ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン ミネラルウォーター イラスト1

ジャパネットファン ミネラルウォーター イラスト1

《安心・安全なジャパネットオリジナルのウォーターサーバー》

「Japanet Water 富士山の天然水」はジャパネットたかたが販売するウォーターサーバーです。

ミネラル分が豊富なナチュラルミネラルウォーターが毎月宅配されるサービスです。ジャパネットオリジナルの限定商品となります。

価格は「初期費用:税別12,800円」、「月額:8リットルx2本:税別2,980円~」となっています(先行予約販売なので2018年6月中旬以降のお届けとなります)

現在はキャンペーン実施中のため2年以上利用すると初期費用の「設置費(税別9,800円)」と「事務手数料(税別3,000)」が無料になります(2018年8月16日まで)

スポンサーリンク

Japanet Water 富士山の天然水の商品説明

「Japanet Water 富士山の天然水」はジャパネットオリジナルのナチュラルミネラルウォーターです。工場は山梨県の山中湖村にあります。

富士山の麓にある敷地内には3本の深井戸が掘られていて、天然水を毎日汲み上げているそうです。バナジウムなどのミネラル分が豊富なナチュラルミネラルウォーター。まろやかで癖がない「軟水」です。

Japanet Water 富士山の天然水の製造・販売元は?

「Japanet Water 富士山の天然水」はジャパネットグループの子会社である株式会社ジャパネットサービスイノベーション(本社:東京都港区三田)が製造・販売しています。

ジャパネットサービスイノベーションは、ジャパネットグループの中で水事業やクルージング事業などの新しいカテゴリーのサービスを展開する会社です。

元々は「スーパーバナジウム富士」や「恵ウォーター」を製造・販売していたコウノウォーター株式会社という会社だったのですが、2018年1月の株式譲渡によってジャパネットの100%子会社になりました。

コウノウォーターは、LPガスの供給・販売をしている河野商事株式会社(本社:神奈川県横浜市)が、ミネラルウォーターの「スーパーバナジウム富士」販売事業を開始したことに伴って、2005年に設立された会社です。

2006年には山梨県山中湖村にミネラルウォーター製造工場の「山中湖ファクトリー」を設立しており、これが現在のジャパネットウォーターの製造工場となっています。

Japanet Water 富士山の天然水のセールスポイント

ミネラル分をバランスよく含有

「Japanet Water 富士山の天然水」は富士山の麓、地下約253mから採水された飲みやすい「軟水」です。バナジウム、ミネラルなどの成分をバランスよく含有しています。

100mlあたりの成分はバナジウム61µg、カルシウム1.27mg、ナトリウム0.56mg、マグネシウム0.45mg、カリウム0.15mgとなっています。

徹底した品質管理で安全・安心

「Japanet Water 富士山の天然水」は徹底した品質管理で安全・安心です。採水後、加熱処理と殺菌処理を行い、最小0.2μを含む3つのフィルターでろ過されます。

充填・密封後もボトルを一定の間隔で抜き取り検査を実施。食品衛生法以上の検査項目数と頻度で検査されています。また製造・検査された水は毎日サンプル分を保管して管理しています。

2年に1度の無料メンテンナンス

「Japanet Water 富士山の天然水」のウォーターサーバーは2年に1度の無料メンテンナンスを実施します。部品が劣化・消耗しやすくなる時期に専門のスタッフが訪問。無料で点検と部品交換を行います。

床置と卓上から選べるウォーターサーバー

「Japanet Water 富士山の天然水」のウォーターサーバーは「床置タイプ」と「卓上タイプ」の2種類が選べます。詳細は別の項目をご覧ください。

捨てやすく交換も楽な8リットルボトル

「Japanet Water 富士山の天然水」は捨てやすく交換も楽な8リットルボトルを採用しています。一般的なウォーターサーバーは12リットルタイプのボトルが多いのですが、ジャパネットウォーターはあえて小さめの8リットルボトルを採用しています。

8Lボトルは12Lボトルと比べて軽く持ち運びやすいメリットがあります。水の交換はシールを外してセットするだけです。またボトルにはやわらかい素材が使われているので潰して処分しやすく便利です。

電話1本で本数・配達頻度を変更可能

「Japanet Water 富士山の天然水」は電話1本で本数・配達頻度を変更可能です。注文するときに届けてもらうボトルの本数と曜日を決めるのですが、使用状況に合わせていつでも変更できます。

Japanet Water 富士山の天然水のウォーターサーバー

ジャパネットファン ミネラルウォーター イラスト2

床置タイプと卓上タイプから選べる

「Japanet Water 富士山の天然水」のウォーターサーバーは「床置タイプ(WFD-1410W)」と「卓上タイプ(WFD-1410WS)」の2種類から選べます。

床置タイプは高さが102cmなので床に置いて立ったまま水やお湯が使えます。卓上タイプは高さが57cmと背が低くコンパクトなので、テーブルやキッチンカウンターの上に置いて使えます。

シンプルな機能で使いやすい設計

「Japanet Water 富士山の天然水」のウォーターサーバーはシンプルな機能で使いやすい設計です。冷水機能・お湯機能を備えておりボタンを押すだけで給水できます。冷水の温度は6~10℃、お湯の温度は80~90℃です。

お子さまも安心なチャイルドロック付き

「Japanet Water 富士山の天然水」のウォーターサーバーはチャイルドロック機能を備えています(お湯のみ)。お湯をロックしておけばお子さまが誤ってヤケドする危険を防止します。

Japanet Water 富士山の天然水の値段・費用

ジャパネットの「富士山の天然水」宅配サービスには、ウォーターサーバーの設置に必要な「初期費用」と水の配送に必要な「月々の費用」がかかります。

1回の配送で送ってもらうミネラルウォーターの本数が多いほどお得になります。

初期費用(ウォーターサーバー代)

設置費 税別9,800円
事務手数料 税別3,000円
サーバーレンタル料 無料
定期配送料 無料(沖縄は1配送ごとに送料500円)
定期メンテナンス・交換料金 無料

月々の費用(水の配送代)

1ヶ月8リットルx2本 税別2,980円(1リットル約186円)
1ヶ月8リットルx3本 税別3,980円(1リットル約166円)
1ヶ月8リットルx4本 税別4,980円(1リットル約156円)
1ヶ月8リットルx6本 税別6,980円(1リットル約145円)
1ヶ月8リットルx8本 税別8,980円(1リットル約140円)
1ヶ月8リットルx10本 税別10,980円(1リットル約137円)

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

ジャパネットのウォーターサーバー「Japanet Water 富士山の天然水」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

2018年からジャパネットはウォーターサーバーの販売を強化していくようです。

「ジャパネットウォーター」はオリジナルブランドなので、過去に販売していた「サントリー 南アルプスの天然水」のウォーターサーバーと比べて知名度が劣ります。

しかし今後はテレビ通販やコマーシャルなどで大々的にアピールしてセールなども行うのでしょうね。

ちなみに「V・ファーレン長崎」のマスコットキャラクター「ヴィヴィくん」をモチーフにした「V・ファーレン水 ヴィヴィくんボトル(税別400円)」も中身は「ジャパネットウォーター」なのだそうですよ。

ヴィヴィくんのオリジナルウォーターはスタジアム限定商品らしいので見つけたらチェックしてみてくださいね。

おすすめ度:星3個

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファンです。参考になる記事が書けるようがんばります。

error: Content is protected !!