ジャパネットファン ロゴ画像
ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットで買える「ダイキン 空気清浄機能付きエアコン Eシリーズ AN22ZES」と前モデル(AN22YES)の違いを比較しました。2022年型のAN22ZESは抗ウイルスフィルター、高温防止モード、50℃対応の室外機を採用しています。

※その他の商品は「ジャパネットのエアコン」の記事一覧をご覧ください。

スポンサーリンク

2022年型(AN22ZES)と2021年型(AN22YES)の違いを比較しました

2022年型の「ダイキン 空気清浄機能付きエアコン Eシリーズ AN22ZES」は2022年3月に発売されました。

一方、2021年型の「ダイキン エアコン Eシリーズ AN22YES」は2021年3月に発売された商品です。

両方とも市販モデルのため、ジャパネット以外のお店でも買えるエアコンです。

新型と旧型の違いはどこなのか気になったので調べてみましたよ!

外見の違い

AN22ZESとAN22YESの外見の違いを比較しました。

エアコンの室内ユニット(室内機)に関しては以下のパーツが一致していますね。

  • 吸込口(上面)
  • 前面パネル
  • エアフィルター(黒色)
  • ストリーマユニット(灰色)
  • 吹出口
  • ルーバー(左右風向調節羽根)
  • フラップ(上下風向調節羽根)
  • 本体表示部
  • 機種名
  • 電源コード
  • 電源プラグ

さらにAN22ZESは「集塵・脱臭フィルター(灰色)」が「抗ウイルスフィルター(表面:白色)」に変更されていました。

本体表示部の内容については以下の内容が同じですね。

  • 受信部
  • 運転ランプ(緑色)
  • タイマーランプ(橙色)
  • 内部クリーンランプ(緑色)
  • 運転/停止ボタン
  • 室内温度センサー部

室外ユニット(室外機)についても同じで変更はないようです。

  • 吸込口(側面・背面)
  • 吹出口
  • ドレン排水口
  • 機種名
  • アース端子(内部)
  • 冷媒配管、連絡電線
  • ドレンホース

リモコンの違い

AN22ZESとAN22YESのリモコンの違いを比較しました。

それぞれに付属するリモコンについては以下のボタンが同じですね。

  • 自動ボタン
  • 停止ボタン
  • 冷房ボタン
  • ドライボタン
  • 暖房ボタン
  • 送風ボタン
  • 温度ボタン
  • 風量ボタン
  • ストリーマボタン
  • 風ないスボタン
  • 風向上下ボタン
  • 風向左右ボタン
  • 水内部クリーンボタン
  • おやすみボタン
  • サインリセットボタン
  • タイマー入ボタン
  • タイマー切ボタン
  • タイマー取消ボタン

さらにAN22ZESのリモコンには「高温防止ボタン」が追加されていました。

仕様の違い

AN22ZESとAN22YESの仕様の違いを比較しました。

主な違いは以下となっています。

  • 冷房の消費電力(570W→580W)
  • 冷房の運転電流(6.6A→6.7A)
  • 暖房の低温消費電力(1100W→1130W)
  • 暖房の運転電流(最大14.9A→最大14.5A)
  • 付属品(集塵・脱臭フィルター→抗ウイルスフィルター)

2022年型は冷房と暖房の消費電力が少し増えましたね。

とは言っても期間消費電力量は717kWhで変化がありません。年間電気代も同じ約19,359円です。

また付属のフィルターが「集塵・脱臭フィルター」から「抗ウイルスフィルター」に変更されています。

機種室内機:AN22ZES-W
室外機:AR22ZES
室内機:AN22YES-W
室外機:AR22YES
種類冷房・暖房兼用セパレート形(インバーター)冷房・暖房兼用セパレート形(インバーター)
電源単相/100V
室内電源
単相/100V
室内電源
冷房能力2.2kW2.2kW
冷房の消費電力580W570W
冷房の運転電流6.7A(最大14.0A)6.6A(最大14.0A)
冷房の運転音室内機:62dB
室外機:60dB
室内機:62dB
室外機:60dB
冷房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
暖房能力2.2kW2.2kW
暖房低温能力2.8kW2.8kW
暖房の消費電力470W470W
暖房の低温消費電力1130W1100W
暖房の運転電流5.4A(最大14.5A)5.4A(最大14.9A)
暖房の運転音室内機:62dB
室外機:60dB
室内機:62dB
室外機:60dB
暖房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
木造南向き和室:8㎡
鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
木造南向き和室:8㎡
通年エネルギー消費効率(JIS C 9612:2005)5.85.8
通年エネルギー消費効率(区分名)AA
通年エネルギー消費効率(JIS C 9612:2013)5.85.8
外形寸法(高さ×幅×奥行)室内機:285×770×233mm
室外機:550×675×284mm
室内機:285×770×233mm
室外機:550×675×284mm
質量室内機:8kg
室外機:20kg
室内機:8kg
室外機:20kg
付属品取扱説明書、保証書、リモコン、単4形アルカリ乾電池×2本、抗ウイルスフィルター取扱説明書、保証書、リモコン、単4形アルカリ乾電池×2本、集塵・脱臭フィルター

