ジャパネットファン ロゴ画像
サイト内検索:
ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト1

ジャパネットファン 冷蔵庫 イラスト1

《2017年7月1日のジャパネットチャレンジデー限定商品》

「東芝 冷凍冷蔵庫 GR-468FC べジータ」はジャパネットたかたの冷蔵庫です。

東芝ライフスタイル株式会社とジャパネットたかたが共同開発したジャパネット限定商品。2017年6月に発売された2017年最新モデルです。

したがってヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、エディオンなどの家電量販店では購入できません。またAmazon、楽天などのネット通販サイトでも取扱はありません。

さらに価格コムのような比較サイトにも「GR-468FC」の商品情報は掲載されていません。

「GR-468FC」の本体カラーは「シェルホワイト・レディッシュゴールド」の2種類です。付属品は「取扱説明書、メーカー保証書」の合計2点です。

※ジャパネットチャレンジデー限定商品なので現在は購入できません。

「東芝 冷凍冷蔵庫 GR-468FC べジータ」のジャパネット通常価格は税別189,800円です。

2017年7月1日(土)開催の「ジャパネットチャレンジデー」では「送料無料・標準取付工事費込み」のうえ「下取り30,000円+値引き20,000円」の税別139,800円で販売されています(2017年7月1日24時まで)

ちなみにジャパネット公式ショッピングサイトから注文すると次回から使える「ジャパネットWEBクーポン1,000円分」がもらえます(電話での注文は対象外なので注意が必要です)

スポンサーリンク

製品仕様

品名東芝 冷凍冷蔵庫 べジータ 462L GR-468FC
メーカー東芝ライフスタイル株式会社
型番・カラーGR-468FC(WS) シェルホワイト
GR-468FC(N) レディッシュゴールド
メーカー希望小売価格オープンプライス
発売日2017年6月16日
生産国中国
本体外形寸法幅650x奥649x高1,833mm(ハンドル・調整脚を除く)
本体重量99kg
設置時寸法幅660x奥652mm(ハンドル部含む)
冷蔵室・ドア開閉タイプ両開き
定格内容積(総容積)462L
冷蔵室容量237L(179L)
※カッコ内は食品収納スペースの目安です。
チルドルーム容量16L
切替室容量21L(12L)
※カッコ内は食品収納スペースの目安です。
冷凍室容量83L(53L)
※カッコ内は食品収納スペースの目安です。
野菜室容量103L(71L)
※カッコ内は食品収納スペースの目安です。
製氷室容量18L(6L)
※カッコ内は食品収納スペースの目安です。
自動製氷機能対応
省エネ基準達成率80%:目標年度2021年
消費電力325kWh(JIS C 9801-3:2015)
電気代の目安約8,775円(1kWhあたり27円で算出)
ガラスドア非対応
備考※ジャパネットオリジナル
付属品取扱説明書、メーカー保証書

特長・セールスポイント

「東芝 冷凍冷蔵庫 GR-468FC べジータ」は東芝の冷蔵庫ブランド「ベジータ(VEGETA)」の2017年モデルです。観音開きのフレンチドアタイプで容量は462Lとなります。

コンパクト設計で大容量

東芝独自のマジック大容量設計により幅65センチのコンパクト設計にも関わらず容量は462リットルを実現しています。

業界初のウレタンレス断熱構造を採用して外壁の厚みを約60%カット。従来品では壁の厚みが約5センチでしたが「GR-468FC」は約2センチに薄型化されています。これにより庫内のスペースを大幅に拡大しています。

