ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 体重計 イラスト1

ジャパネットファン 体重計 イラスト1

《タニタとジャパネットが共同開発した体組成計の2018年モデル》

「タニタ BC-J02RD インナースキャン」はジャパネットたかたが販売する体組成計です。

メーカーと共同開発したジャパネットオリジナルの限定モデル。健康維持に大切な11項目の測定が可能。2018年モデルは9つの体型タイプを表示する「体型判定」を新機能として搭載しています。

カラーは「レッド、ゴールド」の2種類です。付属品は「単3型アルカリ乾電池(LR6)x4、取扱説明書、保証書」の3点です。

「タニタ BC-J02RD インナースキャン」の販売価格は税別12,980円です。

古い体重計の下取りサービスを利用すると「3,000円下取り」の税別9,980円で購入できます。

スポンサーリンク

タニタ BC-J02RD インナースキャンの長所・メリット

  • 新機能「体型判定」を搭載

タニタ BC-J02RD インナースキャンの短所・デメリット

  • 「体型判定」以外は旧モデルと同じ

タニタ BC-J02RD インナースキャンのセールスポイント

「タニタ BC-J02RD インナースキャン」は2018年10月1日に発売された体組成計です。主なセールスポイントは下記となっています。

※体組成計とは、体重だけでなく、筋肉・脂肪・骨・水分など、体を構成する組成分(体組成)を測定できる機器のことを言います。

タニタの両足式モデルで最も多い11項目を測定

11項目を測定できる「advance(アドバンス)」シリーズの体組成計です。

測定可能な項目

体重、体脂肪率、BMI、推定骨量、カルシウム推奨量、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体型判定、足腰年齢

「タニタ BC-J02RD インナースキャン」は、こんな人におすすめします。

  • 将来に備えて、生活習慣を改善したい人
  • 加齢や運動不足による体力低下から、健康管理の必要性を意識し始めた人

2018年モデルは新機能「体型判定」を搭載

  • 筋肉量と基礎代謝量で「体内年齢」を測定します
  • 「内臓脂肪レベル」を3段階で判定(標準・やや過剰・過剰)
  • 1日の「カルシウム推奨量」の目安を牛乳何杯分かで表示
  • 足腰の丈夫さを5歳刻みで表示する「足腰年齢」機能を搭載
  • 体重に占める脚部の筋肉量を「足腰年齢」で表示します
  • 「かくれ肥満型」など9つの体型タイプを表示する「体型判定」
  • 全身の体脂肪率と筋肉量スコアから現在の体型を判定します
  • 前回の数値との比較を上下の矢印で分かりやすく表示します
  • 自分の現在の体型と努力の結果が客観的に分かります

文字が見やすい大型モニターと分かりやすい音声ガイダンス

  • 文字が大きく見やすい「大型モニター」を採用しています
  • 立ったままでも測定項目と測定結果が見やすくなっています
  • 設定方法や乗り降りなどを知らせる「音声ガイダンス」
  • たとえば「測定終了!降りてください」などとお知らせします

乗るだけで電源が入る「乗るピタ機能」

  • 個人データを登録しておくと測定する人を自動認識します
  • 体重を測る人を毎回指定する手間がなく簡単に測定できます
  • 電源オフ状態で体組成計に乗ると自動で電源オン状態になります
  • 計測結果は自動的に切り替わるので操作をする必要はありません

タニタ BC-J02RD インナースキャンはジャパネットオリジナルモデル

「タニタ BC-J02RD インナースキャン」はタニタとジャパネットたかたが共同開発したジャパネットオリジナルの限定モデルです。

ジャパネットだけで買える限定商品なので、一般の家電量販店、ディスカウントショップ、ホームセンター、スーパー、デパートなどでは売っていません(店員さんも知らないと思います)

またアマゾン、楽天、ヤフーショッピングなどのネット通販でも購入することはできませ(転売業者は除きます)

