ジャパネットのシェーバー

【口コミ】ジャパネットの髭剃り RM-FJ22(日立 シェーバー エスブレード 4枚刃の感想です)

日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22のアイキャッチ画像

ジャパネットの髭剃り RM-FJ22の口コミを書きました(日立 シェーバー エスブレード 4枚刃の感想です)

ジャパネットオリジナルモデル。2022年11月発売。日立最多の4枚刃。防水仕様。水洗い・泡剃り対応。日立純正替刃が付属します。

価格は税込10,980円でした(購入した当時の値段です)。私はジャパネットカードで支払ったので送料無料で買えましたよ。

前モデル(RM-FJ21)との違いも気になったので詳しく調べてみました。ジャパネットで注文するときの参考にしてくださいね。

ジャパネットの髭剃り(日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22)のセット内容

日立 シェーバー RM-FJ22が届いたときのダンボール箱です

ジャパネットから「日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22」が届いたときのダンボール箱です。

ナショナルFF式石油暖房機のリコールお知らせチラシです

今回も「ナショナル FF式石油暖房機」のリコールお知らせチラシが入っていました。

日立 シェーバー RM-FJ22のダンボール箱を開けてみました

ではダンボール箱を開けてみましょう。

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージです(正面)

ジャパネットの髭剃り(RM-FJ22)のパッケージです。

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージのロゴ(Japanetオリジナル)

パッケージに「Japanetオリジナル」の表示がありました。

ジャパネットだけで買える限定モデルというわけですね。

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージ(右側面)

パッケージの右側にはセールスポイントが載っていました。

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージ(背面)

パッケージの反対側はこんな感じです。

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージ(左側面)

パッケージの左側には製品仕様が載っていました。

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージ(底面)

パッケージの底面はこんな感じです。

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージを開けてみました

ではパッケージを開けてみましょう。

日立 シェーバー RM-FJ22のセット内容一式です

ジャパネットの髭剃り(RM-FJ22)のセット内容です。

  • シェーバー本体
  • 電源アダプター
  • 掃除用ブラシ
  • シェーバーオイル
  • 交換用替刃(外内刃一体)
  • 取扱説明書
  • かんたんガイド

日立 シェーバー RM-FJ22のかんたんガイドと取扱説明著です

かんたんガイドと取扱説明書です。

付属品の替刃(K-FJ3)です

付属の「日立往復式シェーバー用替刃 K-FJ3」です。

ジャパネットの単品販売価格は税込6,500円(送料770円)です(2023年1月18日現在)

