはジャパネット限定機能の「カビないスティック」を搭載しています。

カビないスティックは、防カビ・抗菌効果のある有効成分がドレンパン内部に流れてカビを抑制する機能です。

ストリーマが届かないところまでカビの繁殖を抑えてくれるのでうれしい機能ですね!

ちなみにAJT22ZNSの取扱説明書に説明が一切なかったので、本当にカビないスティックを搭載しているのか半信半疑でした。

しかしダイキン公式のパーツリストを調べたところ、エアコン室内機の内部にカビないスティックを内蔵していることが確認できました。

ユーザーからは全く見えない場所の機能なので、できれば説明書で簡単に解説してもらえると良いのではないでしょうか。

対応する畳数の違い

ジャパネット限定「ダイキン Nシリーズ」と量販店向け「ダイキン Eシリーズ」の対応する畳数の違いを調べました。

ジャパネット限定「ダイキン Nシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • AJT22ZNS-W(主に6畳)
  • AJT25ZNS-W(主に8畳)
  • AJT28ZNS-W(主に10畳)
  • AJT40ZNP-W(主に14畳)
  • AJT56ZNP-W(主に18畳)

量販店向け「ダイキン Eシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • AN22ZES-W(主に6畳)
  • AN25ZES-W(主に8畳)
  • AN28ZES-W(主に10畳)
  • AN36ZES-W(主に12畳)
  • AN40ZEP-W(主に14畳)
  • AN56ZEP-W(主に18畳)

量販店向け「ダイキン Eシリーズ」には12畳用のAN36ZES-Wがありますね。

ジャパネット向けのNシリーズには12畳用がないので、該当の畳数が必要な人は市販のEシリーズを選びましょう。


AN-36ZES-W ダイキン 【2022年モデル】【標準工事セットエアコン】(10000円分工事費込) おもに12畳用 (冷房:10〜15畳/暖房:9〜12畳) Eシリーズ (ホワイト)

価格の違い(2022年6月28日現在)

AJT22ZNSとAN22ZESの価格の違いを比較しました。

AJT22ZNSのジャパネット価格は以下となっています。

  • ジャパネット通常価格:税込114,800円(送料3,960円)
  • 値引き後価格:税込99,800円(送料3,960円、標準取付工事費無料)

※古いエアコンの取り外しを希望する場合は取り外し料金(税込4,950円~)が発生します。
※古いエアコンの引き取りを希望する場合はリサイクル・収集運搬料金(税込2,640円~)が発生します。

AN22ZESのジャパネット価格は以下となっています。

  • ジャパネット通常価格:税込114,800円(送料3,960円)
  • 値引き後価格:税込99,800円(送料3,960円、標準取付工事費無料)

※古いエアコンの取り外しを希望する場合は取り外し料金(税込4,950円~)が発生します。
※古いエアコンの引き取りを希望する場合はリサイクル・収集運搬料金(税込2,640円~)が発生します。

まとめ(AJT22ZNSはオリジナル機能「カビないスティック」を搭載!)

最後にAJT22ZNSとAN22ZESの違いを比較した結果をまとめますね。

主な違いは以下となっています。

  • AJT22ZNSはジャパネットオリジナル機能「カビないスティック」を搭載
  • 量販店向け「ダイキン Eシリーズ」には12畳用がある(ジャパネットのNシリーズは12畳用なし)

その他の機能・性能は全く同じです。違いはありません。

ジャパネットモデルのAJT22ZNSは「カビないスティック」を搭載しているので高機能ですね!

せっかくのセールスポイントなのにテレビショッピング等で全く触れないのが残念です…。

エアコン室内機の内部に、防カビ・抗菌効果がある棒状の薬剤が貼り付けられていて、じわじわと有効成分が溶け出すという地味な機能なので、説明しにくいのでしょうか???

もしもAJT22ZNSとAN22ZESが同じ値段で売っていたら「カビないスティック」がある分、ジャパネットモデルのほうがお得ですよ。

ただしジャパネットの「ダイキン Nシリーズ」には12畳用がないので、12畳用が欲しい人は量販店向けの「ダイキン Eシリーズ」を選びましょう。

またジャパネット以外の大手家電量販店も「AN22ZES」をベースにしたオリジナルモデルを販売しています(ビックカメラ、ケーズデンキ、エディオンなど)

気になる人は、そちらもチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。900万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットウォーター「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!