ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 空気清浄機 イラスト1

ジャパネットファン 空気清浄機 イラスト1

《ストリーマ技術の強化により分解力と脱臭力が約2倍に向上した2017年モデル》

「ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70U」は、ジャパネットたかたが販売する加湿空気清浄機です。

ホコリ、ニオイ、PM2.5を検知して加湿しながら空気をきれいにします。空気清浄は31畳、加湿は18畳まで対応。フィルターは10年交換不要です。

カラーは「ホワイト、ビターブラウン」の2種類です。付属品は「取扱説明書、メーカー保証書」の2点です。

「ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70U」のジャパネット販売価格は税別43,800円です(2018年12月19日現在)

スポンサーリンク

ダイキン MCK70Uのセールスポイント

「ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70U」は、2017年11月に発売された加湿空気清浄機です。主なセールスポイントは下記となっています。

パワフルに加湿しながら空気清浄

  • 左右と下部の吸引口から床付近の汚れやニオイを吸引
  • 3方向からの吸引と7.0m立方メートルの大風量
  • 空気清浄は31畳、加湿は18畳まで対応します
  • ニオイセンサー+ホコリ/PM2.5センサーを搭載
  • 従来品と比べて反応スピードは約1.6倍に向上

大風量でお部屋をうるおす「たっぷり加湿」

  • 加湿しているときも清浄能力が落ちない「たっぷり加湿」
  • 湿度設定は「高め」「標準」「ひかえめ」の3段階
  • 加湿する水の細菌をストリーマで抑制します

ダイキン独自のツインストリーマ搭載

  • 従来品と比べてストリーマの放電量を向上
  • キャッチした有害物質を従来比約2倍の速さで分解
  • キャッチしたニオイ成分を従来比約2倍で脱臭

業界初の「TAFUフィルター」を搭載

  • 10年交換不要の集塵フィルター・加湿フィルター
  • 電気集塵方式の課題であったメンテナンス性を向上
  • 付着した汚れが広がりにくい加工により静電力が持続
  • 10年後も従来フィルター比約1.4倍の集塵性能を維持

ダイキン独自のダブル方式で空気をきれいに

  • アクティブプラズマイオンとストリーマのダブル方式を採用
  • 放出されたイオンが汚れを分解する「プラズマイオン」
  • 有害物質を吸い込んで分解する「ストリーマ」
  • カビや花粉など49種類の有害物質を除去可能です

スマホで部屋の空気状況をチェックできる

  • PM2.5、ホコリ、ニオイの汚れを6段階のレベルで表示
  • 離れた場所や外出先から専用アプリで遠隔操作が可能
  • ON/OFFや風量設定、ウィークリータイマー設定などに対応

ダイキン MCK70Uのジャパネット価格は安い?高い?


ダイキン 加湿空気清浄機 (空気清浄:~31畳/加湿:~18畳) MCK70U-W ホワイト

ここで紹介している「ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70U」は、一般の家電量販店でも買える「市販モデル」です。

そこで気になるのが「ジャパネットで買うと安い?高い?」という疑問ですよね。私も気になったので調べてみました。

まずは「ダイキン MCK70U」のジャパネット価格をおさらいしておきましょう。販売価格は税別43,800円です(2018年12月19日現在)

「送料」と「消費税」を含むジャパネットの支払総額は税込48,276円となっています(2018年12月19日現在)

次は「ダイキン MCK70U」の市場価格を、価格比較サイトの「価格.com(カカクコム)」で調べてみましょう。

「ダイキン MCK70U」の直近3ヶ月の価格推移をチェックしたところ、平均価格は税込40,931円、最安値は税込36,176円 でした(2018年12月19日現在)

ただし価格ドットコムの値段に「送料」は含まれないのでご注意ください。

価格を比較した結果、たとえ送料分を考慮したとしても、ジャパネットの値段は平均価格より約7,000円も高いことが判明しました。

残念ながら「ダイキン MCK70U」はジャパネット以外のお店で買ったほうがお得になるようです。

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70U」について、管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

こちらの「ダイキン MCK70U」は高性能で評判が良い加湿空気清浄機の市販モデルです。

ダイキン独自の「ツインストリーマ」でPM2.5、ホコリ、ニオイを強力に除去します。空気清浄機能は最大31畳、加湿機能は最大18畳まで対応するので、リビングルームなど人が多く集まる部屋に最適だと言えるでしょう。

さらに「TAFU(タフ)フィルター」は10年間も交換不要なのでランニングコストも抑えられます。

ハイグレードモデルなので値段は高めなのですが、とにかく部屋の空気をきれいにしたい人におすすめします。

おすすめ度:星3個

ダイキン MCK70Uの製品仕様

「ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70U」の製品仕様です。こちらのデータを参考に他社の加湿空気清浄機と比較して検討してみてくださいね。

商品名ダイキン 加湿空気清浄機 床置型 MCK70U
メーカーダイキン工業株式会社
カラー・型番ホワイト MCK70U-W
ビターブラウン MCK70U-T
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2017年11月17日
生産国中国
本体外形寸法約幅395x奥287x高600mm
本体重量約12.5kg(水無し時)
適用床面積空気清浄:31畳
加湿空気清浄:31畳(加湿)プレハブ18畳、木造11畳
電気代の目安空気清浄:(しずか)0.19円、(弱)0.27円、(標準)0.43円、(ターボ)1.97円
加湿空気清浄:(しずか)0.30円、(弱)0.32円、(標準)0.49円、(ターボ)2.03円
※50Hz/60Hz
※1時間あたり
電源コード2m
フィルター交換目安約10年
交換目安(集じんフィルター)約10年
タイマーX(なし)
消費電力空気清浄:(しずか)7.0W、(弱)10.0W、(標準)16.0W、(ターボ)73.0W
加湿空気清浄:(しずか)11.0W、(弱)12.0W、(標準)18.0W、(ターボ)75.0W
清浄時間約9分(8畳)
※日本電機工業会規格JEM1467に基づく試験方法により算出
運転音空気清浄:(しずか)18db、(弱)27db、(標準)37db、(ターボ)54db
加湿空気清浄:(しずか)23db、(弱)27db、(標準)37db、(ターボ)54db
加湿能力630ml/h
※JEM1426(電気加湿器)による
※室温20℃湿度30%でターボ運転した時の加湿能力
加湿方式気化式
加湿タンク容量約3.6L
付属品取扱説明書、メーカー保証書

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファン。参考になる記事が書けるようがんばります。200万PV達成ありがとうございます!

ジャパネットの最新商品レビューはこちらです

error: Content is protected !!