野菜にこだわった機能

東芝のベジータシリーズは名前のとおり野菜にこだわった機能が特長です。

中でも「まんなか野菜室」は出し入れが多い野菜室を中央に設置したことで腰をかがめる必要がなく膝や腰などの負担を軽減する効果があります。

野菜の鮮度を保つ機能も充実しています。

「新・ベール野菜室」は水分をたっぷり含んだ冷気を1日に20回以上も送り込むことで湿度95パーセント以上をキープ。野菜のみずみずしさを守ります。

「W-ツイン冷却」は通常1個の冷却器を2個搭載することにより冷蔵・野菜室と冷凍室の冷やす温度を最適に保つ効果があります。

「ルネキャット」は庫内を清潔に保ち野菜の老化を防ぐ機能です。東芝独自開発のルネキャットの力で除菌・脱臭。細菌を光触媒が分子レベルで分解して水や二酸化炭素に変化させます。

大容量でもしっかり省エネ

冷蔵庫は24時間365日使う家電なので最新型の省エネタイプ冷蔵庫に買い換えるだけで大幅に電気代を抑えられます。「GR-468FC」は消費電力を抑える省エネ機能も充実しています。

「GR-468FC」は12個のセンサーを搭載しています。具体的には「外気湿度センサー・外気温センサー(パネル部)・ドア開閉センサー・デフロストセンサー・製氷センサー・庫内温度センサー」の6種類・計12個です。これらのセンサーで庫内外の温度や扉開閉を見張って冷やしすぎの無駄やむらを抑えます。

「ecoモード」では冷蔵庫が生活時間帯に合わせて自動的に節電運転を行います。たとえば食後・外出時・就寝時は温度や扉の開閉から判断して消費電力を減らします。

前述した「W-ツイン冷却」も冷却器に霜が付きにくくなるので霜取りヒーターの消費電力を抑えて省エネ効果を発揮します。

競合製品・ライバル商品との違いを比較

東芝 冷凍冷蔵庫 VEGETA GR-K460FW 462L


東芝 冷凍冷蔵庫 VEGETA GR-K460FW(ZW) クリアシェルホワイト 462L GR-K460FW(ZW)

日立 6ドア冷蔵庫 真空チルド R-XG4800G 475L


日立 475L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI 真空チルド R-XG4800G-XT

三菱 6ドア冷蔵庫 置けるスマート大容量 MR-WX47A 470L


三菱 470L 6ドア冷蔵庫(クリスタルロゼ)MITSUBISHI 置けるスマート大容量 MR-WX47A-P

管理人JAPAOの他では読めない口コミと評判

「東芝 冷凍冷蔵庫 GR-468FC べジータ」について管理人JAPAOが感じた本音の口コミ・評判を書いてみます。

こちらの「GR-468FC」はジャパネットチャレンジデーだけの限定商品なので購入するチャンスは2017年7月1日だけとなっています。

しかし冷蔵庫は買ったら10年以上使うケースも多いので勢いだけで注文せずしっかり見比べて選んだほうが良いでしょう。特にサイズ確認をしっかりしておかないと後で困ったことになります。

設置スペースは「幅65センチ以上、奥行き64.9センチ以上」が必要です。また搬入に必要な幅は「74.9センチ以上」が必要なのでご注意ください。

ジャパネットの冷蔵庫は特別安いわけではないのですが「標準設置費無料」なので専門のスタッフが「搬入・開梱・設置・動作確認」を行ってくれるので安心感があります(激安業者の場合、搬入作業がいい加減で問題になるケースもあるようです)

ちなみにもっと大きい冷蔵庫が欲しい人には容量509Lの「東芝 冷凍冷蔵庫 GR-518FC べジータ」もおすすめです。こちらは横幅と高さは「GR-468FC」と同じですが奥行きが69.9cmとなっています(5cm大きくなっています)

「GR-518FC」の価格は「下取り+値引き」を含む税別149,800円です(2017年7月1日のみの限定価格です)

おすすめ度:星3個

スポンサーリンク

この記事を書いた人

JAPAO
JAPAO 管理人

管理人の「JAPAO(ジャパオ)」です。ジャパネットたかたの商品が大好きなただのファンです。参考になる記事が書けるようがんばります。

error: Content is protected !!