ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン エアコン イラスト3

ジャパネットファン エアコン イラスト3

《PM2.5を徹底的に除去できるジャパネットオリジナルの2018年モデル》

「東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズ」はジャパネットたかたが販売するエアコン室外機の6畳モデルです。

東芝独自の「プラズマ空清」を搭載。PM2.5を99%除去できる高性能です。

フィルター自動掃除機能を搭載。溜まったホコリは掃除機で簡単に吸い取れるのでお手入れも簡単です。

本体カラーは「グランホワイト」です。付属品は「リモコン、リモコンホルダー、リモコンホルダー取付ねじx2、リモコン用乾電池x2(単4形)、お掃除ノズル、お掃除ノズル収納袋、取扱説明書、保証書」の8点です。

またセット品として「東芝 エアコン E-RTシリーズ 室外機 RAS-E225ART」が付属します。

※「東芝 RAS-E225RT」は旧モデルです。後継機種は「東芝 エアコン 大清快 F-RTシリーズ 主に6畳 RAS-F221RT」です(2019年4月発売)。商品レビューは下記のリンクからご覧ください。

スポンサーリンク

目次

東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズはジャパネットオリジナルモデル

「東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズ」は東芝ライフスタイルとジャパネットたかたが共同開発したジャパネットオリジナルの限定モデルです。

限定品なのでジャパネット以外のお店では売っていない商品です。

たとえばビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオンなどの家電量販店では買えないので気をつけてください(店員さんに聞いてもわからないと思います)

またAmazon、楽天、ヤフーショッピングなどのネット通販サイトでも取り扱いはないようです。

さらに「価格.com(カカクコム)」のような価格比較サイトに商品情報が掲載されていないため口コミや評判を読むことはできませんでした。

東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズのベースモデルは市販モデルのE-Rシリーズ?

「東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズ」はジャパネットオリジナルの限定モデルなのでベースモデルは公表されていません。

しかし調査を進めたところ2018年型の市販モデル「東芝 大清快 E-Rシリーズ」のスペックが非常に近いことが判明しましたので比較してみようと思います。

ジャパネットモデルと市販モデルの性能はほぼ同じ

ジャパネットモデル「RAS-E225RT」と市販モデル「RAS-E225R」の仕様を比べてみたのですが、以下の項目が全て同じ数値で共通していました。

  • 本体外形寸法
  • 重量
  • 冷房能力
  • 冷房消費電力
  • 暖房能力
  • 暖房消費電力
  • 低温暖房能力
  • 電源タイプ
  • コンセント形状
  • フィルター自動掃除機能
  • 通年エネルギー消費効率
  • 期間電力消費量

ジャパネットモデルと市販モデルの機能もほぼ同じ

さらに機能も比べてみましたが以下の機能が共通していました。

  • プラズマ空清
  • 空気清浄機単独運転
  • プレミアムクリーン(エアフィルター/熱交換器/送風路)
  • 楽ダストボックス

ジャパネットモデルの気流制御機能は市販モデルよりシンプル

ただし気流制御機能が異なっており、市販モデルの「RAS-E225R」はリモコンの「スイング」ボタンでルーバーが上下左右同時に自動スイングする「クルッとルーバー」を搭載しています。

しかしジャパネットモデルの「RAS-E225RT」はルーバーの動きが上下にスイングするだけとなっていて機能が単純化されています。

ジャパネットモデルは市販モデルよりセンサーが少ない

節電運転の「ecoモード」についても、市販モデルの「RAS-E225R」は「人サーチセンサー」と呼ばれる左右180°の視野角を持つセンサーと「明るさ(日あたり)サーチセンサー」を搭載しています。

しかしジャパネットモデルの「RAS-E225RT」は商品説明に「明るさ(日あたり)サーチセンサー」しか載っていないので「人サーチセンサー」は省略されていると思われます。

ジャパネットモデルは高温みはり機能を搭載

一方で「高温みはり機能」はジャパネットモデルの「RAS-E225RT」だけにしかない機能のようです。

高温みはり機能は室温の上がりすぎを防止する機能で、事前に「高温みはり」の設定をしておくと部屋の温度が高いときは自動で冷房運転を行います。

室温が32℃以上になったらエアコン室内機の「高温みはりランプ」が赤く点灯してアラームでお知らせします。

ジャパネットモデルの「RAS-E225RT」と市販モデルの「RAS-E225R」はどちらが安い?


