ジャパネットファン ロゴ画像
ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットファン エアコン イラスト2

ジャパネットで買える「シャープ エアコン プラズマクラスター P-TDシリーズ AY-P22TD」と前モデル(N-TDシリーズ AY-N22TD)の違いを比較しました。2022年型は部屋干しモードを搭載。ただし無線LAN非対応になりました(後付も不可)

※その他の商品は「ジャパネットのエアコン」の記事一覧をご覧ください。

スポンサーリンク

2022年型(AY-P22TD)と2021年型(AY-N22TD)の違いを比較しました

現行モデルの「シャープ エアコン プラズマクラスター P-TDシリーズ AY-P22TD」は2022年4月に発売された商品です。

前モデルの「シャープ エアコン プラズマクラスター N-TDシリーズ AY-N22TD」は2021年4月に発売された商品です。

どちらもフィルター自動掃除なしの低価格エントリーモデルとなっています。

2022年型のP-TDシリーズと2021年型のN-TDシリーズはどこがどのように違うのか気になったので調べました!

「シャープ エアコン プラズマクラスター N-TDシリーズ AY-N22TD」の45秒動画です(ジャパネット公式)↓

外見の違い

AY-P22TDとAY-N22TDの外見の違いを比較しました。

エアコン室内機をくらべてみたのですが違いは無さそうですね。

以下の機能は全て共通していました。

  • 吸込口(天面)
  • オープンパネル
  • 応急運転ボタン
  • 受信部
  • エアーフィルター(左右2枚)
  • 吹出口
  • プラズマクラスターイオン発生口
  • 上下風向ルーバー
  • 左右風向ルーバー
  • 形名

本体表示部も表示される内容は同じですね。

ただしリモコンのボタン配置は少し異なっていました。

AY-P22TDのリモコンには新機能「部屋干し」ボタンが追加されています。

その他の機能は共通で違いは見られませんでした。

仕様の違い

AY-P22TDとAY-N22TDの仕様の違いを比較しました。

結論を書くと全く同じで違いはありませんでした。

冷房・暖房・除湿・消費電力などの性能は共通しています。

室内機・室外機の組み合わせ室内機:AY-P22TD
室外機:AU-P22TDY
室内機:AY-N22TD
室外機:AU-N22TDY
種類セパレート形・空冷式・冷房・暖房兼用(インバーター)セパレート形・空冷式・冷房・暖房兼用(インバーター)
電源単相100V・50/60Hz単相100V・50/60Hz
冷房の定格能力2.2kW(0.8~2.8kW)2.2kW(0.8~2.8kW)
冷房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
鉄筋アパート南向き洋室:15㎡
木造南向き和室:10㎡
冷房の定格消費電力590W(180~820W)590W(180~820W)
冷房の運転電流7.0A7.0A
冷房の運転音室内:59dB
室外:59dB
室内:59dB
室外:59dB
暖房の定格能力2.5kW(0.8~3.7kW)2.5kW(0.8~3.7kW)
暖房の面積の目安鉄筋アパート南向き洋室:11㎡
木造南向き和室:9㎡
鉄筋アパート南向き洋室:11㎡
木造南向き和室:9㎡
暖房の定格消費電力550W(150~980W)550W(150~980W)
暖房の運転電流6.5A(最大15.0A)6.5A(最大15.0A)
暖房の運転音室内:62dB
室外:59dB
室内:62dB
室外:59dB
通年エネルギー消費効率5.85.8
通年エネルギー消費効率(JIS C 9612:2005)5.85.8
通年エネルギー消費効率(区分名)AA
プラズマクラスター適用床面積の目安10㎡10㎡
質量室内:8kg
室外:22kg
室内:8kg
室外:22kg
外形寸法(幅×奥行×高さ)室内:770×230×283
室外:660×266×550
室内:770×230×283
室外:660×266×550
付属品リモコン、リモコン取付ネジ(1本)、単4形乾電池(2本)、取扱説明書、工事説明書、保証書リモコン、リモコン取付ネジ(1本)、単4形乾電池(2本)、取扱説明書、工事説明書、保証書

