ジャパネットファン ロゴ画像
ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットで買える「ダイキン エアコン Nシリーズ AJT22ZNS」と前モデル(AJT22YNS)の違いを比較しました。ストリーマ空気清浄と内部クリーンで清潔。2022年型は抗ウイルスフィルターと高温防止モードを搭載しています。

※その他の商品は「ジャパネットのエアコン」の記事一覧をご覧ください。

スポンサーリンク

2022年型(AJT22ZNS)と2021年型(AJT22YNS)の違いを比較しました

2022年型の「ダイキン エアコン Nシリーズ AJT22ZNS」は2022年5月1日に発売された商品です。

一方、2021年型の「ダイキン エアコン Nシリーズ AJT22YNS」は2021年4月1日に発売された商品です。

どちらもフィルター自動掃除機能なしのジャパネットオリジナルモデルとなっています。

見た目はソックリで違いは無さそうですね。とは言え細部が異なる可能性もあるので詳しく調査しましたよ!

外見の違い

AJT22ZNSとAJT22YNSの外見の違いを比較しました。

室内ユニットは以下の部品が一致していました。

  • 吸込口(上面)
  • 前面パネル
  • エアフィルター(黒色)
  • ストリーマユニット(灰色)
  • 吹出口
  • ルーバー(左右風向調節羽根)
  • フラップ(上下風向調節羽根)
  • 機種名
  • 電源コード
  • 電源プラグ

ただしAJT22ZNSは「集塵・脱臭フィルター(灰色)」が「抗ウイルスフィルター(表面:白色)」に変更されています。

本体表示部は以下の内容が一致していました。

  • 受信部
  • 運転ランプ(緑色)
  • タイマーランプ(橙色)
  • 内部クリーンランプ(緑色)
  • 運転/停止ボタン
  • 室内温度センサー部

リモコンは以下のボタンが一致していました。

  • 自動ボタン
  • 停止ボタン
  • 冷房ボタン
  • ドライボタン
  • 暖房ボタン
  • 送風ボタン
  • 温度ボタン
  • 風量ボタン
  • ストリーマ空気清浄ボタン
  • 風ないスボタン
  • 風向上下ボタン
  • 風向左右ボタン
  • 水内部クリーンボタン
  • おやすみボタン
  • サインリセットボタン
  • タイマー入ボタン
  • タイマー切ボタン
  • タイマー取消ボタン

さらにAJT22ZNSのリモコンには「高温防止ボタン」が追加されていました。

仕様の違い

AJT22ZNSとAJT22YNSの仕様の違いを比較しました。

主な違いは「冷房の消費電力、冷房の運転電流、暖房の低温消費電力、暖房の運転電流、付属品」です。

2022年型のAJT22ZNSは少しだけ消費電力が増えていますね。

付属品については前の項目でも書いたように、据付時に取り付けるフィルターが「集塵・脱臭フィルター」から「抗ウイルスフィルター」に変更されました。

その他の冷暖房能力、消費電力、運転音、室内機と室外機の寸法・質量については共通で違いは見られませんでした。

機種室内機:AJT22ZNS-W
室外機:AJR22ZNS
室内機:AJT22YNS-W
室外機:AJR22YNS
種類冷房・暖房兼用セパレート形(インバーター)冷房・暖房兼用セパレート形(インバーター)
電源単相/100V
室内電源
単相/100V
室内電源
冷房能力2.2kW2.2kW
冷房の消費電力580W570W
冷房の運転電流6.7A(最大14.0A)6.6A(最大14.0A)
冷房の運転音室内機:62dB
室外機:60dB
室内機:62dB
室外機:60dB
冷房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
暖房能力2.2kW2.2kW
暖房低温能力2.8kW2.8kW
暖房の消費電力470W470W
暖房の低温消費電力1130W1100W
暖房の運転電流5.4A(最大14.5A)5.4A(最大14.9A)
暖房の運転音室内機:62dB
室外機:60dB
室内機:62dB
室外機:60dB
暖房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
木造南向き和室:8㎡
鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
木造南向き和室:8㎡
通年エネルギー消費効率(JIS C 9612:2005)5.85.8
通年エネルギー消費効率(区分名)AA
通年エネルギー消費効率(JIS C 9612:2013)5.85.8
外形寸法(高さ×幅×奥行)室内機:285×770×233mm
室外機:550×675×284mm
室内機:285×770×233mm
室外機:550×675×284mm
質量室内機:8kg
室外機:20kg
室内機:8kg
室外機:20kg
付属品取扱説明書、保証書、リモコン、単4形アルカリ乾電池×2本、抗ウイルスフィルター取扱説明書、保証書、リモコン、単4形アルカリ乾電池×2本、集塵・脱臭フィルター

