ジャパネットのエアコン

RAS-DT22MとRAS-DT22Lの違い!ジャパネットのエアコン「日立 白くまくん DTシリーズ 2022年型」と2021年型を比較しました

2022年5月17日

ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットで買える「日立 エアコン DTシリーズ RAS-DT22M」と前モデル(RAS-DT22L)の違いを比較しました。フィルター自動掃除なし。ステンレス・クリーン搭載。2022年型と2021年型は同じ仕様です。機能・性能の違いはありません。

※その他の商品は「ジャパネットのエアコン」の記事一覧をご覧ください。

2022年型(RAS-DT22M)と2021年型(RAS-DT22L)の違いを比較しました

2022年型の「日立 エアコン 白くまくん DTシリーズ RAS-DT22M」は2022年5月2日に発売された商品です。

一方、2021年型の「日立 エアコン 白くまくん DTシリーズ RAS-DT22L」は2021年4月下旬に発売された商品です。

どちらもフィルター自動掃除機能なしのエントリーモデルとなっています。

型番以外ほぼ同じ商品に見えるのですが、細部に違いがあるのかもしれないので詳しく調べました!

※「日立 エアコン 白くまくん DTシリーズ RAS-DT22L」の45秒動画です(ジャパネット公式)↓

外見の違い

RAS-DT22MとRAS-DT22Lの外見の違いを比較しました。

エアコン室内機は以下の部品が一致しています。

  • 上面グリル
  • フロントパネル
  • エアフィルター(ステンレスフィルター)左右各1枚(吸い込み口)
  • ランプ表示部
  • 受信部
  • 日射センサー
  • 応急運転スイッチ
  • 吹き出し口
  • 上下風向板(ステンレスフラップ)
  • 左右風向板(吹き出し口奥)
  • 電源プラグ/コード

ランプ表示部の色も以下の通り同じです。

  • 運転(黄色)
  • 加熱乾燥(黄色)
  • タイマー(橙色)

付属のリモコンは以下のボタンが全て一致しました。

  • 暖房ボタン
  • ecoこれっきりボタン
  • 冷房ボタン
  • 除湿ボタン
  • 停止ボタン
  • 風だけボタン
  • 切タイマーボタン
  • 入タイマーボタン
  • 室温ボタン
  • 上下風向ボタン
  • 左右風向ボタン
  • みはっておやすみボタン
  • 加熱乾燥ボタン
  • 風速ボタン

唯一、違いがあったのは室外機です。

2021年型は「RAC-DT22L・DT25L・DT28L」と「RAC-DT40L2・DT56L2」の形状が異なっていました。

しかし2022年型は全モデルが同じ形状の室外機を採用しています。

仕様の違い

RAS-DT22MとRAS-DT22Lの仕様の違いを比較しました。

結論を書くと全く同じで違いは見られませんでした。

冷暖房の能力、消費電力、運転音、室内機と室外機のサイズ、重量も共通しています。

型式室内機:RAS-DT22M
室外機:RAC-DT22M
室内機:RAS-DT22L
室外機:RAC-DT22L
電源単相100V単相100V
定格周波数50/60Hz50/60Hz
暖房の定格能力2.2kW(0.2~3.9kW)2.2kW(0.2~3.9kW)
暖房の定格消費電力470W(160~1,175W)470W(160~1,175W)
暖房の運転電流5.5A5.5A
暖房の運転音室内機:62dB
室外機:55dB
室内機:62dB
室外機:55dB
暖房の目安木造南向き和室:8㎡
鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
木造南向き和室:8㎡
鉄筋アパート南向き洋室:10㎡
冷房の定格能力2.2kW(0.3~2.8kW)2.2kW(0.3~2.8kW)
冷房の定格消費電力580W(190~820W)580W(190~820W)
冷房の運転電流6.8A6.8A
冷房の運転音室内機:62dB
室外機:57dB
室内機:62dB
室外機:57dB
冷房の目安木造南向き和室:10㎡
鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
通年エネルギー消費効率(APF)5.85.8
通年エネルギー消費効率(JIS C9612:2005)5.85.8
通年エネルギー消費効率(区分名)AA
外形寸法(高さ×幅×奥行)室内機:280×780×218mm
室外機:530×658×275mm
室内機:280×780×218mm
室外機:530×658×275mm
製品質量室内機:7.5kg
室外機:19.5kg
室内機:7.5kg
室外機:19.5kg
付属品室内機用:据付板、据付板固定ねじ×5本、単4形乾電池×2本、リモコン取付ねじ、リモコン、保冷用断熱材、アースねじ(室内用)、取扱説明書、保証書、据付説明書
室外機用:ドレンパイプ
室内機用:据付板、据付板固定ねじ×5本、単4形乾電池×2本、リモコン取付ねじ、リモコン、保冷用断熱材、アースねじ(室内用)、取扱説明書、保証書、据付説明書
室外機用:ドレンパイプ