東芝 【エアコン】大清快おもに6畳用 E-Rシリーズ グランホワイト RAS-E225R-W

前の項目でジャパネットモデル「RAS-E225RT」の仕様は市販モデル「RAS-E225R」と非常に近いという解説をしました。

それではジャパネットの「RAS-E225RT」と市販品の「RAS-E225R」はどちらが安いのでしょうか? 気になる人も多いと思うので調べてみました。

ジャパネットモデル(RAS-E225RT)の販売価格(2019年4月19日現在)

ジャパネットモデル「RAS-E225RT」の販売価格は税別89,800円です。

しかし古いエアコンの下取りサービスを利用すると「15,000円下取り」の税別74,800円で購入できます。

「送料+消費税」を含むジャパネットの支払総額は税込84,024円です。

市販モデル(RAS-E225R)の市場価格(2019年4月19日現在)

市販モデル「RAS-E225R」の市場価格を価格比較サイトの「価格.com(カカクコム)」で調べました。

直近3ヶ月の価格推移をチェックしたところ、平均価格は税込67,064円、最安値は税込43,980円 でした。

ただし価格ドットコムの値段に「送料」や「設置費用」や「取り外し費用」は含まれていません。

ジャパネットモデルは市販モデルと同程度の値段です

一般的に設置費用と取外し費用は合計で10,000円~15,000円程度となります。

したがって送料を含む最終的な支払総額は、ジャパネットモデルも市販モデルも同程度だと思います。

もちろんジャパネットモデルの「RAS-E225RT」は一部の機能がシンプルになっているため、単純に市販モデルの「RAS-E225R」と比較できない面もあると思います。

なるべくジャパネットモデルと市販モデルの違いを比較検討した上での注文をおすすめします。

東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズのセールスポイント

東芝の2018年型エアコン「大清快」には「E-DRシリーズ、E-Rシリーズ、E-Pシリーズ、DRNシリーズ」の4種類があります。

しかし「RAS-E225RT」はジャパネットオリジナルの限定モデルなので東芝の公式サイトでも紹介されていない「E-RTシリーズ」となっています。

東芝独自の「プラズマ空清」搭載

「RAS-E225RT」は東芝独自の「プラズマ空清」機能を搭載しています。

これは空気中の汚れを集めて帯電させ熱交換器に吸着。さらに屋外へ排出する電気集じん方式の空気清浄機能です。

プラズマ空清はPM0.1レベルの微細な粒子を除去できるとされており、花粉・PM2.5・ホコリ・ウイルス・カビ・細菌までキャッチします。

中でもPM2.5は99%除去できるそうですよ。

またフィルター方式の空気清浄機能と比べて集じんが早いので短時間で部屋の空気がきれいになります。

もちろん冷房・暖房を使わないときも空気清浄機能だけを使える「空気清浄単独運転」も可能です。

エアコン内部を清潔に保つ「プレミアムクリーン」

「RAS-E225RT」はフィルター自動掃除機能を搭載しています。

エアフィルターの両面についたホコリをブラシとブレードで掃除します。

取ったホコリはダストボックスに溜まります。

お手入れ簡単な「楽ダストボックス」を採用

「RAS-E225RT」はお手入れ簡単な「楽ダストボックス」を採用しています。

フィルター自動お掃除機能で溜まったホコリは楽ダストボックスに溜まります。

3ヶ月に1回程度、エアコン本体の「お手入れマーク」が表示されるので、付属の「お掃除ノズル」と手持ちの掃除機で溜まったホコリを簡単に吸引できます。

部屋の隅々まで快適な風が届く気流制御搭載

「RAS-E225RT」は夏も冬も快適な「気流制御」を搭載しています。

暖房と冷房でルーバーの動きを変えることで快適な風を実現。

夏は冷風を身体に直接当てずに部屋全体を冷やします。冬は温風を床面に吹き付けて足元を暖めます。

付属のリモコンにある「スイング」ボタンでルーバーが上下にスイングします。

熱中症対策にも役立つ「高温みはり機能」

「RAS-E225RT」は熱中症対策にも役立つ「高温みはり機能」を搭載しています。

部屋の温度が高くなると自動で冷房運転をスタートします。

適温になったら電源を自動でオフにするので寒くなりすぎず省エネです。

室内機は設置しやすいコンパクトサイズ

「RAS-E225RT」の室内機は高さ25cm、幅79㎝のコンパクトサイズです。

窓上や半間にも収まるので設置スペースに困りません。

2018年型 東芝 大清快 E-RTシリーズ(6畳・8畳・10畳・14畳)の仕様比較

2018年型の「東芝 大清快 E-RTシリーズ」には「主に6畳用、主に8畳用、主に10畳用、主に14畳用」の4種類があります。

  • 東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に6畳 RAS-E225RT
  • 東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に8畳 RAS-E255RT
  • 東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に10畳 RAS-E285RT
  • 東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に14畳 RAS-E405RT