機能の違い

AJT22ZNSとAJT22YNSの機能の違いを比較しました。

以下の機能は一致しており違いは見られませんでした。

  • ストリーマ空気清浄(ストリーマ放電の分解力で空気をキレイにする)
  • ストリーマ内部クリーン(内部の汚れを落としてカビやニオイを抑える)
  • 水内部クリーン(結露水を利用して熱交換器を洗浄)
  • クリアコート熱交換器(熱交換器の表面に汚れが落ちやすい加工を採用)
  • オートスイング(立体/上下/左右)
  • 風ないス運転(風があたりにくいように気流制御)
  • PIT(ピット)制御(0.5℃単位で温度コントロール)
  • 自動運転(室内・室外の温度で運転モードを自動選択)
  • ヒートブースト制御(設定温度まで一気に暖房)
  • 9段階セレクトドライ(0.5℃単位で9段階の湿度調節)
  • おやすみ運転(気流の向きや風量などをコントロール)
  • ワンタッチ入・切タイマー(入タイマーと切タイマーを同時に設定可能)

さらにAJT22ZNSは以下の新機能を搭載しています。

  • 抗ウイルスフィルター
  • 「高温防止」モード
  • タフネス暖房・冷房(-15℃~50℃対応)

「抗ウイルスフィルター」はフィルターに付着したウイルスを抑制する効果を発揮します。

前モデルは抗ウイルス効果のない「集塵・脱臭フィルター」だったので機能アップしていますね。

ちなみにフィルター交換の目安は約3年とされています。

「高温防止モード」は部屋が高温になると自動で冷房運転を開始する機能です。

リモコンの高温防止ボタンを約2秒間押すと設定されます。

室内温度が28℃以上になると冷房運転を開始。温度が下がると自動で停止します。

「タフネス暖房・冷房」は低外気・高外気でも運転可能な室外機です。

前モデルは「-15℃~46℃対応」だったのですが、AJT22ZNSは「-15℃~50℃対応」に強化されています。

なお以下の機能については現在確認中です。

  • カビないスティック(ドレンパン内部の防カビ・抗菌加工)

「カビないスティック」は、エアコン内部にスティック状の防カビ・抗菌剤が貼ってあり、ドレンパンに有効成分が溶け出してカビを抑制するというものです。

前モデル(AJT22YNS)はジャパネット限定機能として宣伝していたのですが、なぜか2022年型では一切触れられていません。

しかし2022年型のAJT22ZNSも「カビないスティック」を搭載している可能性があるので、確認が取れましたら情報を追加しますね。

対応する畳数の違い

2022年型「ダイキン Nシリーズ」と2021年型「ダイキン Nシリーズ」の対応する畳数の違いを比較しました。

2022年型「ダイキン Nシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • AJT22ZNS-W(主に6畳)
  • AJT25ZNS-W(主に8畳)
  • AJT28ZNS-W(主に10畳)
  • AJT40ZNP-W(主に14畳)
  • AJT56ZNP-W(主に18畳)

2021年型「ダイキン Nシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • AJT22YNS-W(主に6畳)
  • AJT25YNS-W(主に8畳)
  • AJT28YNS-W(主に10畳)
  • AJT40YNP-W(主に14畳)
  • AJT56YNP-W(主に18畳)

2022年型も2021年型も5種類の型番があります。違いはありませんね。

価格の違い(2022年5月25日現在)

AJT22ZNSとAJT22YNSの価格の違いを比較しました。

AJT22ZNSのジャパネット価格は以下となっています。

  • ジャパネット通常価格:税込114,800円(送料3,960円)
  • 値引き後価格:税込99,800円(送料3,960円、標準取付工事費無料)

※古いエアコンの取外し・引取りを希望する場合は別途サービス料金(税込4,950円)がかかります。
※リサイクルを希望する場合は、別途リサイクル・収集運搬料金(税込2,640円~)がかかります。

AJT22YNSのジャパネット価格は以下となっています。

  • 販売価格:税込109,800円(送料3,960円)

※設置・取付を希望する場合は別途サービス費用(税込13,200円)が発生します。
※古いエアコンの取外し・引取りを希望する場合は別途料金がかかります。

まとめ(AJT22ZNSは抗ウイルスフィルターと高温防止モードを搭載!)

最後にAJT22ZNSとAJT22YNSの違いを比較した結果をまとめますね。

それぞれの主な違いは以下となっています。

  • 冷房の消費電力が増加(570W→580W)
  • 冷房の運転電流が増加(6.6A→6.7A)
  • 暖房の低温消費電力が増加(1100W→1130W)
  • 暖房の運転電流が減少(最大14.9A→最大14.5A)
  • 集塵・脱臭フィルターが抗ウイルスフィルターに変更
  • 高温防止モードを搭載(28℃以上で冷房運転を自動スタート)
  • リモコンに高温防止ボタンが追加された
  • 室外機が「外気温46℃対応→50℃対応」に強化された

意外と変更点が多いですよね(カビないスティックの有無については確認中です)

中でも抗ウイルスフィルターと高温防止モードの搭載は嬉しい進化です。

夏のエアコン祭り」のキャンペーン期間中なら前モデルより1万円も安く買えます。しかも標準取付工事費が無料です。

だったら2022年型のAJT22ZNSを買ったほうがお得ですね♪

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。800万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!