ジャパネットファン ロゴ画像
ジャパネットファン 炊飯器 イラスト1

ジャパネットファン 炊飯器 イラスト1

ジャパネットで買える「日立 圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳 RZ-TS105M」と旧型(RZ-TS104M)の違いを調べました。新色シャイニーブラック登場。ボタン配置を改良。マルチパンスクエア3点セット付き。ただし機能・性能は旧型と同じです。

おすすめ度:星3個

※その他の商品は「ジャパネットの炊飯器」の記事一覧をご覧ください。

  • ジャパネットオリジナルモデル(2022年1月発売)
  • 新色シャイニーブラック登場(メタリックグレーは廃止)
  • マルチパンスクエア3点セットが付属(A-77637)
  • 炊飯再加熱ボタンを中央に配置(予約ボタンは右側)
  • ボタンの表記変更(お米の種類、コース選択)
  • 内釜の水位目盛が変更(おこのみ水位線が廃止)
  • 基本的な機能・性能は旧型と同じ
スポンサーリンク

2022年型(RZ-TS105M)と2020年型(RZ-TS104M)の違いを比較しました

2022年型(RZ-TS105M)と2020年型(RZ-TS104M)の違いを比較しました。

前モデルの「日立 圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳 RZ-TS104M」は2020年8月に発売された商品です(メタリックグレーのみ2021年10月発売)

約1年半ぶりに登場した最新型のどこが進化したのか気になりますよね!

仕様の違い

RZ-TS105MとRZ-TS104Mの仕様を比較してみました。

  • 発売日(RZ-TS105Mは2022年1月。RZ-TS104Mは2020年8月)
  • 本体カラー(RZ-TS105Mはルビーレッドとシャイニーブラックとシャイニーホワイト。RZ-TS104Mはルビーレッドとメタリックグレーとシャンパンホワイト)
  • 生産国(いずれも日本)
  • 本体外形寸法(いずれも幅238×奥353×高225mm)
  • 本体重量(いずれも5.4kg)
  • 定格電力(いずれも1,400W)
  • 年間消費電力量(RZ-TS105Mは不明。RZ-TS104Mは82.73Wh/年)
  • 1回当たりの炊飯時消費電力量(RZ-TS105Mは不明。RZ-TS104Mは161.5Wh)
  • 1時間当たりの保温時消費電力量(RZ-TS105Mは不明。RZ-TS104Mは15.50Wh)
  • 電圧(いずれもAC100V)
  • ヘルツ(いずれも50Hz/60Hz)
  • 電源コードの長さ(いずれも1m)
  • 炊飯容量(いずれも0.5合から5.5合)
  • 容量(いずれも1.0L)
  • 備考(いずれもジャパネットオリジナル)
  • 付属品(いずれも軽量カップ、しゃもじ[自立式]、取扱説明書)

主な違いは「本体カラー」だけみたいですね。

2021年10月に追加されたメタリックグレーが新色のシャイニーブラックに変更されています。

やはり黒系の方が高級感が感じられるからでしょうか。

なおRZ-TS105Mの消費電力量は不明です。詳細が分かったら追加する予定です。

特長・機能の違い

RZ-TS105MとRZ-TS104Mの特長・機能を比較してみました。

  • 京都の米料亭「八代目儀兵衛」監修
  • 日立独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」
  • 業界トップクラスの最高圧力1.3気圧
  • 圧力をかけ沸点を最高107℃まで高めて加熱
  • 高温を保ちながら蒸らす圧力スチーム蒸らし
  • 最高107℃のスチームを使う日立だけの技術
  • 少量炊飯に合わせた「外硬内軟」の炊き上がり
  • スチームと側面ヒーターで上部空間の高温を保つ
  • 7カ所からのスチームで最大24時間スチーム保温
  • 6~7時間ごとに3回スチームを発生させてしっとり保つ
  • 大火力と軽さを実現「大火力沸騰鉄釜」を採用
  • 鉄の発熱性、アルミの伝熱性、全周断熱の蓄熱性を持つ
  • ふたとボディに伝熱性の低い素材を採用
  • 空気断熱層などで蓄熱性を高め熱を閉じ込める
  • 内釜底面の「凸底形状」で泡を発生させる
  • お米ひと粒ひと粒に大火力の熱を伝える
  • 内釜は軽量約790g、カーボンフッ素6年保証付き
  • さまざまなお米を好みの食感に炊き分け可能
  • 極上しゃっきり、極上ふつう、極上もちもち等
  • 保温の温度は2段階(保温低は約60~80度、保温高は約75度)
  • 炊飯開始時と終了時にメロディーやブザー音でお知らせ
  • 炊き上がり時間は2つまで10分単位で設定可能
  • 蒸気が出にくい蒸気セーブ機能を搭載
  • 電気代は1回3合の炊飯(白米ふつうコース)で約4.9円
  • 保温時の1時間あたりの電気代は約0.5円
  • 炊飯時間は通常コース約40~60分、早炊きコース約25~35分
  • 炊飯コースは8種類から選択可能
  • ふつう、しゃっきり、もちもち、快速、炊き込み、おかゆ、お赤飯、エコ炊飯