機能の違い

AN22ZESとAN22YESの機能の違いを比較しました。

以下の機能は共通しており違いはありませんでした。

  • ヒートブースト制御
  • PIT制御
  • 9段階セレクトドライ
  • ストリーマ(空気清浄/内部クリーン)
  • 水内部クリーン(結露水洗浄)
  • クリアコート熱交換器
  • 自動運転
  • かんたんダイレクトリモコン(温度設定0.5℃単位)
  • 低外気タフネス暖房(-15℃対応)
  • おやすみ運転
  • スマホ接続対応(別売の無線LAN接続アダプター+遠隔制御P板セットが必要)
  • 風ないス運転
  • オートスイング(立体/上下/左右)
  • 既設配管再利用
  • 半間幅対応
  • コンパクト室外機(2.2~3.6kWのみ)
  • 新冷媒R32

さらに2022年型のAN22ZESは以下の新機能を搭載しています。

  • 抗ウィルスフィルター
  • 「高温防止」モード
  • 高外気タフネス冷房(50℃対応)

「抗ウイルスフィルター」は、抗ウイルス作用のある集塵フィルターです(2021年型は集塵・脱臭フィルターです)

フィルターに付着したウイルスを抑制する効果を発揮します。交換の目安は約3年です。

「高温防止」モードは、部屋が高温になると自動で冷房運転を開始する機能です(室温28℃で冷房スタート)

ただし出荷時設定は「切」なので自分で設定する必要があります(2021年型は高温防止モードがありません)

高外気タフネス冷房は、外気温50℃でも冷房運転できる高い熱交換能力を持つ室外機です(2021年型は外気温46℃まで対応)

対応する畳数の違い

ダイキン「Eシリーズ 2022年型」と2021年型の対応する畳数の違いを比較しました。

ダイキン「Eシリーズ 2022年型」のラインナップは以下となっています。

  • AN22ZES-W(6畳用)
  • AN25ZES-W(8畳用)
  • AN28ZES-W(10畳用)
  • AN36ZES-W(12畳用)
  • AN40ZEP-W(14畳用)
  • AN56ZEP-W(18畳用)

ダイキン「Eシリーズ 2021年型」のラインナップは以下となっています。

  • AN22YES-W(6畳用)
  • AN25YES-W(8畳用)
  • AN28YES-W(10畳用)
  • AN36YES-W(12畳用)
  • AN40YEP-W(14畳用)
  • AN56YEP-W(18畳用)

どちらも同じ6種類の型番が用意されています。違いはありませんね。

ちなみにジャパネットたかたでは12畳用(AN36ZES-W)の取り扱いがありません。

12畳用のEシリーズがほしい場合は他店を探してみてくださいね。


AN-36ZES-W ダイキン 【2022年モデル】【標準工事セットエアコン】(10000円分工事費込) おもに12畳用 (冷房:10〜15畳/暖房:9〜12畳) Eシリーズ (ホワイト)

価格の違い(2022年6月27日現在)

AN22ZESとAN22YESの価格の違いを比較しました。

AN22ZESのジャパネット価格は以下となっています。

  • ジャパネット通常価格:税込114,800円(送料3,960円)
  • 値引き後価格:税込99,800円(送料3,960円、標準取付工事費無料)

※古いエアコンの取り外しを希望する場合は取り外し料金(税込4,950円~)が発生します。
※古いエアコンの引き取りを希望する場合はリサイクル・収集運搬料金(税込2,640円~)が発生します。

AN22YESのジャパネット価格は以下となっています。

  • ジャパネット販売価格:税込109,800円(送料3,960円)

※エアコンの設置・取付を希望する場合は工事料金(税込13,200円~)が発生します。
※古いエアコンの取り外しを希望する場合は取り外し料金(税込4,950円~)が発生します。
※古いエアコンの引き取りを希望する場合はリサイクル・収集運搬料金(税込2,640円~)が発生します。

まとめ(2022年型は新機能搭載でお買い得感アップ!)

最後にAN22ZESとAN22YESの違いを比較した結果をまとめますね。

結論を書くと「同じ値段なら2022年型のAN22ZESがおすすめ」です!

ウイルス抑制効果があるフィルター、熱こもりを防止する高温防止モード、50℃の酷暑でも作動する室外機を採用しています。

しかしエアコンとしての性能はほぼ同じです。電気代も変わりません。

フィルター自動掃除機能、省エネモードがないので、エアコンつけっぱなしの部屋には不向きですね…。

寝室や子ども部屋など、特定の時間だけ使用する部屋に向いたエアコンだと言えるでしょう。

ちなみにジャパネットオリジナルの「ダイキン 空気清浄機能付きエアコン Nシリーズ AJT22ZNS」は、AN22ZESに「カビないスティック」という内部のカビを抑制する機能を追加した商品です。

同じ値段なら「カビないスティック」があるぶん、AJT22ZNSのほうがお買い得ですよ!!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。900万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットウォーター「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!