ジャパネットのフィットネス用品

AFW3022JRの長所と短所!ジャパネットのウォーキングマシン「アルインコ プログラム電動ウォーカー」2022年型

2022年6月29日

ジャパネットファン ルームランナー イラスト1

ジャパネットのウォーキングマシン「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」の長所と短所を考えました。速度調節0.6~6.0km/hの低速モデル。一時低速ボタンを搭載。傾斜角度を0度、1.5度、3度の3段階で調節できます。

※その他の商品は「ジャパネットのフィットネス用品」の記事一覧をご覧ください。

アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JRの長所・メリット

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」の長所・メリットです。

ジャパネットオリジナルモデル

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」はジャパネットオリジナルモデルです。

メーカーと共同企画した限定商品のため他店では購入できません。

2022年モデルは最低速度を0.6km/hに抑えて不慣れな方でも使いやすくなりました。

色もレッド(AFW3022JR)のブラック(AFW3022JK)の2色が選べます。

最低速度0.6km/hの低速モデル

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」は最低速度0.6km/hの低速モデルです。

ちなみに他のアルインコ製ランニングマシンや電動ウォーカーは最低速度が以下となっています。

一般的なウォーキングやランニングで使うなら問題ありません。

でも高齢のかたが毎日の健康維持のために使うには、最低速度が速すぎたようですね。

そういったユーザーの声に応えて2022年型のAFW3022は、0.6~6kmの間で0.1km単位で調節ができるようになりました。

慣れてきたら最大6.0km/hまでスピードアップできるのでご家族みんなで楽しめると思いますよ。

一時低速ボタンを搭載

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」は一時低速ボタンを搭載しています。

「一時低速/クールダウン」ボタンは、表示パネルの「スタート/ストップ」ボタンの右隣りにある青いボタンです。

2.6km/h以上の速度で運動しているときに一時低速ボタンを押すと、速度が2.0km/h分ダウンします。

もう一度、一時低速ボタンを押すと元の速度に戻るので、水分補給のときなどに便利ですよ。

傾斜角度を変えられる

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」は傾斜角度を変えられるようになりました。

約0度、1.5度、3度の3段階で角度を調節可能です。

傾斜をつけることで運動負荷が高まり坂道を歩くような効果が得られます。

アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JRの短所・デメリット

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」の短所・デメリットです。

歩行面の幅が狭くなった

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」は前モデルより歩行面の幅が狭くなりました。

  • アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR(長さ約100cm×幅約34.5cm)
  • アルインコ プログラム電動ウォーカー AF3716JK(長さ約100cm×幅約40cm)

AFW3022JRは約5.5cmも幅が狭くなっていますね…。

安全性を考えると歩行面の幅はなるべく広いほうが良いのでちょっと残念です。

その代わり(?)AFW3022JRは前モデルより約3kg軽量化されています(約37kg→約34kg)

ハンドルが短くなった

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」は前モデルよりハンドルが短くなっています。

前モデルのAF3716JKには、着脱式のロングハンドルが付いていました。

どこでも握ることができる円形タイプの長いハンドルだったので歩行中も安心感があったんですよ。

※前モデル「アルインコ プログラム電動ウォーカー AF3716」の45秒動画です。ハンドルの形に注目してください。

しかし2022年型のAFW3022JRはサイドハンドルが廃止されて、一般的なランニングマシンのような短いハンドルになっています。

安全性を考慮するとロングハンドルのほうが良かったと思うのは私だけでしょうか?

でも前モデルはサイドハンドルを取り外さないとコンパクトに折りたためなかったので収納性を優先したのかもしれませんね。

まとめ(AFW3022は市販品より速度を遅く設定できるから安心!)

最後に「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022」の長所と短所をまとめますね。

  • ジャパネットオリジナルモデル
  • 速度を0.6km/hまで遅く設定できる
  • 一時低速ボタンを搭載
  • 傾斜角度を変えられる(3段階)
  • 前モデルより歩行面の幅が狭くなった
  • 前モデルよりハンドルが短くなった

AFW3022の最大のメリットは設定できる速度が0.6km/hからになったことです。

前モデル(AF3716JK)のレビューを読んでみたのですが、なるほど「もう少し歩行速度が遅い設定があるとよい」という感想がありました。

ちゃんとユーザーの意見が製品に反映されるのはジャパネットオリジナルモデルだからですね!

歩行面の傾斜角度も3段階で変更できるので、少し負荷をかけたいときも簡単に調節できますよ。

少し気になるのは、歩行面の幅が狭くなったこと、ハンドルが短くなったことなどです。

しかし本体の軽量化(約37.0kg→約34.0kg)、色もレッドとブラックが選べるようになるなど改善点のほうが多いですね。

猛暑や雨など外出に不向きな日でも気軽に運動できる便利なウォーキングマシンだと言えるでしょう。

アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JRのジャパネット価格(2022年6月28日現在)

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」のジャパネット価格です。

  • 値引き期間終了後価格:税込59,980円(税込3,960円)
  • 値引き後価格:税込39,980円(税込3,960円)

※値引き後価格は2022年8月16日まで。

アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JRの製品仕様

「アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022JR」の製品仕様です。

商品名アルインコ プログラム電動ウォーカー AFW3022J
メーカーアルインコ株式会社
カラー・型番レッド:AFW3022JR
ブラック:AFW3022JK
発売日2022年6月下旬
生産国中国
本体外形寸法幅640×奥1,300×高さ1,100mm
本体質量約34.0kg
電源AC100V(50/60Hz)
消費電力155W
耐荷重量90kg
素材スチール、ABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン共重合合成樹脂)、PVC(ポリ塩化ビニル)、EVA(エチレン酢酸ビニルポリマー)
脈拍センサー○(あり)
コース数4コース(ノーマルコース、脂肪燃焼コース、体力増進コース、運動不足解消コース)
備考連続使用時間:30分
※ジャパネットオリジナル
付属品保護マット、シリコンオイル、タブレットトレー、安全キー、付属工具(六角レンチ)、取扱説明書兼保証書

-ジャパネットのフィットネス用品
-,

error: Content is protected !!