さらに価格比較サイトの「価格.com(カカクコム)」に商品情報が登録されていないので、購入したユーザーの口コミや評判を読むことは難しいようです。

新型(BC-J02RD)と旧型(BC-J01RD)の違いを比較

新型の「BC-J02RD」と旧型の「BC-J01RD」を比較して違いを比べてみましょう。

旧型の「BC-J01RD」は2016年1月に発売された商品なのですが、サイズや重量などのスペックは新型とほぼ同じです。

外見もボタンの色が変わった程度で他の変更は見られませんでした。カラーも同じ「レッド、ゴールド」の2色です。

新型と旧型の違いは「測定項目(体型判定)」です。

旧型の「BC-J01RD」は「体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・カルシウム推奨量・筋肉量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・アクティブ度」の10項目を測定できました。

新型の「BC-J02RD」は、「体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・カルシウム推奨量、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体型判定、足腰年齢」の11項目を測定できます。

「体型判定」は、前の項目でも解説したように、全身の体脂肪率と筋肉量から9つの体型タイプを判定してくれる機能です。

具体的には「肥満・軽肥満(かくれ肥満型、肥満型、かた太り型)」、「標準(運動不足型、標準、筋肉質)」、「やせ(やせ型、細身筋肉質、筋肉質)」の9パターンをイラストで表示します。

また旧型の「アクティブ度」が新型では「足腰年齢」に名前が変わっています。

商品名タニタ 体組成計 インナースキャン BC-J02タニタ 体組成計インナースキャン BC-J01
メーカー株式会社タニタ株式会社タニタ
カラー・型番レッド BC-J02RD
ゴールド BC-J02GD
レッド BC-J01RD
ゴールド BC-J01GD
メーカー希望小売価格オープンプライスオープンプライス
発売日2018年10月1日2016年1月4日
測定項目11項目10項目
体型判定○(あり)X(なし)

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「タニタ BC-J02RD インナースキャン」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

こちらの「BC-J02RD」は旧モデル「BC-J01RD」から約2年ぶりとなる後継機種です。

2018年モデルは新機能として「体型判定」を採用しています。

「体型判定」は、自分の体型をイラストで客観的に教えてくれるので、食生活やトレーニングの改善に役立ちます。

ただし、それ以外の機能・性能は旧モデルと同じようなので、わざわざ買い換えるほどの変更はないと言えます。

ちなみにジャパネットたかたは「タニタ健康プログラム」を導入しており、社員一人ひとりに歩数計を配布して、社内で歩くことを楽しめる環境を整えているそうです。

さらに一部拠点のオフィスにある社員食堂では「タニタ食堂」のメニューを提供しているのだとか。また社内に体組成計・血圧計も設置して、社員の健康管理をサポートしているのだそうですよ。

おすすめ度:星3個

タニタ BC-J02RD インナースキャンの製品仕様

「タニタ BC-J02RD インナースキャン」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社の体組成計と比較して検討してみてくださいね。

商品名タニタ 体組成計 インナースキャン BC-J02
メーカー株式会社タニタ
カラー・型番レッド BC-J02RD
ゴールド BC-J02GD
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2018年10月1日
生産国日本
外形寸法幅305x奥296x高43mm
本体質量約1.3kg
電源方式DC6V
医療機器認証番号
BMI○(あり)
基礎代謝量○(あり)
筋肉量○(あり)
最小表示100g
最大計量150kg
推定骨量○(あり)
体脂肪率○(あり)
体水分率X(なし)
体内年齢○(あり)
体脂肪計・測定単位0.1%単位
メモリー機能前回値
登録人数4人
測定箇所10項目
音声ガイド機能4段階(設定の際、手順を音声で案内します)
最大測定外周X(なし)
内臓脂肪レベル○(あり)
備考※ジャパネットオリジナル
付属品単3型アルカリ乾電池(LR6)x4、取扱説明書、保証書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。100万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットの最新商品レビューはこちらです

error: Content is protected !!