付属品の替刃(K-FJ3)の背面です

外刃枠から外刃をはずして交換します。

適用機種は「RM-FJ20・RM-FJ21・RM-FJ22」です。

旧モデルのユーザーも使えるので安心ですね。

付属品の掃除用ブラシとシェーバーオイルです

付属の「掃除用ブラシ」と「シェーバーオイル」です。

水洗いして乾燥後は、必ずシェーバーオイルを外刃とキワゾリ刃に注油する必要があります。

そのままだと、切れ味の低下、使用回数の減少、外刃が摩耗して早期破損、刃の発熱などの原因になるそうですよ。

付属品の電源アダプター(KH-56)です

付属の電源アダプター(形式:KH-56)です。

ジャパネットの髭剃り(日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22)の本体

日立 シェーバー RM-FJ22の本体(正面)です

それでは「日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22」の本体をチェックしてみます。

カラーは落ち着いた色調のレッドです。

前モデルより細身で握りやすい気がしました。

前モデル(RM-FJ21)の本体です

こちらは前モデル(RM-FJ21)です。

RM-FJ22より色合いがオレンジっぽいですね。

くらべてみると前モデルは太めで丸みがあるデザインです。

日立 シェーバー RM-FJ22のヘッド部です

RM-FJ22の外刃周辺はこんな感じです。

外刃を保護するキャップが付いています。

日立 シェーバー RM-FJ22の操作部です

RM-FJ22の操作部です。

丸いのは電源スイッチです。押すと電源オン。もう一度押すと電源オフになります。

3秒以上押すとトラベルロックモードになります。

「CHARGE/LOCK」は充電表示ランプです。充電中に点灯します。

またトラベルロックモードを設定すると点滅して知らせます。

前モデル(RM-FJ21)の操作部です

こちらは前モデル(RM-FJ21)の操作部です。

電源ボタンを押しながら上にスライドさせる方式です。

私は泡剃りをしないので気づかなかったのですが、手や本体に石けんやシェービングフォームが着いた状態だと、滑って押しにくかったみたいですよ。

「POWER」は充電催促ランプ。「CHARGE」は充電表示ランプです。

日立 シェーバー RM-FJ22の本体ソケットです

RM-FJ22の本体ソケットです。

ここに電源アダプターの器具用プラグを差し込みます。

日立 シェーバー RM-FJ22の本体(背面)です

次はRM-FJ22の後ろ側を見てみましょう。

日立 シェーバー RM-FJ22のキワゾリ刃です

キワゾリ刃が付いています。

外刃では剃りにくいヒゲ・モミアゲ・えり足などを整える時に使用します。

日立 シェーバー RM-FJ22の製品仕様です

グリップには製品仕様が書かれていました。

日立 シェーバー RM-FJ22のキャップです

使用するときはキャップを外します。

日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22のアイキャッチ画像2

本体からキャップを外すとこんな感じです。

日立 シェーバー RM-FJ22の外刃です

RM-FJ22の外刃(K-FJ3)です。

日立 シェーバー RM-FJ22の外刃を外した本体です

外刃を外すとこんな感じ。

本体から取り外した外刃(K-FJ3)です

RM-FJ22の外刃は以下の4種類で構成されています。

  1. シャープカット網刃
  2. チタン加工トリマー刃
  3. マルチキャッチ網刃
  4. シャープカット網刃

2枚のシャープカット網刃は前モデルより広くなって、短いヒゲもカットできるようになったそうです。

本体から取り外した外刃(K-FJ3)の内側です

取り外した外刃の内部はこんな感じです。

前モデルの外刃(K-FJ2)です

こちらは前モデルの外刃(K-FJ2)です。

シャープカット網刃の広さが違うはずなのですが、私にはよくわかりませんでした笑

肉眼ではわからないレベルの微妙な違いなのかもしれませんね。

日立 シェーバー RM-FJ22のキワゾリ刃を出す前です

ふだんキワゾリ刃はこのように収納されています。

日立 シェーバー RM-FJ22のキワゾリ刃を出した状態です

キワゾリつまみを上へスライドさせると、キワゾリ刃が使えるようになります。

日立 シェーバー RM-FJ22の電源アダプターを本体に接続した状態です

電源アダプターを本体に接続して充電します。

充電時間は約1時間です。

日立 シェーバー RM-FJ22を充電しています(ランプが緑色に点灯)

充電中はランプが緑色に点灯します。

充電が終わるとランプは消灯します。

1回の充電で約8日間使用できるそうですよ(1日約3分間使用した場合)

ジャパネットの髭剃り(日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22)を使ってみた口コミと感想

日立 シェーバー RM-FJ22のパッケージです

最後に「日立 シェーバー エスブレード RM-FJ22」を使ってみた口コミと感想を書きますね。

とても良いと思ったのは「充電時間の短縮」です。

前モデルは約5時間だったのが、約1時間にスピードアップしました。

これは忙しいときに助かりますね♪

「ボタンの改良」によりお風呂剃りでも使いやすくなっています。

手に石けんが着いたときに滑るのは気が付きませんでした。

個人的には、もう少しボタンに押した感触(クリック感)がほしかったかも。

一方で気になるのは「充電残量の表示」です。

前モデルには充電催促ランプがあり、運転中はオレンジ色に点灯。消灯すると充電催促の表示でした。

しかしRM-FJ22には充電催促ランプ自体がありません。

使っていると突然「充電切れ」になる仕様です。電池の残量表示はありません。

交流式(電源アダプターをつないだ状態)でも使えるので、そこは割愛したのかもしれませんね。

実際に使ってみた印象は前モデルと大きく変わりません。

残しやすいアゴ下もきれいに剃れるのが日立シェーバーの美点だと思いました。

-ジャパネットのシェーバー
-, ,

error: Content is protected !!