機能の違い

RAS-DT22MとRAS-DT22Lの機能の違いを比較しました。

以下の機能は共通で違いはありませんでした。

  • ステンレス・クリーン(通風路・フラップ・フィルター)
  • ヒートアタック(エアコン内部クリーン)
  • ecoこれっきり運転(日射センサーで省エネ運転)
  • みはっておやすみタイマー
  • 上下左右風向コントロール
  • 風だけ運転(送風運転)

その他もチェックしたのですが新機能は無さそうですね…。

対応する畳数の違い

「日立 白くまくん DTシリーズ」の2022年型と2021年型の対応する畳数の違いを比較しました。

2022年型「DTシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • RAS-DT22M(主に6畳)
  • RAS-DT25M(主に8畳)
  • RAS-DT28M(主に10畳)
  • RAS-DT40M2(主に14畳)
  • RAS-DT56M2(主に18畳)

2021年型「DTシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • RAS-DT22L(主に6畳)
  • RAS-DT25L(主に8畳)
  • RAS-DT28L(主に10畳)
  • RAS-DT40L2(主に14畳)
  • RAS-DT56L2(主に18畳)

両方とも5種類の型番から選べます。対応する畳数の違いはありませんね。

価格の違い(2022年6月14日現在)

RAS-DT22MとRAS-DT22Lの価格の違いを比較しました。

RAS-DT22Mのジャパネット価格は以下となっています。

  • 通常価格:税込89,800円(送料3,960円)
  • 値引き後価格:税込69,800円(送料3,960円、標準取付工事費無料)

※古いエアコンの取り外しを希望する場合は取り外し料金(税込4,950円~)が発生します。
※古いエアコンの引き取りを希望する場合はリサイクル・収集運搬料金(税込2,640円~)が発生します。

RAS-DT22Lのジャパネット価格は以下となっています。

  • 販売価格:税込69,800円(送料3,960円)

※エアコンの設置・取付を希望する場合は工事料金(税込13,200円~)が発生します。
※古いエアコンの取り外しを希望する場合は取り外し料金(税込4,950円~)が発生します。
※古いエアコンの引き取りを希望する場合はリサイクル・収集運搬料金(税込2,640円~)が発生します。

まとめ(2022年型と2021年型の違いは型番だけ!)

最後にRAS-DT22MとRAS-DT22Lの違いを比較した結果をまとめますね。

結論を書くと「違いは型番と室外機の形状だけ」です。機能・性能は全く同じエアコンですね。

それどころか2020年型の「RAS-DT22K」から機能・性能は進化していないようです…。

だったら前モデルを追加生産して売り続けたほうが良い気がするのですが、日本の家電業界は型番だけでも変えて「新製品」として売る習慣(?)があります。

やっぱり「型落ち品」が売り場に並んだままだと見栄えが悪く感じるのでしょうね…。

ちなみに日立Dシリーズの市販モデル「RAS-D22M」は以下の機能を搭載しています。

  • 凍結洗浄Light(室内機・室外機の熱交換器の汚れを自動洗浄)
  • カビバスター(室内機内部の湿度を抑えてカビ発生を予防)
  • プレシーズンお手入れ機能(自動で試運転を兼ねた凍結洗浄を実施)

ジャパネットモデルの日立Dシリーズも2023年型(RAS-DT22P?)では上記の機能を採用してほしいと思いました。

-ジャパネットのエアコン
-,

error: Content is protected !!