主な違いは「冷房能力、冷房消費電力、冷房畳数の目安、暖房能力、暖房消費電力、暖房畳数の目安、低温暖房能力、コンセント形状、通年エネルギー消費効率(APF)、期間消費電力量、セット品(室外機)」です。

他の機能・性能は2018年型「東芝 E-RTシリーズ」の全機種共通です。

冷房と暖房では対応する部屋の広さが少し違うので必ずチェックしましょう。

商品名東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に6畳 RAS-E225RT東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に8畳 RAS-E255RT東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に10畳 RAS-E285RT東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に14畳 RAS-E405RT
カラー・型番グランホワイト RAS-E225RT(W)グランホワイト RAS-E255RT(W)グランホワイト RAS-E285RT(W)グランホワイト RAS-E405RT(W)
ジャパネット通常価格税別119,800円税別129,800円税別149,800円税別159,800円
冷房能力2.2kw(0.7~3.1kw)2.5kw(0.7~3.2kw)2.8kw(0.7~3.4kw)4.0kw(0.7~4.3kw)
冷房 消費電力530W(160~800W)630W(155~860W)710W(155~970W)1,260W(155~1,370W)
冷房 畳数の目安6畳7~10畳8~12畳11~17畳
暖房能力2.2kw(0.7~3.9kw)2.8kw(0.7~4.3kw)3.6kw(0.7~4.8kw)5.0kw(0.7~6.2kw)
暖房 消費電力445W(150~1,015W)605W(170~1,080W)865W(170~1,255W)1,420W(170~1,800W)
暖房 畳数の目安6畳6~8畳8~10畳11~14畳
低温暖房能力2.8kw3.1kw3.5kw4.5kw
コンセント形状平行平行平行IL(アイエル)
通年エネルギー消費効率(APF)5.8(JIS C 9612:2005)5.8(JIS C 9612:2005)5.8(JIS C 9612:2005)4.9(JIS C 9612:2005)
期間消費電力量730kWh(JIS C 9612:2013)815kWh(JIS C 9612:2013)929kWh(JIS C 9612:2013)1,544kWh(JIS C 9612:2013)
セット品東芝 エアコン E-RTシリーズ 室外機 RAS-E225ART東芝 エアコン E-RTシリーズ 室外機 RAS-E255ART東芝 エアコン E-RTシリーズ 室外機 RAS-E285ART東芝 エアコン E-RTシリーズ 室外機 RAS-E405ART

まとめ:「高温みはり機能」が必要ならジャパネットモデルがおすすめ

ここで紹介している「RAS-E225RT」は市販モデルの「RAS-E225R」をベースに開発された製品です。

一部の機能を市販モデルよりシンプルにして代わりに「高温みはり機能」を追加しています。

「高温みはり機能」は熱中症予防に役立つので、ふだん家にいることが多い人におすすめします。

一方でルーバーの動きやセンサーが省略されているため、快適・省エネ性能は市販モデルより劣ります。

東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズの製品仕様

「東芝 RAS-E225RT 大清快 E-RTシリーズ」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社のエアコン室内機と比較して検討してみてくださいね。

商品名東芝 エアコン室内機 E-RTシリーズ 主に6畳 RAS-E225RT
メーカー東芝ライフスタイル株式会社
カラー・型番グランホワイト RAS-E225RT(W)
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2018年5月下旬
生産国中国
本体外形寸法幅790x奥255x高250mm
重量11kg
本体保証期間12ヶ月
冷房能力2.2kw(0.7~3.1kw)
冷房 消費電力530W(160~800W)
冷房 畳数の目安6畳
暖房能力2.2kw(0.7~3.9kw)
暖房 消費電力445W(150~1,015W)
暖房 畳数の目安6畳
低温暖房能力2.8kw
電源タイプ単相100V
コンセント形状平行
フィルター自動掃除機能対応
通年エネルギー消費効率(APF)5.8(JIS C 9612:2005)
期間消費電力量730kWh(JIS C 9612:2013)
備考※ジャパネットオリジナル
※エアコン専用のコンセントが必要です。別途電気工事が必要な場合があります。
※畳数は目安です。お部屋の条件等により異なる場合があります。
付属品リモコン、リモコンホルダー、リモコンホルダー取付ねじx2、リモコン用乾電池x2(単4形)、お掃除ノズル、お掃除ノズル収納袋、取扱説明書、保証書
セット品東芝 エアコン E-RTシリーズ 室外機 RAS-E225ART

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。300万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットの最新商品レビューはこちらです

error: Content is protected !!