ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 手帳 イラスト1

ジャパネットファン 手帳 イラスト1

《ほぼ日の下敷きが付属するジャパネット限定セット》

「ほぼ日5年手帳+手帳カバーセット」はジャパネットたかたが販売する手帳です。

手帳本体と専用カバーがセットになっているので届いたらすぐに使えます。手帳カバーの色は「黒革(ブラック)」「赤革(レッド)」「ヌメ革(ベージュ)」の3種類から選べます。

またジャパネットだけの特典として「ほぼ日の下敷き」がセットになっています。角に「TODAY」のタブが入っているので手帳に挟む「しおり」としても使えます。

「ほぼ日5年手帳+手帳カバーセット」のジャパネット通常価格は税別8,300円です。

ちなみに「ほぼ日5年手帳」は単品でも購入可能です。ジャパネット通常価格は税別3,800円です。

スポンサーリンク

ほぼ日手帳について

「ほぼ日手帳」は糸井重里さんが主催するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれたユニークな手帳です。

「LIFEのBOOK」をコンセプトに2002年版から発売されており今年で17年目を迎える人気商品。現在は世界中で67万人の方が使っているそうですよ。

これまでは「オリジナル」「カズン」「weeks」「Planner」の4タイプでしたが待望の新製品「ほぼ日5年手帳」が2017年12月1日(金)に発売されます。


ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK

製品仕様

「ほぼ日5年手帳+手帳カバーセット」の製品仕様です。こちらを他のほぼ日手帳や他社の5年手帳と比較してみてくださいね。

ちなみにジャパネットでは手帳カバー単品の取扱がないようなのでカバーだけがほしい人は「ほぼ日手帳 2018」をご覧ください。

ほぼ日5年手帳 2018年版

品名ほぼ日5年手帳 2018年版
メーカー株式会社ほぼ日
メーカー希望小売価格税別3,800円
発売日2017年12月1日
生産国日本
本体外形寸法幅123x奥30x高165mm
本体重量415g
材質表紙:PVC 中身:紙
付属品取扱説明書

ほぼ日5年手帳の革カバー

品名ほぼ日 5年手帳カバー
メーカー株式会社ほぼ日
型番・カラー黒革、赤革、ヌメ革
メーカー希望小売価格税別4,500円
発売日2017年12月1日
生産国中国
本体外形寸法幅139x奥34x高185mm
本体重量131g
材質
付属品革の説明書、下敷き(色はお選び頂けません)

特長・セールスポイント

「ほぼ日5年手帳」は名前のとおり、5年分の日付入りページやフリースペース、年間カレンダーやおまけページを収録しています。

とてもコンパクトな文庫本サイズ(A6サイズ)ですが、1冊で2018年から2022年までの5年間を記録できる便利な手帳になっています。

文庫本サイズで気軽に使える

文庫本と同じ「A6サイズ」なのでとてもコンパクトです。

表紙には辞書のように手になじむ素材が使われています。西暦や文字は金色の箔押しです。

5年分を一度で見渡せる便利なページ

左側は5年分の日付入りページになっています。右側はフリースペースなので自由に使えます。

1ページで5年分の「今日」を見渡せるので過去に何をしていたのか一目でわかります。

使いやすいさまざまな工夫

薄くて丈夫な用紙を使用。製本も180度開くよう工夫されています。

また「日々の言葉」など「ほぼ日手帳」シリーズの特長を受け継いでいます。

ジャパネット限定特典「ほぼ日の下敷き」

ジャパネットだけの特典として「ほぼ日の下敷き オリジナル用」がセットになっています。

下敷きの角には「TODAY」のタブが入っており、手帳に挟んだときに「今日」のページを示す「しおり」としても使えます。

ほぼ日手帳のラインナップについて

ほぼ日手帳には「ほぼ日5年手帳」以外にも4種類の商品がラインナップされています。ここでは特長を簡単に紹介したいと思います。

それぞれ「ほぼ日5年手帳」とは違う魅力があるのでじっくりと選んでみてくださいね。

オリジナル

「オリジナル」は「1日1ページ」で書ける「文庫本サイズ(A6サイズ)」のほぼ日手帳です。

一番人気がある定番で選べるカバーも全38種類と多くなっています(カバーは別売りです)

1ページに1日分の広いスペースがとってありメモや日記の他にも絵を書いたり写真やチケットを貼り付けるなど自由に使えます。

カズン


ほぼ日手帳 カズン 2018 ほぼ日 手帳 本体 1月はじまり 月曜はじまり cousin

「カズン(cousin)」はA5サイズのほぼ日手帳です。1日1ページになっていて選べるカバーは全19種類です。

「オリジナル」の約2倍のサイズなのでたくさん書きたい人や大きな文字で書きたい人におすすめです。

weeks


ほぼ日手帳 2018 weeks ホワイトライン/ブラック 1月始まり ウィークリー

「weeks(ウィークス)」はウォレットサイズのほぼ日手帳です。選べる表紙は全35種類です。

「長財布とほぼ同じサイズ」なので薄く携帯しやすい特徴があります。

中身は「見開き1週間」になっていて左側に週間予定、右側に方眼メモという配置です。

メモスペースが多いので週単位のスケジュールを書きやすくなっています。

Planner

「Planner(プランナー)」は英語版のほぼ日手帳です。日本語版の「オリジナル」と同じ文庫本サイズで1日1ページになっています。

オリジナルより自由度が高くシンプルなデザインを採用しています。海外でも「Hobonichi Techo」として人気なのだそうですよ。

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「ほぼ日5年手帳+手帳カバーセット」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

こちらの「ほぼ日5年手帳」はBSフジで放送中のテレビ番組「高田明のいいモノさんぽ」でも紹介されたそうです。

番組ではゲストとして糸井重里さんが登場。ジャパネット創業者の高田明さんと「ほぼ日手帳」についてトークを展開したのだとか。

ほぼ日もジャパネットも商品を売るだけでなくライフスタイルを紹介する企業なのでお二人にも共鳴するところがあったのかもしれませんね。

ちなみにジャパネットで「ほぼ日5年手帳 手帳カバーセット」を購入するとオリジナルの「ほぼ日の下敷き」がもらえます。

「ほぼ日の下敷き」はグリーンとブラウンの2種類があるのですがカラーは届いてからのお楽しみだそうですよ。

おすすめ度:星4個

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファンです。参考になる記事が書けるようがんばります。

error: Content is protected !!