機能の違い

AY-P22TDとAY-N22TDの機能の違いを比較しました。

主な違いは「部屋干しモード、無線LANアダプターの対応」です。

2022年型のAY-P22TDは新機能として「部屋干しモード」を搭載しています。

この機能は部屋干しの洗濯物を乾燥してイヤなニオイをプラズマクラスターイオンで軽減します。

リモコンの「部屋干し」ボタンを押すと「2→3→4→5→6」の1時間単位で運転時間を設定できます。

運転開始時の室温と外気温により、エアコンが自動で暖房や除湿を選び、洗濯物の乾燥に適した運転をします。

ただし風向の変更はできますが温度と風量の変更はできないのでご注意ください。

また洗濯物の乾燥を優先した運転になるので、部屋に人がいない時に使ったほうが良いそうですよ。

もう一つのポイントは「無線LANアダプターの対応」です。

前モデルのAY-N22TDは別売品の無線LANアダプターを取り付けるとスマートフォンでエアコンの操作ができるようになりました。

残念ながらユーザーが自分で取り付けることはできなかったのですが、約2万円~3万円の費用でスマホ対応になるのは便利でした。

しかし2022年型のAY-P22TDは取扱説明書のどこにも無線LANアダプターに関する説明がありません。

仕様書・寸法図にも、はっきりと「無線LAN:非対応」と書かれているため、AY-P22TDはスマホ操作ができないようですね…。

もしもエアコンをスマホで操作したいときは、前モデルのAY-N22TDを選んで別売品の無線LANアダプターを取り付ける、又は市販品の「P-Sシリーズ(AY-P22S)」を選ぶしか方法が無さそうです。


【標準設置工事セット】SHARP AY-P22S-W ホワイト系 P-Sシリーズ [エアコン (主に6畳用・単相100V)]

その他の機能は同じですね。以下の機能が共通しています。

  • プラズマクラスター7000搭載
  • プラズマクラスター送風運転
  • エアロダイナミックフォルム
  • すこやかシャワー気流
  • コアンダ除湿
  • 親水性コート
  • 内部清浄運転

対応する畳数の違い

2022年型「P-TDシリーズ」と2021年型「N-TDシリーズ」の対応する畳数の違いを比較しました。

2022年型「P-TDシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • AY-P22TD(主に6畳)
  • AY-P25TD(主に8畳)
  • AY-P28TD(主に10畳)
  • AY-P40TD(主に14畳)

2021年型「N-TDシリーズ」のラインナップは以下となっています。

  • AY-N22TD(主に6畳)
  • AY-N25TD(主に8畳)
  • AY-N28TD(主に10畳)
  • AY-N40TD(主に14畳)

対応する畳数は2022年型も2021年型も同じで違いはありません。

価格の違い(2022年5月7日現在)

AY-P22TDとAY-N22TDの価格の違いを比較しました。

AY-P22TDのジャパネット価格は以下となっています。

  • 販売価格:税込89,800円(送料3,960円、設置工事と取外しは別料金)

AY-N22TDのジャパネット価格は以下となっています。

  • ジャパネット通常価格:税込69,800円(送料3,960円、設置工事と取外しは別料金)
  • 値引き後価格:税込64,800円(送料3,960円、設置工事費無料、取外しは別料金)

※値引き後価格は2022年5月21日まで。

まとめ(AY-P22TDは部屋干しモードを搭載!)

最後に2022年型(AY-P22TD)と2021年型(AY-N22TD)の違いを比較した結果をまとめますね。

  • エアコンとしての性能は共通で違いはない
  • AY-P22TDは部屋干しモードを搭載
  • AY-P22TDは無線LAN非対応(後付も不可)

プラズマクラスターイオンで部屋干しのイヤなニオイを抑えられるのはうれしいですね。

でもスマートフォンとスマートスピーカーには非対応なので注意が必要です。

値段に関しては前モデルのAY-N22TDのほうが圧倒的に安いですよ(型落ち品なので安いのは当然ですが)

前モデルは「エアコン早期取付セール」の期間中に買うと「5,000円値引き」かつ「標準取付工事費無料」の税込64,800円で購入できます(送料別)

2022年5月21日までの期間限定特価ですから注文は早めにされたほうが良いでしょう(在庫切れの可能性もあります)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。800万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!