ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン タブレット イラスト1

ジャパネットファン タブレット イラスト1

「Huawei タブレット MediaPad T2 Pro 606HW」はジャパネットたかたのタブレットです。

中国の通信メーカー「Huawei(ファーウェイ)」が製造する板状のコンピュータです。画面サイズは10.1インチなのでB5サイズ(182×257ミリ)より少し小さいくらいです。

タブレット型のパソコンなのでインターネットやメールはもちろん電子書籍リーダーとしても使えます。またカメラを内蔵しているので写真や動画の撮影、テレビ電話も可能です。ただしチューナーがないのでテレビ番組は見られません。

付属品は「クイックスタート、保証書、nanoSIM(n111)」の合計3点です。さらにセット品として「Y!mobile用 充電ACアダプタ03 microUSB(Bタイプ) ブラック AC03-MU-K」が付属します。

「Huawei タブレット MediaPad T2 Pro 606HW」の本体代金は0円です。もちろん送料無料です。ただしワイモバイルとのインターネット3年契約が必要となり月額料金は税別3,896円です。

スポンサーリンク

長所・メリット

タブレット本体は「0円」で購入できる

ワイモバイルと3年間のインターネット契約をする代わりにタブレット本体が「0円」に値引きされます。

「Huawei タブレット MediaPad T2 Pro 606HW」のメーカー希望小売価格は税別41,400円なのでお得だと思います。

データ通信SIMがセットなのでどこでも使える

格安タブレット端末は「Wi-Fi専用」の機種が多いようです。Wi-Fi専用の機種は無線でインターネットに接続できる環境がないと使えないので外に持ち出して使うには不便です。

しかしこちらの「Huawei タブレット MediaPad T2 Pro 606HW」は「LTE対応」でありワイモバイルのデータ通信用SIMカードがセットになっています。

それゆえ外に持ち出してもワイモバイルの電波を拾える場所であればどこでもインターネットを利用できます。容量も月々7GBと大容量なので「YouTube(ユーチューブ)」のような動画も楽しめますよ。

使い方をジャパネットに相談できる

365日いつでもジャパネットのコールセンターに使い方を相談できます(受付時間は10時~22時まで)

通信会社やメーカーのコールセンターは電話がつながらないことが多いのですが、ジャパネットならつながりやすく対応も親切で安心です。

もちろんフリーダイヤルなので通話料は無料です(ただし携帯電話・PHSからの通話は有料です)

短所・デメリット

本人名義のクレジットカードが必要

購入には「本人名義のクレジットカード」が必要です。銀行振込など他の支払い方法には対応していないので注意してください。

商品は本人の現住所への配達になり、受取時に本人確認書類の提示が必要になります。また20歳未満の人は契約できません。

インターネット契約が必須である

前述したとおり「インターネット通信を3年間利用する」代わりに本体が値引きされる商品なのでワイモバイルとのインターネット契約が必須になります(月額3,896円)

すでにパソコンでインターネットを利用している場合はご自宅にインターネット回線があると思うので、無線LANを設定してWi-Fi環境でタブレットを使ったほうが安くなります。

途中で解約すると「契約解除料」がかかる

これはスマホや携帯電話も同じなのですが、3年以内に解約すると最大10,260円の「契約解除料」が発生します。

また本体の代金は月々の支払いに含まれているので、契約期間中に解約したり機種変更しても分割払いの代金は払い続ける必要があります。

競合製品・ライバル商品との違いを比較

Amazon Fire HD 10 タブレット 16GB


Fire HD 10 タブレット 16GB、ホワイト

ネット通販大手の「Amazon(アマゾン)」が販売するオリジナルのタブレットPCです。

映画、電子書籍、音楽、アプリなどのエンターテイメント機能が充実しているタブレットですがインターネットやメールもちゃんと使えます。

ただしWi-Fi専用なので自宅に無線LANがないと使えません。またマニュアルが簡素なのである程度の知識があって自分で設定できる人に向いています。

年に数回、Amazonプライム会員向けのセールで大幅値引きになることがあるので購入するなら値引きを待ったほうが良いかもしれません。

Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB


Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB MQDT2J/A [スペースグレイ]

スマホの「iPhone」やパソコンの「Mac」で有名なアップル社が販売するタブレットPCです。

かっこいいデザインで薄く画面もきれいです。処理速度も早く高性能で容量も64GBと大きいのですが他のタブレットに比べて値段が高いのが欠点です。

またWi-Fi専用モデルなので自宅に無線LAN環境がないと使えません。

ASUS ZenPad 10 Z301MFL


エイスース 10.1型タブレットパソコン ASUS ZenPad 10(LTEモデル)アッシュグレー Z301MFL-GY16

台湾の「ASUS(エイスース)」が販売するタブレットPCです。

2017年7月に発売されたばかりの最新機種。シムフリーのLTEモデルなので好みの格安スマホ会社と契約してインターネットを利用できます。

ただしアップルやアマゾンに比べると知名度が低いのでマニア向けの商品に感じられるかもしれません。

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「Huawei タブレット MediaPad T2 Pro 606HW」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

こちらのタブレットはソフトバンクの格安スマホブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」が提供する商品です。

「0円」と聞いて本当かと疑う人もおられるかと思いますが、ワイモバイルと3年間のインターネット通信を契約する代わりにタブレット本体を値引きするというものなので安心してくださいね。

ただし月々3,896円(税別)の通信料が発生します。また3年以内にプランを変更したり解約すると最大10,260円の「契約解除料」がかかります。

タブレットを買って確実に3年間使う人なら通信料金も安めでおすすめだと言えるでしょう。しかし3年以内に新商品に買い替えたり使わなくなる可能性がある人にはおすすめできません。

また月額料金の支払いは「本人名義のクレジットカード払い限定」なのでクレジットカードを持っていない人は購入できません。気をつけてくださいね。

おすすめ度:星3個

製品仕様

仕様項目HUAWEI タブレット Mediapad T2 Pro 606HW
メーカーファーウェイ・ジャパン(華為技術日本株式会社)
型番・カラーHWWCS1 ホワイト
HWWCS2 ブラック
メーカー希望小売価格税別41,400円
発売日2017年3月10日
生産国中国
本体外形寸法約幅259.1x奥156.4x高8.5mm(突起部除く)
本体質量約486g(電池パック装着時)
画面サイズ10.1インチ(フルHD対応)
OSAndroid(TM)6.0
CPUMSM8939 1.5GHz+1.2GHz(オクタコア)
メモリROM/16GB(ユーザー領域/9.5GB)
RAM/2GB
無線LAN対応
インターフェイスイヤホン端子x1
microUSB端子(充電/外部接続端子)x1
電源リチウムイオン電池(内蔵)
※お客様による取り付け、取り外しは行えません。
Office非対応
記憶容量16GB
バッテリー持続時間4G:約600時間
3G:約610時間
メディアスロットmicroSDXC(TM)(最大容量128GB)
画面解像度および表示色1,200x1,920ドット(ワイドUXGA)
防水機能非対応
カメラ機能対応
備考カメラ有効画素数:メインカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac,2.4&5GHz 準拠
Bluetooth:Bluetooth 4.1

※ご利用にはワイモバイル通信サービスのご契約が必要となります。
付属品クイックスタート、保証書、nanoSIM(n111)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。100万PV達成ありがとうございます!

error: Content is protected !!