特長・機能は全て共通で違いはありませんでした。

電気代も同じなので、おそらく消費電力量は変更無しだと思います。

ただしこの後の項目でも書きますが炊飯コース名から「極上」が外されています。

見た目の違い

RZ-TS105MとRZ-TS104Mの見た目を比較してみました。

主な違いは「本体カラー、操作部のボタン配置、炊飯コースの名称、内釜の水位目盛(おこのみ水位線)」です。

最大の違いは操作部のボタン配置です。

  • 炊飯再加熱ボタン(RZ-TS105Mは中央。RZ-TS104Mは右側)
  • 予約ボタン(RZ-TS105Mは右側。RZ-TS104Mは中央)
  • お米ボタン(RZ-TS105Mは「お米の種類」。RZ-TS104Mは「お米」)
  • コースボタン(RZ-TS105Mは「コース選択」。RZ-TS104Mは「コース」)

以上のように変更されています。ボタンの表記も分かりやすくなっていますね。

RZ-TS105Mの「炊飯再加熱ボタン」を中央にした理由はわかりませんが、誤操作が多かった可能性があります。

おそらくユーザーからの意見を参考に改良したのでしょう。

ちなみに日立の現行モデル(RZ-W100EM、RZ-V100EM、RZ-X100DM)は、全て右側に「炊飯再加熱ボタン」を配置しています。

炊飯コース名も変更されています。

RZ-TS104Mの炊飯コースには「極上」と書かれていたのですが、RZ-TS105Mの炊飯コースには表記が無くなりました。

「あえて書くほどのことでもない」ということなのでしょうか?

それともRZ-TS105Mの炊飯コースは「極上」では無くなったのか気になりますね。

内釜の水位目盛の表記も変更されました。

RZ-TS104Mの内釜には「やわらかめ」「かため」の水位目盛(おこのみ水位線)がありました。

好みに合わせて水位目盛りの範囲で水加減できたわけです。

しかしRZ-TS105Mの内釜には「やわらかめ」「かため」の目盛がありません。

「やわらかめ」の水位目盛以上に水を入れると吹きこぼれることがあったので無くしたのだと思われます。

まとめ(RZ-TS105Mは旧型のマイナーチェンジモデル)

最後に「RZ-TS105M 日立 圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳」についてまとめますね。

2022年型のRZ-TS105Mは旧型のマイナーチェンジモデルになります。

新色シャイニーブラックが選べるようになり、炊飯再加熱ボタンが中央に配置されたこと以外は目立った特長がないですね。

機能・性能は共通です。オマケのマルチパンスクエア3点セットまで同じです。

それゆえ旧型を買った人がわざわざ買い替えるほどではないでしょう。

これまでジャパネット限定の「ふっくら御膳」は毎年のように新製品が発売されていました。

しかし2021年は新製品の発売がなく、RZ-TS104Mの新色追加のみで終わっています。

  • RZ-TS105M(2022年1月20日発売)
  • RZ-TS104M(2020年8月15日発売)
  • RZ-TS103M(2019年7月14日発売)
  • RZ-TS102M(2019年2月1日発売)
  • RZ-TS101M(2018年10月上旬発売)
  • RZ-TS100M(2018年4月下旬発売)

世界的な半導体不足の影響などもあったはずです(オーブンレンジの新製品も発売されませんでした)

小改良のみのRZ-TS105Mは、本来なら2021年に発売される予定だった商品なのかもしれませんね。

まだ値段も高いので毎年恒例の「春の下取り祭」がスタートするまで様子を見ても良いでしょう。

RZ-TS105M 日立 圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳のジャパネット価格(2022年1月14日現在)

「RZ-TS105M 日立 圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳」のジャパネット価格です。

  • 下取りなし価格:税込54,980円(送料990円)
  • 下取り後価格:税込39,980円(送料990円、下取手数料550円)

RZ-TS105M 日立 圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳の製品仕様

「RZ-TS105M 日立 圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳」の製品仕様です。

商品名日立 IHジャー炊飯器 5.5合 RZ-TS105M
メーカー日立グローバルライフソリューションズ株式会社
カラー・型番ルビーレッド:RZ-TS105M(R)
シャイニーブラック:RZ-TS105M(K)
シャイニーホワイト:RZ-TS105M(NW)
発売日2022年1月20日
生産国日本
本体外形寸法幅238×奥353×高225mm
本体重量5.4kg
消費電力1,400W
電圧AC100V
ヘルツ50Hz/60Hz
電源コードの長さ1m
炊飯容量0.5合~5.5合
容量1.0L
備考※ジャパネットオリジナル
付属品しゃもじ(自立式)、軽量カップ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。700万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!