ジャパネットファン ロゴ画像
ジャパネットファン 掃除機 イラスト9

ジャパネットファン 掃除機 イラスト9

ジャパネットの掃除機「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」の長所と短所です。ジャパネットオリジナルモデル。市販品より付属品が充実。ただし音がうるさく(79dB)、かなり重い(約2.5kg)掃除機です。

おすすめ度:星2個

※過去に発売された商品は「ジャパネットの掃除機」の記事一覧をご覧ください。

  • ジャパネットオリジナルモデル
  • 市販品より付属品が充実
  • 排気がきれい
  • あまり進化していない
  • 音がうるさい(79dB)
  • かなり重い(約2.5kg)
スポンサーリンク

エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513の長所・メリット

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」の長所・メリットです。

ジャパネットオリジナルモデル

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」はジャパネットオリジナルモデルです。

メーカーと共同企画した限定商品のため、ジャパネット以外のショップでは購入できません。

余談ですが、エレクトロラックス社のタイ市場向けサイトに「ZB3513DB」の商品情報が掲載されていました。

ジャパネットオリジナルの「ZB3513DB」と「ZB3513SW」は日本仕様だと思います。

タイ仕様との違いは、電圧、付属品、カラーバリエーション(シェルホワイトは日本仕様のみ)です。

付属品が充実

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」は付属品が充実しています。

前の項目でタイ仕様の「ZB3513DB」を紹介しましたが、「隙間ノズル&ブラシノズル」と「ノズル収納袋」は付いていないようです。

これらは日本仕様のジャパネットモデルだけの特典というわけですね!

排気がきれい

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」は排気がきれいです。

なんとPM2.5より小さい1.0ミクロンレベルの微粒子を99.99%除去できるのだそうですよ!

北欧のスウェーデンは寒い季節に窓を閉めたまま掃除をする習慣があるのだとか(寒すぎて窓を開けられないため)

だから部屋の空気よりきれいになる高性能フィルターを搭載しているのでしょうね。

エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513の短所・デメリット

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」の短所・デメリットです。

あまり進化していない

エレクトロラックスの掃除機を紹介するたびに感じるのですが、同社のクリーナーは余り性能が進化していません…。

たとえば同じジャパネットで購入できる「エレクトロラックス・ジャパン エルゴラピード・リチウム ZB3311」は2017年型です。

しかし重量、排気性能、充電時間などの性能は「ZB3513」と同じです。

うがった見方をすると、カラーと付属品を変えただけで、代わり映えしない商品を売り続けていると言えるでしょう。

音がうるさい(79dB)

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」は音がうるさい掃除機です。

茨城県ひたちなか市の公式サイトによると、70デシベルは「掃除機、電話のベル」、80デシベルは「ピアノ」に相当する音量なのだそうです。

ジャパネットのZB3513は「79dB」ですから、ピアノ演奏並みの騒音が出ることになりますね…。

かなり重い(約2.5kg)

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」はかなり重い掃除機です。

たとえば同じジャパネットの「日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブーストサイクロン PV-BHL2000J」は、本体重量1.4kg、ハンディ部は0.8kgです。

一方、ZB3513は本体重量2.5kg、ハンドユニットも1kg以上あるはずです。

約1.1kgも重さが違うわけですから、ちょっと考えてしまいますよね…。

エルゴラピード・リチウム ZB3513について管理人JAPAOの口コミと感想です

最後に「エルゴラピード・リチウム ZB3513」について管理人JAPAOの口コミと感想を書きますね。

エレクトロラックス社のスティッククリーナーのレビューでいつも書くことなのですが…。

内蔵バッテリーは消耗品のため定期的に交換する必要あります(これは他社のコードレス掃除機も同じです)

交換の頻度は使用環境によって異なりますが、1回約6分間の使用で充電を繰り返した場合、約4,000回使用できるそうですよ。

問題はバッテリーの交換方法です。

エレクトロラックス社のスティッククリーナーは交換用バッテリーを取り出せないため、バッテリーが内蔵されているハンディ部分を買い替える必要があります。

バッテリーが使えないだけで見た目は何の問題もないハンディ部分をゴミに出すのは罪悪感を感じてしまいます(私だけでしょうか?)

北欧はエコ先進国のイメージがあったので、この仕様は未だに理解できません…。

海外メーカーらしい合理的な設計なのかもしれませんが、将来はバッテリー部分だけを取り外せるようにしてほしいですね。

交換用ハンドユニットの価格は税込14,300円・送料無料です(2021年8月27日現在)

残念ながらジャパネットでは取扱いがないので、エレクトロラックス社の窓口に問い合わせてくださいね。

エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513のセールスポイント

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」のセールスポイントです。

  • スタイリッシュなデザインのコードレススティッククリーナー
  • 北欧スウェーデンの家電メーカー「エレクトロラックス」
  • スティックとハンディの1台2役で使える2wayタイプです
  • 業界トップクラスの吸引力とクリーンな排気を実現
  • PM2.5より小さい1.0ミクロンレベルの微粒子を99.99%除去
  • 通常モードは約35分、最大モードは約12分使用可能です
  • ヘッドが左右180°水平に動くので狭い場所でも掃除しやすい
  • 手首に負担がかかりにくい設計で体感重量500gの軽い操作性
  • ブラシに絡まった毛を除去できる「ブラシロールクリーン」機能
  • インテリアにも調和するカラー(デニムブルー、シェルホワイト)
  • ジャパネットだけの豪華付属品(純正品6点セット)

エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513のジャパネット価格(2021年8月27日現在)

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」のジャパネット価格です。

  • 通常価格:税込34,800円(送料990円)
  • 特別価格:税込18,800円(送料990円)

※特別価格は2021年10月9日まで。

エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513の製品仕様

「エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513」の製品仕様です。

  • エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム デニムブルー ZB3513DB
  • エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム シェルホワイト ZB3513SW

商品名エレクトロラックス スティッククリーナー エルゴラピード・リチウム ZB3513
メーカーエレクトロラックス・ジャパン株式会社
カラー・型番デニムブルー:ZB3513DB
シェルホワイト:ZB3513SW
発売日2020年12月中旬
生産国中国
本体外形寸法(幅×奥×高)mm263×150×1,070mm
本体質量2.5kg
タイプサイクロン
消費電力(W)14.1W
運転音79dB
集塵容量420ml
排気性能PM2.5より小さい1.0ミクロンレベルの微粒子を99.99%除去
充電時間約4時間
稼働時間通常モード:約35分
最大モード:約12分
備考※ジャパネットオリジナル
付属品ACアダプタ&充電ステーションセット、隙間ノズル&ブラシノズル、布用ノズル、ロング隙間ノズル、布団ノズル、ホース、ノズル収納袋

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。700万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットたかたは安い?高い?真実は??

ジャパネットの本気スマホが合う人と合わない人!

ジャパネットのクレジットカード「ジャパネットカード」の長所と短所

ジャパネットの「ウォーターサーバー 富士山の天然水」の長所と短所

error: Content is protected !!